眠りを誘う物質が子供のお腹の肥満を防ぐ


睡眠不足は、肥満、メタボ、学習能力の低下、創造性の低下など、さまざまな害をもたらします。

特に肥満に関しては、最近の研究(1999年、寒川賢治博士らの研究)により、胃から分泌されるペプチドホルモンの一つ、グレリンが影響していることが解りました。

グレリンは、食欲を増進させる働きがあります。

寝不足におちいると、脳内のレプチンが減り、グレリンが増え、その結果、空腹感が強くなり、食欲が増すのです。

小学のお子さんのお腹の肥満を解消したいのなら、夜遅くまで起きていないで、午後9時までには寝かせるように心がけましょう。

しかし、「早く寝なさい」といってそう簡単には寝られないでしょう。

どうしたら眠くなるのか?


それは、「メラトニン」の分泌を促すことです。

メラトニンとは、脳の松果体から分泌されるホルモンが、眠気をさそう働きがあります。

メラトニンを効率よく分泌させるには「暗い環境」であることが必要条件なります。

したがって、午後9時頃になったら部屋の電気を少し落としたり、テレビの電源を落とすなど、いつまでも電気がこうこうとしている環境をあらためてあげればいいのです。

暗い環境を整えれば、メラトニンの分泌が促され、自然と眠くなっていきます。

また、お腹の肥満を防ぐ方法として、すっぱい味のひとつである「クエン酸」が、体内脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

胃腸の働きを活発化させたり、疲労物質である乳酸を分解する作用などもあり、食欲不振やイライラ・倦意慾の回復、肩こり・腰痛などの改善にも役立ちます。

さらには、そのほかの有機酸との相乗効果で血液を浄化し、血行を促進します。

睡眠不足とあわせて、クエン酸の摂取もお試しいただければ如何でしょうか?

 


子どもの肥満に悩む人に売れてます。

 

コップ1杯にあたり、クエン酸850mgの他に、アルギニン1,000mg・プロテタイ」50mg・ボーンペップ50mg・グリシン20mgがバランスよく配合しているドリンクタイプのサプリメントです。




マックスノビール
公式サイトでは、毎月100名様限定の「ず~っとお得な定期コース」をご用意しています。 詳しくはこちら>>

クエン酸配合の「子ども成長期サポートドリンク」

クエン酸には、エネルギー代謝経路であるクエン酸回路を活性化させる働きがあります。

クエン酸を十分に摂り、、クエン酸回路が活性化されれば、代謝アップにも繋がるため、子供のお腹の肥満を防ぐ目的とする方にもおすすめといえるのです

しかし、クエン酸だけを摂っていては、効果は期待できません。

バランスの取れた食事や適切な運動など、ダイエットに必要な最低限のことが揃って初めてクエン酸の効果・効能が期待できるのです。

そこで、お腹の肥満の子供たちにオススメなのが、クエン酸配合の子ども成長期サポートドリンク「マックスノビール」です。

「マックスノビール」は、コップ1杯にあたり、クエン酸850mgの他に、アルギニン1,000mg・プロテタイ」50mg・ボーンペップ50mg・グリシン20mgがバランスよく配合しているドリンクタイプのサプリメントです。

さらに「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ナイアシン」「パントテン酸」「ビタミンB12」「葉酸」「ビタミンD」「ビオチン」の栄養素を「栄養機能食品」の表示が可能な量を配合しており、1杯で、1日に不足しがちな栄養素を補うことができます。

もっと詳しく「マックスノビール」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

子どもの肥満予防成分クエン酸配合の子ども成長期サポートドリンク >>





このページの先頭へ