体の疲労・だるさは健康を維持する重要な信号


今や、疲労を自覚している人の割合は、就労人口の59%、なんと、4,720万人のが、何らかの疲労・だるさを抱えていると、厚生労働省疲労調査研究班が実施した疫学調査の結果でわかりました。

疲労には、身体的な疲労と精神的な疲労があります。

そして、私たちが疲労に襲われると、次のような変化が生じます。
①刺激に対する反応時間が遅くなる
②思考力が低下し、注意力が散漫になる
③動作が緩慢で、行動量が低下する
①自律神経系に異常が起こる など

疲労は痛み、発熱とならんで生体の3犬アラームと言われ、身体にとって生命と健康を維持する上で重要な信号の一つでもあります。

慢性的な疲労感を「ただの疲れ」と軽く考えることは非常に危険なのです。

 


オーバーワークと感じたら!一度試してください!!

 

美容や健康に役立つといわれ、注目を集めている高麗人参サプリ 高麗のめぐみ。希少な「紅参」と「黒参」を使用し、業界トップクラスの配合量を誇っているサプリメントです。




高麗のめぐみ
公式サイトでは、お得な!初回限定の特別キャンペーンを用意しております。 詳しくはこちら>>

総合的な力で根本から疲労・だるさを改善

疲れを感じた時、お風呂につかったり、マッサージを受けるなどします。

しかし、これらは局所的で一過性の解決策に過ぎません。

溜まった疲れを取り除き、さらに疲労予防するには高麗人参が最適なのです。

高麗人参は、脳下垂体に働きかけ、副腎皮質刺激ホルモンを介して副腎皮質ホルモンの分泌を促進させ、疲れている臓器に対して積極的に疲労回復を促します。

また、自律神経のバランスを調節することで胃液の分泌を正常化させ、便秘の解消作用などにより胃腸を元気にし、食欲を増進させます。

その他に、高麗人参には、肝臓や腎臓の機能を改善する働きがあり、赤血球を増やす作用や血液粘度を低下させる作用もあり、これによって新鮮な酸素や栄養を体の隅々まで運ぶことができ、疲労が早く回復します。

高麗人参には、以上のような働き以外にも多くの効能があり、それらの総合力で疲労を根本から取り除く作用があるのです。

高麗人参の摂り方として、乾燥した高麗人参の根を煎じて、健康茶として飲むのが長く親しまれています。

作り方として、鍋に600~700mlの水を入れ、沸騰したお湯に10~15gの乾燥した高麗人参を入れて40~50分ほど煮詰め、水分が半分になったら、熱いうちに茶こしうやガーゼでこして出来上がりです。

食前または、空腹時に体調を見ながら1日3回、1杯ずつ飲むのが良いそうです。

また、サプリメントの活用も良いでしょう。

サプリメントだと、高麗人参以外の疲労回復成分が配合されていますので、より効果のある作用が期待できます。

オススメの高麗人参配合のサプリメント「高麗のめぐみ」は、希少な「紅参」と「黒参」を使用し、業界トップクラスの配合量を誇っているサプリメントです。

健康意識の高い方や、食生活などの生活習慣が不規則な方、高麗人参をより実感したい方におすすめです。

もっと詳しく「高麗のめぐみ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

感動の高麗人参サプリができました >>





このページの先頭へ