シンデレラ睡眠で体がだるいを解消する

体の疲労、だるさの解消は、やはり睡眠がポイントです。

寝ることによって、体は回復し、疲れや、だるさを和らげます。

しかし、ただたんに寝るのではなく、睡眠のリズムを崩さないことが重要です。


睡眠はカラダのリズムを維持する働きがあります。

睡眠時間をちゃんと取っている人でも、就寝時間が不規則な方、昼夜が逆転している方、2時、3時など深夜遅くに就寝される人は、カラダのリズムを維持する働きが崩れているので疲れがとりにくいのです。

肉体的な疲労回復は、成長ホルモンの代謝を活発する働きが大きく、通常の生活パターンを取っている方の場合、睡眠後夜の11時~2時ごろが分泌のピークとなっています。

この時間帯より前に床について、このピークをちゃんと利用することが、成長ホルモンの効率のよい分泌、ひいては効率のよい疲れ対策につながります。

また夜間に分泌量の多いメラトニンというホルモンにも抗酸化作用があり、活性酸素など疲労の原因物質を取り除く働きがありますが、このホルモンも睡眠のリズムが乱れるとうまく分泌されなくなるといいます。

週末などに寝だめして、疲労回復を試みても、こうしたホルモンによる疲労回復効果はいまひとつ発揮できませんし、月曜日からの生活のリズムを狂わせてしまいます。

毎日きちんと睡眠時間を取るともに、12時前には床につく、いわゆる「ンンデレラ睡眠」が疲労回復に重要です。

1食に1つ以上のタンパク源で疲れ・だるさ知らずに!

疲れた体の修復、特に筋肉の修復にはたんぱくやアミノ酸の摂取が必要であり、肉、魚、大豆などのたんぱく源を1食に1つ以上取ることで、良質なたんぱくを摂取することも重要です。

ビタミンB1、B2、B6、B12などのビタミンBは栄養素の代謝にかかわり、エネルギーの利用やタンパクの利用に重要な働きがあることが知られています。


ビタミンB1は糖分の利用に関わり、疲労やだるさなどの改善に効果があるとされます。

こうしたビタミンBは、豚肉、ウナギなどの食材からも多く摂取することができ、ビタミンBが豊富に含まれているウナギを夏の暑いときに食べるのも、ビタミンBの効果を夏パテ対策に利用するということなのかもしれません。

最後に食事を利用した疲労回復は、手軽にバランスよく野菜やたんぱく源を一定量摂取できることが重要です。

そんなメニューとしてはポトフ、水炊きなどのなべ物がおすすめです。

 


40代女性の「体のだるい」を治す

 

カネカのコエンザイムQ10は吸収率に優れた還元型コエンザイムです。身体的疲労感の軽減に役立つことが報告されている「機能性表示食品」です。





カネカの還元型コエンザイムQ10
公式サイトでは、お得な初回特別価格キャンペーンを用意しております。 詳しくはこちら>>

たまっていく疲労感を解消してくれる物質とは?

疲れにくい体を作ると同時に疲れ対策にもなる食材は、ビタミン、ミネラル、食物繊維など健康に有用な成分の多い野菜です。

このためには野菜をトータルで1日350~400g取ること、そしてホウレンソウ、コマツナ、二ンジン、カボチャなどの緑黄色野菜を120g以上摂取することが推奨されています。

また、驚異の物質コエンサイムQ10は、仕事や通勤・主張なと、毎日の生活の中でたまっていく疲労感やだるさを治してくれる作用があると、研究機関などから報告されています。

コエンサイムQ10は、疲労した細胞の活力回復を早め、疲労の蓄積を防ぐことができるようです。

疲れを翌日に残さないために、コエンサイムQ10を日頃サプリメントてとっている人も多いです。

 

特に体で悪いところはないつもりが、何となく疲れやすい。

朝になって疲れがとれない。

目覚めがスッキリしない。

そんな方には一度、コエンサイムQ10サプリ「カネカの還元型コエンザイムQ10」を試してみては如何でしょうか?

カネカの還元型コエンザイムQ10は、「最近疲れやすい」「何だかだるさを感じる」そんな方に有効なサプリメントです。

身体的疲労感の軽減に役立つことが報告されている「機能性表示食品」で、そのまま体内で使われる“還元型”だからこそ、コエンザイムQ10本来の力を実感していただけます。

もっと詳しく「カネカの還元型コエンザイムQ10」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

トップアスリートも絶賛!疲れにくい物質「還元型コエンザイムQ10」 >>





このページの先頭へ