いつもの生活を少し変えるだけで…

いつもの生活を少しずつ変えることで、高血圧の多くは改善します。

生活を改善して、血圧を下げるために、たったこれだけを実施しましょう。

1.体重を減らそう
内臓脂肪は血管への負担となります。肥満も高血圧の原因です。

2.塩分のすくない食事をとろう
塩分を1g減らせば、血圧は約1mmHg下がるとも言われています。

3.しっかり寝よう
睡眠中は副交感神経が支配するため、血圧が下がります。

4.よく歩こう
全身運動は筋肉に血液を送り、血圧を安定させます。

5.リラックスしよう
心身が緊張した状態が続くと、血圧が上がります。

6.節酒・禁煙をしよう
喫煙も高血圧の原因で、発作のリスクを高めます。

たったこれだけを少しずつ変えるるだけで血圧は下がります。

 


健康診断で血圧が標準になりました。

 

わかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできた「わかめペプチド」の働きで、血圧を上げる物質の生産を低下させ、血圧を下げる物質の分解を減少。ダブルの作用で血圧を安定させます!





わかめペプチド粒タイプ
公式サイトでは、お得な!お試しパックを用意しています。 詳しくはこちら>>

ほとんどの血圧はこれで下がる!

高血圧の人の大半は、遺伝的な体質に加えて、塩分の多い食事・運動不足・肥満など、複数の要因が重なって血圧が高くなる「本態性高血圧」です。

そして軽度の本態性高血圧は、食事をはじめとする日常生活を改善することによって、正常植にまで下げることができます。

つまり、高血圧の人も、自分で血圧をコントロールできるわけです。

薬物療法をしている人も、薬に頼っているだけでは血圧は十分に下がりません。


やはり、生活の改善が必要です。

これまでの生活を改善するうえで、最も重要なのは食生活の見直しです。

塩分を控え、栄養がバランスよくとれる食事を工夫してください。

食生活の改善と同じぐらい重要なのが、適度な運動を継続して行なうことです。

心肺機能を高めることで心臓・動脈・静脈が丈夫になり、血管をしなやかにする効果があるからです。

特に肥満気味の人は、運動によって体重を落とすことで、高血圧だけでなく、糖尿病や脂質異常症など生活習慣病全般を予防したり、進行を抑えたりする効果が期待できます。

しかし、簡単に生活習慣を変えることは難しいでしょう。

まずは、一つ一つできることから改善することが大切です。

また、機能性表示食品のサプリメントを活用するのもいいでしょう。

オススメの機能性表示食品「わかめペプチド」には、高めの血圧を下げる機能があることが報告されている商品です。

「わかめペプチド」は、わかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできた「わかめペプチド」の働きで、血圧を上げる物質の生産を低下させ、血圧を下げる物質の分解を減少させます。

もっと詳しく「わかめペプチド」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>血圧が高めの方に適した機能性表示食品





このページの先頭へ