40代に取っておきたい転職に有利な資格

最近、40代・50代の転職者が多くなりました。

リストラされた方、過激労働で身体を壊された方、どこか他にいい所がないかと転職を考えておられる方などなど。

就職の相談をしていると、みなさん聞かれるのが、どんな資格を取れば再就職に有利なのでしょうかと…?

わたしも、長年ハローワークに勤務していましたから、どの資格を取れば、再就職に有利かはわかっているつもりです。

しかし、人それぞれ適正というものがあり、一概にこれがいいとはいえません。

でも、40代・50代の転職となれば、かなり厳しいですから、適性がどうとかいってられないのが現実です。

今や、派遣や契約社員が主流で、なかなか40代・50代での正社員は難しいです。


しかし、40代・50代の方でも、正社員として雇ってくれる職種があります。

それは、管理業務です。

管理業務というのは、ある程度人生経験をされた方の求人が多く、若い年代より求人数が多いのは確かです。

では、管理業務ってどんな業務なのか?

管理業務といえば、マンションの管理業です。

マンションを管理するといっても、マンションの清掃などではありません。

マンションの管理受託契約を締結する際の重要事項の説明や、マンション管理のマネジメント業務です。

この管理業務をするには、国家資格が必要なのです

でも、国家資格を取れば、40代・50代でも、正社員での再就職が期待できます。

この業務は、苦情係みたいな要素が強く、若い人は長続きしないようで、雇う側も年配の人を募集するようです。

40代・50代で再就職をお考えの方や、40代・50代で何か資格にチャレンジしようと思っている方は、ぜひ管理業務主任者の資格に挑戦してみては如何でしょうか。

余談ですが、試験範囲がほぼ同じで管理業務主任者試験より難度が高いマンション管理士とのダブル取得を目指す方が多いようです。

管理業務主任者の合格者はマンション管理士試験の一部が免除されるので、あわせて挑戦されるものいいかと思います。


管理業務主任者を取るには、どうすればいいのか解らない方も多いでしょう。

書店で本を買って独学で勉強するのもありでしょうが、やはり通信講座を受講するのが一番の近道です。

サラリーマンだと、勉強する時間がとれないと、おなげきの方にオススメするのが「通勤講座」です。

「通勤講座」は100点をとる目的じゃなく、60点とればいいと考える人を対象にしている講座です。

とにかく、合格点をとればいいというスタンスの講座なんです。

普段は仕事が忙しく、資格の勉強ができない方や、上手く隙間時間を利用して、効率よく勉強をやっていきたい方なら、ぜひ、通勤講座を使って勉強されたら、いい結果につながると思います。

もっと詳しく「通勤講座」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

忙しくても、学びやすく、わかりやすく、続けやすい。それが通勤講座です。 >>

 


40代男性の転職に有利な資格にチャレンジしてみませんんか!

 

「通勤講座」は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講者10,000人を超え急成長中です。




 
通勤講座:マンション管理士/管理業務主任者
公式サイトでは、たくさんの講座を用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ