大豆イソフラボンに期待できる効果

大豆の胚芽に多く含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造がよく似ていて、植物性エストロゲンとも呼ばれています。

大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンと同じような働きをします。

大豆イソフラボンに期待できる効果は

・月経不順の改善
・更年期症状の軽減
・肌にハリや潤いを与える
・血行をよくし血圧を改善
・コレステロール値を改善
・体脂肪を低下させる
・骨粗穀症を予防する
・乳がんのリスクを低下

また、大豆に含まれる「エクオール」という物質も、イソフラボンを摂取した時に、腸内で女性ホルモンに似た働きをするため、更年期症状の改善に役立ちます。

 


特に更年期女性の不調を和らげることに期待できます。

 

 

女性の社会進出が活発になり、仕事と家庭と両立させる、パワフルな女性が増えています。そんな、頑張る女性のイキイキさのサポート役として、エクオールをぜひお試しください。




エクオール+ラクトビオン酸

公式サイトでは、お得なラクラク便を用意しております。 詳しくはこちら>>

大豆イソフラボンは、植物性エストロゲン

大豆イソフラボンは、エストロゲンの減少で起こるさまざまな不調の軽減にも有効とされ、更年期前後の女性には強力な味方です。

また、カルシウムの代謝を助けることで骨粗しょう症の予防効果もあります。

エストロゲン依存性の乳がんなどのリスクを低下させるとも考えられ、研究が進められています。

大豆イソフラボンが含まれているのは、大豆や、大豆製品。味噌や豆腐など、日本にはすぐれた大豆製品がたくさんあります。

意識してとりましょう。

食べ続けることで効果があらわれます。

最近では、大豆イソフラボンを強化した特定保健用食品やサプリメントも数多く出ています。

しかし、大豆イソフラボンを摂取しても、効果が出ないため途中で諦めた方も多いようです。

その理由がエクオールにあったのです。

イソフラボンが女性ホルモンによいとされていたのは、このエクオールの作用にあったのです。

しかも、このイソフラボンをエクオールに変換できるのは日本人の場合2人に1人とされ、大豆イソフラボンを摂取しても、半数しか効果が期待できなかったのです。

このことがイソフラボンを摂取しても効果が出ない方が多い原因だったのです。

では、エクオールに変換できない人はどうすればいいの?

それは、直接「エクオール」を摂取すればいいのです。

エクオール配合のサプリメントでオススメなのが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

「エクオール+ラクトビオン酸」は、成熟女性が、もっともっと輝くために。ゆらぎやすい女性の心と体のために研究を重ねて作られたサプリメントです。

エクオール研究の専門医と共同開発した高品質サプリメントになります。

さらにラクトビオン酸を配合することでエクオールの生産力とカルシウムの吸収を高めています。

もっと詳しく「エクオール+ラクトビオン酸」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

特に更年期女性の不調を和らげることに期待できます。 >>

女性のからだを守っているのがエストロゲン

全女性が増やしたい!と思うモテホルモンがエストロゲンです。

男性にモテる色っぽい女性になるために「女性ホルモンを増やさなきや~」と言う人は多いものですよね。

そのみなさんが増やしたいと思っている女性ホルモンの正体がエストロゲンです。

エストロゲンは別名を卵胞ホルモンと言い、妊娠に不可欠な卵胞を受精可能なたまごへと成長させるために、卵巣で作られるホルモンです。

妊娠を待ち望むホルモンと言って良いでしょう。

実際に妊娠を望むかどうかはともかくとして、異性に対するアピールを助ける役割も果たすのです。

ひとくちで言えば、女性らしさを引き出すホルモン。

たとえば、つややかで張りのある髪やきめ細かい肌、豊かなバストが作られるのはエストロゲンのおかげ。

エストロゲンが十分に分泌されると、シワや中年太りも気になりません。

いくつになっても若々しくモテる女でいるには不可欠なホルモンなのです。

エストロゲンの効果は、容姿を女らしくするだけではありません。

妊娠に耐えうるようにからだやこころのサポートもしています。

たとえば、骨密度を高く保っているのはエストロゲンの作用です。

血管を強くし、動脈硬化や脳血栓などを防ぐ役割もあります。

血の巡りが良いわけですから、代謝も良く、心もおだやか。逆を言えば、更年期以降、エストロゲンが減ってきた頃からさまざまな病気が出始めます。

思春期から更年期の女性の健康な生活は、エストロゲンによって守られていると言っても良いでしょう。





このページの先頭へ