キャビテーションエステは、脂肪吸引のように、破壊された脂肪を吸引排出しないので、キャビテーションエステの施術後は、水分補給、週2回以上有酸素運動などでセルライト効果を最大限に発揮させることが大切です。

・代謝を高めるため常温のお水をコップ一杯こまめに摂取する。
・術後1時間~2時間は食事を控える。
・糖分や脂肪の摂取を控える。
・できるだけアルコール類は飲まない。
・週2回以上有酸素運動(ウォーキング・水泳など)を心がける。

以上の注意項目を踏まえた上で、キャビテーションエステに通うことがポイントです。

 


キャビテーションエステを体験してみませんか!





骨盤・下半身集中ケアで、美脚・美尻・美腰に!詳しくはこちら>>

なぜ家庭用のキャビテーションではなく、キャビテーションエステなのか?

家庭用のキャビテーション機器は安全面の配慮のために業務用のものより出力できる超音波が微弱なものが大半です。

エステで用いられる業務用のキャビテーション機器は、家庭用のものよりも強力な超音波を発するのでより効率的に脂肪を分解します。

キャビテーションによるダイエットは、機器による脂肪の分解と、その後のマッサージによって効果が変わったくるのです。

家庭用の機器でうまく脂肪を分解できたとしても、適切なマッサージによって脂肪の排出を促さなければ効率的にヤセることができません。

脂肪が落ちにくい二の腕や太もも、お尻の周りといった部位は、脂肪を分解し柔らかくした後にそれを排出するためのマッサージが施されてはじめて効果が実感できます。

また、プロのエステティシャンによる施術は、キャビテーションで分解された脂肪を排出するだけじゃなく、全身の血行も良くするので、体全体を引き締め、むくみにくい体にする効果もあるんです。

だから、家庭用のキャビテーション機器だけの施術では、あまり効果が実感できない場合が多いようです。

オススメのキャビテーションエステはココだ!


理想の美脚ラインを目指すなら【ラ・パルレ】

ラ・パルレには、キャビテーション燃焼コースがあり、巷のエステサロンと違い、キャビテーション超音波の他に、RFの高周波とLED照射による光痩身も同時に実施しています。

温熱マットで体を温め大量発汗させた後、キャビテーションで脂肪を排出しやすい状態にするとともに、LED&LDライトとRFによって代謝を促します。

次にセルライトを揉みほぐして排出しやすい状態にし、最後に筋肉運動で体を引き締めて美しいボディラインにしあげていきます。

発汗→キャビテーション→セルライトバスター→筋肉運動の手順で、太りにくい身体にしていくのです。

 


当サイトオススメ№1のキャビテーションエステです!





キャビテーションをはじめ、足痩せに必須な施術をしっかりと体験頂きます!  詳しくはこちら>>

最新キャビテーションをお求めなら【シーズ・ラボ】

シーズ・ラボ業界初の温冷機能付きのキャビテーションを使用しています。温めながら超音波で脂肪細胞を破壊する機能なので、血液やリンパの循環が促進され老廃物の排泄の相乗効果が期待できます。

また冷却機能は高い鎮静効果と引き締め効果が期待でき同時に、冷却後に体温を戻すときの循環促進効果も期待できます。

ダウンタイムがなく、日常生活に支障がありません。脂肪細胞内のみに作用する波長領域に設定されているため、その他の部位への負担はかかりません。

腹部、太もも、ヒップ、二の腕などのパーツケアが可能で、自己流ダイエットでは難しいセルライトの改善にも効果的です。

 


日本発導入の温冷機能付きキャビテーションをお求めなら





20年以上の実績をもち、全国に新規店舗拡大中!種豊富なLP(PC・SP) 対応  詳しくはこちら>>

キャビテーションエステでセルライト除去ができるエステ

キャビテーションエステのセルライト除去施術方法は、大きく分けて、専用マシンとハンドマッサージを使った施術が主です。中には、専用のジェルなどを塗ってマイナスイオンを流す施術方法をおこなっているエステもあるようです。

専用マシンは、業務用の痩身マシンを使って、自分では手が届かない深部にまで熱や振動を与え、吸引しながらトリートメントを行うことで血液やリンパの流れを良くするフランスで生まれたエンダモロジーがとくに有名です。

ハンドマッサージは、リンパマッサージでリンパの流れを良くして全身の循環を整え、老廃物を排出しやすくします。

大手の痩身エステでは専用マシンを使って脂肪を撃退し、体を温めて脂肪を溶かし、溶かした脂肪を体の外に出すために、マッサージを施して代謝を促進させていきます。

大手の痩身エステなら、ほとんどのお店でセルライト除去は可能です。各地方の店舗やチェーン店に最新の専用マシンが設置されているかどうかがポイントでしょう。

専用のセルライト除去マシーンが設置されているかどうかは、公式サイトに記載されているので確認できますが、地方の店舗やチェーン店では設置されているかどうかは直接電話をするか、メールなどで問い合わせて確認した方がいいでしょう。

キャビテーションエステでセルライト除去ができるエステを選ぶポイントは、無理なく通えるエステであること、専用のセルライト除去マシーンが設置されているかどうかを確認することでしょう。

 


各店舗で専用のセルライト除去マシーンが設置されているキャビテーションエステ





上場企業グループが運営するキャビテーションエステ 只今、初回限定4,000円キャンペーン実施中  詳しくはこちら>>

セルライト除去後のリバウンド対策

身体が冷えると血行不良になり、リンパ液の流れが滞ります。せっかく除去したセルライトで除去した、二の腕、太もも、おしり…が。

セルライトにならないように、冷えを改善し血行とリンパの流れを正常化するために自宅でのケアが大切です。


■血行を良くする

かんたん体操で、身体を動かして、血行やリンパの流
れをよくします。

●脚
脚を広げてしやがみ、両手を床につきます。その手を離さないようにして脚をゆっくり伸ばします。イ申ばせるところまで伸ばしたら、またゆっくりしやがみます。これを10回、じっくりと繰り返します。

●二の腕
あお向けに寝て、両手のひじが直角になるように上げます。あまり力まずにひじを伸ばすようにして、左右交互に振ります。リズムよく10回繰り返します。

●おなか
足の甲が床にぺたりとつくようにうつぶせになったら、身体の幅に両手を開き、ひじをついて胸をそります。おなかの筋肉が伸びているのが意識できるところで、30秒間止めます。10回繰り返します。


■リンパマッサージ

女性皆が困っているおしりまわりのセルライトには、リンパの流れをよくして、老廃物を外に出すマッサージをしましょう。

①リンパ節を押す
左の鎖骨のくばみを指の腹で押します。下半身のリンパ液を身体の外へ出す部分です。5秒×10回行ないます。

②もむ
脚の付け根の部分に指を差し込むようにしてもみます。ここは腰まわりのリンパ液を外へ出す部分です。

③さする
おしりを下から腰骨の方へ斜めにさすります。おしりのリンパ液を流すように20回行ないます。

④もむ
おしりの上部分を腰骨の方へ、脂肪をつまんでもむようにしながら手を動かしていきます。

⑤さする
ひざからおし引こ向かって太ももを両手で強めにさすります。リンパ液を流すイメージでじっくりと、左右各10回。

⑥さする
おしり、腰まわりまで運んできたリンパ液を脚の付け根へ流すように手を動かします。左右各15回。

⑦もみこむ
2と同様に、脚の付け根の部分を指を押し込むようにしてもみます。集めてきたリンパ液を外に出すために、よりていねいに左右各20回。

■リンパマッサージのチェックポイント
自分のセルライトの状態をチェックしてみましょう。気になる部分の脂肪をひねります。ひねっても皮膚の表面に凸凹が出ないようであれば、心配はありません。凸凹が出るようなら、セルライトがたまっている証拠です。太ももやおし引まひねらなくても表面が凸凹していることが……。まずは自分の現状を受け止めることが対策の第一歩です。


■バスタイムマッサージ

身体が温まって代謝がよくなるお風呂タイムは、マッサージをする絶好のチャンス。忘れずにかんたんマッサージを行ないましょう。

①両手のひらを太ももの内側に当て後ろにまわします。前に向けてさするようにマッサージします。ひざから脚の付け根ヘリンパ液を流すイメージで、左右10回ずつ行ないます。

②おしりの下に両手を当て、上に向かって軽く持ち上げるようにしながらゆっくりさすります。中央から横まで手をずらしてまんべんなく10回行ないます。

③身体の泡を流すときにシャワーを利用して行ないます。ヒップアップをイメージしながらシャワーをおしりの下から上へ向けて、中央から横へ向けて当てます。

●セルライト除去のコツ
蓄積した古い脂肪を身体の外に出しやすくするために、脂肪をつぶすイメージで軽くつまむことがポイントです。痛くなるほど強くつまむ必要はありませんが、たるんでいる二の腕やおしりなどを「軽くつまんで、ひねったあと引っ張るようにして離す」を繰り返すと古い脂肪が脂肪細胞から押し出され、老廃物として身体の外へ排出されやすくなります。そして、リンパや血液の流れをよくする体操やマッサージを行なえば、体内の循環がよくなるのです。ぜひ意識して試してみましょう!

●体を温めることも犬切
代謝が悪くなる大きな原因「冷え」。女性は特に冷え性の人も多いので、血行が悪くむくみやすい=脂肪をためやすいといえます。身体を芯から温めて、代謝を上げる一番お手軽な方法は入浴。バスタブにゆっくり浸かって、全身を温めるだけでもセルライト予防に効果的です。忙しい女吐や一人暮らしの女|ヽ生は、とりわけ夏はシャワーだけで済ませがちですが、基礎代謝を上げるためにもゆっくりお風呂に浸かりましょう。


■ツボ押し

ツボを刺激することで代謝をよくして、足のだるさを取ったり水分や老廃物の排出を促します。こまめに行なうことで効果アップを!

●水分
おへその真上、親指1.5本分にあたる部分です。身体にたまった余分な水分を外に出すツボです。

●天枢
おへその横、左右に指2本分外側にある部分です。胃腸の調子を整え、老廃物の代謝を活発にします。

●腎愈
肋骨の一番下のラインの延長上、背骨から指2本分離れた部分の内臓の調子を整えるツボ。体内の水分調整が正常化されます。

●承扶
おしりのふくらみの真下のももの付け根の中央にあたる部分です。水分代謝をよくし、おしり、太ももの引き締めに効果的です。

●三陰交
内側のくるぶしから指4本分上の、すねの骨の後ろのくばみ。脚のむくみに効果的なツボです。

●承山
ふくらはぎの下側、筋肉が終わる境目にあるツボ。脚のむくみだけでなく、疲れの解消にも。

●ツボ押し、これだけは気をつけて
基本は親指の腹で押します。おしりなど脂肪が多めについている場所では、数本の指で押しても構いません。
1回の押しは5秒程度で、跡が残ったりするような強い力で押さないように注意してください。





このページの先頭へ