内臓脂肪を燃やす食べ物

体にたまる脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2通りあり、このうち内臓脂肪は、体にたまりやすい反面、落ちやすい特徴を持っています。

食べて、飲んで、痩せる!?

内臓脂肪を減らす食べ物と飲み物を紹介します。

内臓脂肪を燃やす食べ物
・キャベツ
・青魚
・豚肉
・寒天
・トマト
・豆腐
・オレンジ

内臓脂肪を燃やす飲み物
・コーヒー
・低脂肪乳
・杜仲茶
・ローズヒップ茶
・きび酢

 


機能性表示食品で「血糖値を抑える」成分が含まれています。機能性表示食品で「葛の花由来イソフラボン」成分が含まれています。

 

お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)、ウエスト、体重(BMI)を減らすのを助ける機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合されているサプリメントです。




シボヘール
公式サイトでは、お得な!WEB限定らくらく定期便を用意しています。
 詳しくはこちら>>

内臓脂肪を燃やす食べ物ランキング=ベスト3

<内臓脂肪を燃やす食べ物ベスト3>

1.「タマオレジュース」が脂肪の吸収を抑える

2.リンゴを煮を1日1個食べれば、肥満も医者も遠ざける

3.鶏肉と乳製品の組み合わで脂肪燃焼効果がアップ


1.「タマオレジュース」が脂肪の吸収を抑える

体に必要な分量の野菜を毎日の食事だけでとり入れようとするのは、量においても、手間においてもなかなか困難なもの。

その点、新鮮な素材をそのままミキサーやジューサーにかけて作るジュースなら、濃縮してとることができます。

また、フルーツと組み合わせることによって、野菜独特の苦味や青臭さを感じずに、おいしく食べることもできるので、とても効果的です。

今回はそんなジュースレシピのひとつで、脂肪の吸収を抑えて肥満やコレステロール値の高い人に効果のある「タマオレジュース」を紹介します。

タマネギといえば、血圧を下げる、血糖値の上昇を抑制するなど、じつにさまざまな薬効のある野菜です。

また、オレンジにも脂肪の吸収の抑制、活性酸素の撃退などの効果があり、2つを組み合わせることは、高コレステロールや高血圧に対抗する最強のコンビになります。

オレンジとタマネギを使ったタマオレジュースは、それぞれの食材が持つ薬効の相乗効果が期待できます。

1日1杯、夕食前にタマオレジュースを飲むようにしましょう。

食前に飲むことで、脂質の吸収をより抑えることができます。

【タマオレジュースの作り方】

■材料
・タマネギ50g(約1/4個分)
・オレンジ2個
・冷水200ml

■作り方

1.オレンジはミキサーに入れやすい大きさ


2.1.と冷水をミキサーに入れ、ジュース状になってよくまざるまで授押。オレンジの甘ずっぱい香りがさわやかなジュースが完成

※なるべく国産の材料を選び、よく洗って、皮の部分まで使う。
※オレンジの筋や袋には不溶性食物繊維がたっぷり。とり除かないで丸ごと使うこと。
※あらかじめ材料を小さく刻んでおいてから撹押し、授押する時間を短縮すると成分が壊れにくい。
※オレンジは、果汁100%ジュース200・(冷水は使わない)、または温州みかん2個(オレンジよりβ-カロチンが豊富)でも代用できる。


2.リンゴを煮を1日1個食べれば、肥満も医者も遠ざける

カリウムや食物繊維、リンゴ酸、ビタミンC、リンゴポリフェノールなどの栄養成分が含まれるリンゴはダイエットや動脈硬化の予防に、たいへん役立つ果物です。

どこでも買えて安価なリンゴには、ペクチン、セルロース、ヘミセルロースといった食物繊維が豊富に含まれており、使量をふやしてお通じを快適にしてくれます。

また、場内に残留する発ガン物質なども吸着して、使といっしょに排出してくれます。

また、リンゴを継続的に食べると血中の悪玉コレステロールが減少し、善玉コレステロールが増加するといった効果も多く発表されています。

さらにいえば、血液もサラサラにしてくれます。

血圧を下げたり、血管を拡張させたり、血圧を上げる物質の分泌を抑える働きを持つ、カリウムが豊富に含まれています。

さて、このようにすぐれた成分をたっぷり含んだリンゴですが、「すっぱいのが苦手」という人や、「歯が弱いからちょっと……」というお年寄りがいらっしやるのは残念なこと。

そんな人には、「煮リンゴ」がおすすめ。

煮ることで、消化吸収もよくなります。

1日に1個の煮リンゴを、朝・昼、または朝・夕の食事の前に食べて、その分のお米の量などを控えるようにすれば、スムーズに減量できるはずです。

【煮リンゴの作り方】

■材料
・リンゴ1個
・レモン汁1/4個分
・砂糖小さじ1/2
・バター小さじ1/2

■作り方

1.リンゴは皮をむいて4つに切り、芯と種をとってイチョウ切りにする


2.1.と砂糖、バター、レモン汁をホウロウ鍋かステンレス鍋に入れ、弱火にかける


3.焦がさないように木ベラでかきまぜながら8~10分ほど煮て、リンゴに少し色がついてやわらかくなったらでき上がり


3.鶏肉と乳製品の組み合わで脂肪燃焼効果がアップ

ダイエットに鶏肉を食べるなら、胸肉がおすすめです。なぜなら、胸肉は100gで121キロカロリーと熱量がささ身に次いで低く、カルノシン、アンセリンなどのアミノ酸を多く含む、良質のタンパク源だからです。

タンパク質は、私たちの筋肉をつくるうえで欠かせない栄養素です。胸肉を十分に食べれば、良質な筋肉が育ち、基礎代謝量の増加が見込め、体の余分な脂肪が自然に燃えるようになります。

疲れがとれやすくなる効果もあります。

その効果をさらに高める方法は、乳製品といっしょにとること。牛乳やヨーグルト、チーズ、バターなどの乳製品は、鶏肉に多くないカルシウムやビタミンを袖ってくれます。

カルシウムは、骨や歯に必要なだけでなく、筋肉が伸び縮みする作用を助けています。

つまりカルシウムが充足していれば、体の動きはスムーズになり、消費される子不ルギーも多くなるのです。

カルシウムには体脂肪をつきにくくする働きも見つかっています。

体内にカルシウムが吸収されるときに必要なマグネシウムは、胸肉にたっぷり含まれています。

胸肉と組み合わせてとるときには、脂肪分が少ない牛乳かヨーグルトを。

おすすめは、「クリーム煮」。簡単でおいしいだけでなく、カロリー控えめ。栄養の流出もなく、胸肉と乳製品の栄養をしっかりとることができます。

1回で食べる量は、胸肉100g、牛乳100融を目安にしてください。

シイタケを加えると、カルシウムの吸収を助けるビタミンDと腸の健康に必要な食物繊維を捕えるので、栄養バランスはさらによくなるでしょう。

【鶏肉のクリーム煮の作り方】

■材料(4人分)
・鶏胸肉2枚(約400g )
・ブロッコリ-1/2株
・シイタケ1パック
・塩、こしょう各少々
・小麦粉大さじ1と1/2
・オリーブ油、カレー粉各大さじ1
・牛乳2カップ
・ヨーグルト50ml

■作り方
1.鶏肉は皮をとって、1枚を2つに切り、塩・こしょうをしてから、表面に薄く小麦粉をまぶしておく

2.ブロッコリーは小房に分け、熱湯でサッとゆでてざるに上げる。シイタケはサッと洗い、軸の部分を切り取り、ひと口大に切る

3.フライパンに油を入れ、中火にかけて鶏肉を並べ入れる。両面に焼き色がついたら、いったんとり出す

4.フライパンにカレー粉、牛乳を入れて煮立てて②を加え、さっと火を通してから鶏肉を戻し入れ、ひと煮する。火を止めてからヨーグルトを加え、よくまぜる

また、サプリメントの活用もオススメします。

内臓脂肪を燃やすサプリメントでオススメなのが「シボヘール」です。

「シボヘール」は脂肪の合成を抑え、脂肪の分解を促進します。

また、脂肪の燃焼を促進させる3つのパワーで気になる脂肪に働きかけます。

もっと詳しく「シボヘール」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>機能性表示食品なのに1日わずか93円、毎日4粒飲むだけ!

コーヒー・紅茶にはメープルシロップを入れて飲むとよい

メープルシロップは、かえでの樹液から作られた琥珀色の甘いシロップです。

砂糖よりもカロリーが低く、果糖が多く含まれるため血糖値を上げにくいことから、生活習慣病が心配な入も安心して使える甘味料です。

カリウムやカルシウム、鉄などのミネラルがほかの甘味料よりずっと多く含まれていることも特徴で、これらの成分が、腸を掃除するデトックス効果を発揮すると考えられています。

おすすめが、コーヒーや紅茶などのあたたかい飲料に、甘味料としてメープルシロップを入れることです。

甘さと風味が加わっておいしくなるばかりか、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインやタンニンなどのダイエット成分と、メープルシロップのデトックス成分の相乗効果が期待できます。

食前に飲めばほどよい甘味で食欲が満たされ、食べすぎを防げるのもポイント。

子供や女性が好きなホットケーキとバターとの組み合わせは、カロリーのとりすぎでダイエットには不向きです。

メープルシロップは必ず飲み物にプラスしてとりましょう。



機能性表示食品で「葛の花由来イソフラボン」成分が含まれています。
お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)、ウエスト、体重(BMI)を減らすのを助ける機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合されているサプリメントです。
もっと詳しく知りたい方は…





このページの先頭へ