血糖値を制御する食べ物

食事をするとどうしても血糖値が上がります。

食べ物には、血糖値が上がりやすいも、上がりにくいものがあります。

血糖値を制御する食べ物、血糖値を下げてくれる食材をご紹介します。

血糖値を下げる食べ物
・玉ねぎ
・キノコ
・アボカド
・ブロッコリー
・納豆
・豆腐
・オクラ
・こんにゃく
・キャベツ
・青魚

血糖値を下げる飲み物
・コーヒー
・緑茶
・ヤーコン茶
・プーアル茶
・玄米茶

 


機能性表示食品で「血糖値を抑える」成分が含まれています。

 

糖や脂肪の多い食事を摂りがちな方で、ついつい食べ過ぎてしまう・・・、栄養が偏ってしまう・・・、脂っこいものが好き・・・、飲み会や外食が多い・・・こんな生活習慣の方にオススメの商品です。




厳選青汁
公式サイトでは、お得な!定期コースを用意しています。
 詳しくはこちら>>

血糖値を下げる食べ物ランキング=ベスト3


<血糖値を下げる食べ物ベスト3>

1.黒酢+タマネギの組み合わせで血液中の糖や脂を浄化する

2.白ネギに含まれている含硫成分が高い血糖値を下げる

3.すだちの皮で血糖値の上昇を抑える


1.黒酢+タマネギの組み合わせで血液中の糖や脂を浄化する

糖尿病に効くとして注目されている2つの食品を紹介しましょう。

その1つ目が、タマネギです。タマネギには、血液中の血糖値を引き下げ、糖尿病を予防、改善する効果のあることが、各国の研究者によって明らかにされています。

また、タマネギには脂質の増加を防いだり、血液が固まることを防ぐ「サイクロアリイン」などの成分が豊富に含まれています。

そのため、動脈硬化の改善、予防も期待できます。

2つ目の食品は、黒酢です。血液サラサラ効果のある黒酢とタマネギとを同時にとれば、効果は倍増します。

糖尿病を防ぎ、あるいは治療するうえで、そのパワーをフルに発揮してくれるに違いありません。

【黒酢タマネギの作り方】
■材料
・タマネギ中2個
・黒酢約200ml

■作り方

1.タ7ネギをスライスする。繊維に沿って縦に切ると、成分が壊れにくい


2.密閉容器に入れて、ひたひたになるまで黒酢をかける


3.冷蔵庫に1日ねかせればでき上がり。1日にタマネギ509分を食べるとよい。冷蔵庫に保管して、1週間で食べ切ること


2.白ネギに含まれている含硫成分が高い血糖値を下げる

日本人に親しまれているネギは、スタミナ成分が多く、体をあたためる効果に優れ、昔からカゼの妙薬として庶民に食べられてきました。

ネギには、細くて緑の部分が多い青ネギと、太くて白い部分が多い白ネギ(夏ネギ)があります。血糖値を下げるのは白ネギです。

さて、血糖値を下げる理由として考えられるのは次の2つです。

①成分が糖の代謝を活発にすること。
交感神経を剌激して副腎髄質ホルモンやアドレナリンを分泌することで血流がよくなり、体温が上昇すること(アドレナリンが脂肪を剌激しながら分解するため、そのときに生じる子不ルギーによって体温が上昇)で、糖の代謝がよくなります。

②動脈の内壁の細胞を強化することで、インスリンの働きを高めること。
働きを高めるとはつまり、インスリンの寿命を延ばすということです。 ちなみに、青ネギには含硫成分はほとんど含まれていませんので、血糖値を短期間に下げる働きはあまり期待できないものと思われます。

青い部分にも、タンパク質やミネラル、ビタミンA・Cなどは豊富ですが、血糖値を下げるということに関しては白ネギのほうが断然上といっていいでしょう。

欠かさず食べないと効果はあまり見込めません。やはり、つづけて食べることがたいせつです。


【白ネギのみそ汁の作り方】

■作り方

1.白ネギ適量を、厚さlcmくらいの小口切りにして、1晩みそに潰けてお<

2.鍋に水を適量入れて沸騰させ、ネギを漬け込んだみそを、適量溶かし入れる

3.でき上がり。ぜひ、1日に1杯は飲みたいもの


3.すだちの皮で血糖値の上昇を抑える

すだちの皮の効果を調べた研究を紹介します。

実験は、人間でいえば、肥満が原因で血糖や脂質の代謝異常を示す生活習慣病の状態のネズミを利用しました。

このネズミを2つのグループに分けて実験を行いました。

①は水だけを与えるグループ、②は水にすだちパウダーを加えて飲ませるグループ。

体重、血圧、心拍数、血糖値、血中インスリン濃度、血中脂質を1年間調べた結果、すだちパウダーを用いたグループは、体重、血圧、心拍数は変わらず、血中脂質にも変化なし。

驚いたのは、血糖値の上昇が抑えられたことでした。

このネズミは軽度の糖尿病を起こす性質があり、今回も実験開始後60口目から徐々に血糖値が上昇してきました。

しかし、すだちパウダーを与えたグループは、血糖値の上昇が明らかに抑えられたのです。

どの成分が効果をもたらしたのかはわかっていませんが、すだちはほかの柑橘類とよく似て、多くの種類のフラボノイドが含まれています。

すだち特有のフラボノイドもあり、これらの相乗効果によるものと思われます。

これらの有効成分は果皮に多く、汁にはほとんど含まれません。

【すだちの皮入りジュースの作り方】
■材料
・すだち1個
・バナナ1本
・牛乳150~200ml

■作り方

1.すだちは農薬などをとり除くため、皮に少量の塩をすり込み、よく洗う

2.すだちは4つ切りにし、へたと種を除き、こまかくする。バナナは一ロ大に切る

3.2.と牛乳を20~30秒ミキサーにかける

4.でき上がり。1日1杯飲む。苦味が気になる場合はバナナを増量するか、少量のはちみつを加える

また、サプリメントの活用もオススメします。

血糖値を下げるサプリメントでオススメなのが「厳選青汁」です。

「厳選青汁」は、機能性表示食品で「中性脂肪や血糖値を抑える」成分が含まれています。

機能性関与成分(難消化デキストリン)配合で、国産の大麦若葉使用しています。

また、便利なスティック包装で手軽に飲め、青汁マイスター協会認定の商品です。

顧客満足度なんと93.1%もあります。

もっと詳しく「厳選青汁」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>厳選青汁で中性脂肪・血糖値のコントロールを始めてみませんか?

外食が多い方は、食べる順番で血糖値を制御する

どうしても外食の機会が避けられない方にに役立つ、摂取カロリーを減らす=血糖値を抑制する効果のある「食べ方」をご紹介します。

外食のなかでも栄養バランスに優れている幕の内弁当を例にあげました。

おしんこをいちばんに食べるのは、空腹で腸の吸収がよいときに、いま話題の植物性乳酸菌をとるためです。

次に、体内の化学反応を促進する酵素や、ビタミンCがとれる生野菜のサラダ、さらにβ‐カロチンや食物繊維がとれる野菜料理とつづきます。

最後に高カロリーだけれど、体をつくるのにたいせつなタンパク質がとれる、肉や魚などを食べます。

これは吸収を遅らせて、血糖値を急上昇させないためです。

糖質であるごはんは可能な限り残したいものですが、どうしても食べたいときは、いちばん最後に食べて少量ですむようにします。

また、一ロ30回噛んでから食べましょう。

満腹感が得られるので食べすぎを防止する、消化を助けるなどメリットがあるからです。



機能性表示食品で「血糖値を抑える」成分が含まれています。
糖や脂肪の多い食事を摂りがちな方で、ついつい食べ過ぎてしまう・・・、栄養が偏ってしまう・・・、脂っこいものが好き・・・、飲み会や外食が多い・・・こんな生活習慣の方にオススメの商品です。 もっと詳しく知りたい方は…





このページの先頭へ