<目次>

・子供にオススメの間食はコレだった!

・インスタント食品の買い置きが子供の間食の悪影響に!

子供にオススメの間食はコレだった!

肥満を防ぐには、まず間食をやめるようにしなくてはいけません。

しかし、幼児から小学校低学年のこどもたちは例外です。

小さな年齢のこどもたちはまだ胃が小さいので、1回の食事で適量を食べることができません。


そのため、体の成長に必要な栄養量をまかなうには、3度の食事に加えて、1回程度の間食が必要なのです。

間食を与えるときに気をつけなければならないのは、その内容と量。

たとえば、袋菓子の代表ともいえるポテトチップスは、1袋(90g)で約500KCalもあります。

ごはんに換算すれば、茶碗に約3膳分になります。

菓子パンは1個250KCal程度で、ごはん1.5膳分、アイスクリーム1個は150KCal程度でごはん約1膳分。

このように考えると、普段なにげなく間食に食べているものが、いかに高エネルギーであるかがわかります。


ですから、小さなこどもの間食には、バナナやみかんなどの果物がよいのです。

バナナ1本、みかん2個は約80KCalしかありませんし、ビタミンやミネラル、食物繊維など体に必要な栄養を摂ることもできます。


小学校高学年以上になってくると、基本的に間食は不要になります。

とはいっても、夕食までにおなかがすいてがまんができないということもあるでしょう。


そのようなときは、フランスパンなどの硬めのパンを食べることをおすすめします。

材料は小麦粉と少量の塩、水ですから、エネルギー量、脂質、糖質ともに少なめです。

しかも、かみごたえがあるので、食べ過ぎを防げます。

食べるときには、バターやジャムなどはぬらないように注意してください。

最初は味気なく感じられますが、慣れてくればパンそのもののおいしさがわかるようになってきます。

そのままではパサパサしてどうしても食べにくいという場合は、バターの代わりに少量のオリーブ油をつけましょう。

「食パンなどでもいいの?」と聞かれることがありますが、食パンの多くはバターや砂糖を使用しています。

ロールパンヤクロワッサンも同じです。

とくに甘い菓子パン類は、驚くほどの砂糖とバターでできているので、間食として食べているとかえって肥満を促進しますから、注意が必要です。


では、フランスパン以外には、何かいい間食の食品はないでしょうか??

オススメなのがダイエット食品です。

ダイエット食品といっても、いろいろありますが、一番いいのがスムージーです。

スムージーは、野菜や果物をメインにつくられていますので、食物繊維が豊富で、ダイエット食品ですから、満腹感も得られます。

子供が飲めて、人気のスムージーといえば「ミネラル酵素グリーンスムージー」です。

「ミネラル酵素グリーンスムージー」は、日本、シンガポール、アメリカ、フランスの4カ国でランキング1位を獲得しているスーパーグリーンスムージーです。

また、ミネラル酵素グリーンスムージーには約200種類の野菜・フルーツ、ミネラル、酵素が含まれています。

お味も、アセロラやマンゴー、ピーチ、ラ・フランス、アマゾンフルーツ、はちみつレモン、豆乳抹茶、など数種類のテイストから選ぶことができるのです。

学校帰りの間食や、塾から帰宅後の夜食前、朝食のかわりにも最適です。

もっと詳しく「ミネラル酵素グリーンスムージー」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 腹持ちがよく、子どもが飲めるミネラル酵素グリーンスムージー!間食にどうぞ!! >>

インスタント食品の買い置きが子供の間食の悪影響に!

スーパーマーケットや食料品店で、力-トにカップめんやインスタントのカレー、冷凍のピサなどをいっぱいに詰め込んでいる人をしばしば見かけます。

きっと、買い置きをしているのでしょう。

インスタント食品は、たしかに便利です。

買い物に行けないときや食事をつくる時間がないとき、急におなかがすいたときなどに、いつでもすぐに食べることができます。

しかし、その「いつでもすぐに食べられる」というのが、肥満にとっては大問題です。

少しおなかがすいたとき、家の中になにも食べるものがなければ次の食事までがまんするのが普通ですが、インスタント食品の買い置きがあれば、がまんできずについ食べてしまうでしょう。

お湯を注いだり、電子レンジで温めたりするだけでよいのですから、こどもでも調理することができます。

インスタント食品を間食代わりに食べることは、エネルギー量の摂リすぎにつながり、ひいては肥満の原因になります。

では、「食事代わりに利用するのならいいのではないか」という気もしますが、こうした食品はエネルギー量や脂質、塩分が多いばかりでビタミンや食物繊維などはほとんど摂取できず、栄養が偏ってしまいます。

また、インスタント食品には食膳がやわらかく、よくかまなくても食べられるものが多いため、1食分では十分な満足感が得られないことも多いものです。

そのため、食後に甘いものがほしくなったり、もう1個別のインスタント食品をあけてしまったりします。

また、幼児のいる家庭では、とくに注意が必要です。

食習慣の基礎となる部分は幼児期に形成されるので、小さいうちにインスタント食品の味に慣れ親しんでしまうと、大きくなってもそうした味を好むようになります。

肥満をしたり病気になってから、薄味の健康的な食事に切り替えようとしても、そうした味をおいしいと思えないので、本人は大変な苦労をするでしょう。

ですから、肥満を防ぐには、インスタント食品の買い置きはしないことです。

大袋に入ったお菓子や清涼飲料水なども同様です。

手近にあれば食べてしまいますから、肥満につながるような食品は身のまわりに置かないようにしましょう。

慣れるまでは不便に感じるかもしれませんが、「いつでもすぐに食べられる」ものが身近にないほうがあたリ前なのです。

おなかがすいたなら、昔のこどもたちのように、じゃがいもなどをふかして食べるのがいちばんよいのです。

 


間食には、子供でも安心して飲めるスムージーがオススメ!

 

楽天・Amazon・YAHOOでランキング1位を取得した、ミネラル酵素スムージー。毎日飲んでも飽きないよう、フレーバーを豊富に取り揃えております。10秒シェイクで簡単に完成!





ミネラル酵素グリーンスムージー

公式サイトでは、どこよりも安く購入できる!1袋定期コースを用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ