細胞にあるミトコンドリアがアンチエイジングに深く関係している

ミトコンドリアは活性酸素を大量に出します。

細胞を酸化する活性酸素は「老化の原因」とも言われ、アンチエイジングの大敵とされています。

もともとミトコンドリアはATPを作るときに副産物として活性酸素を出します。

若くて元気なミトコンドリアは、利用した酸素のうち1%程度が活性酸素になりますが、老朽化したミトコンドリアは5%くらい活性酸素になってしまうのです


ミトコンドリアの質と量を劣化させると、より多くの活性酸素が増え、老化原因のもととなります。

質と量を劣化させないためには、「運動〕や「食事制限」がポイントとなります。

カロリー制限と運動でミトコンドリアは増える

カロリー制限でミトコンドリアの再生がうながされます。

実際、カロリーを25%減らした食事を6ヵ月間続けると、筋肉中のミトコンドリアが増えることが確認されています。

一方、運動するとATPが消費されます。

ATPを新たに作る必要が出てきてAMPKが働き、ミトコンドリアの新陳代謝が盛んになるのです。

ジョギングやウォーキングといった有酸素運動をすると、酸素の消費が多くなり、一時的に活性酸素も増えますが、ミトコンドリアの質が良くなることで、結果的に活性酸素の排出量が大幅に減るのです。

脂肪を燃やす有酸素運動に加えて、筋力トレーニングで筋肉量を増やすことも大切です。

筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、じっとしているときに消費するカロリーが多くなります。

ミトコンドリアの新陳代謝を良くするには「30~45分程度の有酸素運動が有効です。

いったんAMPKが活性化すると36時間ほど効果が続きます。

そこから考えると2日に1回、つまり週3回のペースで運動すれば理想的にミトコンドリアは増えるのです。

年を取るとミトコンドリアの質が悪くなりすが、運動によって劣化は抑えられます。

「カロリー制限と運動」といえばダイエットの王道ですが、やせて健康になるだけではなかったのです。

ミトコンドリアの質と量を保って、老化を抑えることにも直結していたのです。

また、運動や食事制限が苦手な方は、ミトコンドリアを活性させるサプリメントの活用をオススメします。

 


若い体を目指すなら…

 

ミトコンドリアは、人の細胞に存在する小器官。生殖細胞の活動にかかせないエネルギーを生み出します。





アンチノビン公式サイトでは、お試し2週間分を用意しています。
 詳しくはこちら>>

若い体を目指すなら!

ミトコンドリアを活性させるサプリメントでオススメなのが「アンチノビン」です。

「アンチノビン」は、リウマチや痛風、関節痛の方のためのサプリメントですが、東京医科大学教授の中島利博博士が作った、約400万通り以上の成分組合せた中から発見した黄金比率の「アンチノビン」は、ミトコンドリアの活性と増殖に優れているサプリメントです。

また、「アンチノビン」は、体内のミトコンドリアを供給する、生殖細胞の活発な分裂・増加を促すミトアップハーバルエキスを配合。

ミトアップハーバルエキスは、体内のミトコンドリアに直接働きかけることができる唯一の成分です。

安全性の高い高規格・高精製の成分であり、あえて処方を必要とせず容易に摂取可能なサプリメント成分なのです。


「アンチノビン」利用した人の喜びの声

(51代 女性)
・寝る前に飲むだけで簡単!

1カ月ほどの期間でしたが、毎朝感じていた手指の痛みや腫れが、ほとんど感じない日が多かったです。夜寝る前に飲むだけで簡単のも良かったです。

(42代 女性)
・関節性皮膚炎も良くなりました。

飲み始めてから手首や肩の関節の痛みが軽減しました。飲み終わった今は、関節性皮膚炎もすっかり良くなりました。

(50代 女性)
・体にパワーがみなぎるように!

手首にこわばりが随分緩和されてこわばりが気にならないくらいになりました。また、体が元気になった感じで、パワーがみなぎる様になり、やる気が不足していたので本当によかったです。

もっと詳しく「アンチノビン」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>若い体を目指すならミトコンドリアの活性が大切です。





このページの先頭へ