<目次>
・脳の活性化と発達を高める栄養素とは?

・良質なタンパク質が体と脳を成長させる

・甘いものが脳にいいという説は間違い

脳の活性化と発達を高める栄養素とは?

■ビタミンB群(脳の発達をうながす)
【おすすめの食べ物】
牛・豚・鶏レバー、うなぎ、かつお、まくろ、さんま

■EPA(脳の機能を高める)
【おすすめの食べ物】
さんま、いわし、はまち、ぶり、うなぎ、まくろ

■DHA(脳の機能を高める)
【おすすめの食べ物】
さんま、まくろ、うなぎ、いわし、あじ、鮭


ビタミンB1が子どもの脳に与える効果

【記憶力】
B1なし:100
B1摂取:175

【反応の早さ】
B1なし:100
B1摂取:120

【知能の発達】
B1なし:100
B1摂取:215

【物事に対する興味・関心度】
B1なし:100
B1摂取:530

※ビタミンBIを摂取した子どものほうが、あらゆる面で数値が高い。


レバー・肉・青魚で学習能力アップ!

脳を働かせるために欠かせない栄養素がビタミンB群だ。

おもに肉類や魚介類に含まれ、全8種類あるが、食材を変えてまんべんなくとること。

ビタミンB群は神経細胞を活性化させる働きがあるため、不足するとだるさや無気力な状態を引き起こす。

青魚に含まれるEPA、DHAといったオメガ3系といわれる脂質(魚油)も脳を活性化させる。

旬の魚を食卓にのせよう。

鉄分も重要な栄養素だ。

鉄には植物性の非ヘム鉄と動物性のヘム鉄があるが、体への吸収率がいいのはヘム鉄。

ほうれん草などに含まれる非ヘム鉄はたんぱく質と一緒に調理すると吸収率が上がる。

しかし、手間暇かけて料理するのも大変な事です。


そこでオススメなのが、学習アップに必要な栄養素をぎゅ~っと濃縮した「Dr.Dekisugi」です。

DHA・EPA:500㎎、ホスファチジルセリン:200㎎、GABA:30㎎が配合されていて、2016年モンドセレクション金賞を受賞。

さらに、安心の60日全額返金保証まで実施しています。

驚異のリピート率(97.4%)も選ばれる理由。

もっと詳しく「Dr.Dekisugi」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>学習アップの秘密はコレだった!!97.4%の驚異のリピート率

良質なタンパク質が体と脳を活性化する


肉・魚・卵のうちひとつは毎食食べさせる

砂糖や炭水化物を控えたうえで、体に必要な栄養を入れていくことが必要だ。

その中でもとくに重要な栄養素は、たんぱく質と画質だ。

「人間の体はおもにたんぱく質で構成されています。

脳は水分を除いた重量の60%が画質で、残りがたんぱく質やその他の物質で作られているのです。

大人でも油抜きやベジタリアンの生活は感心しませんが、成長期の子どもにとって、動物性たんぱく質と画質を食べさせないことは脳の成長を阻んでいるのと同じです」

動物性たんぱく質である肉・魚・卵のうち少なくともひとつは毎食補給し、乳製品や大豆製品は副菜や間食に活用しよう。

食材によって得られるたんぱく質の組成が違うため、ひとつの種類に偏らないことも大切。

必要な栄養量は子どもによって異なります。

たとえば、学校で授業に集中できないという子は、ほかの子がとる栄養量では足りていないことが原因かもしれません。

その場合、今よりも栄養たっぷりの食事を食べさせれば脳や体を思う存分働かせるようになって、いろいろな才能が開花する可能性もあります。

調理に使う油脂はオリーブ油、エゴマ油、亜麻仁油など自然な油を新鮮な状態で使うこと。

バターも適量ならOK。

トランス脂肪酸が含まれたマーガリン、ショートニング、ファストフード食品は大人でも健康を損なうおそれがあるため、避けること。

 

学習に必須の栄養素をバランスよく凝縮!

 
DHA・EPA500mg、ホスファチジルセリン200mg、GABA30mgの3大成分を贅沢に配合!子供向けサプリメントの中でも抜群かつ最適な配合量を実現!





Dr.Dekisugi
公式サイトでは、毎月100名様限定 50%OFF!ず~っとお得な定期コースを用意しております。
 詳しくはこちら>>

甘いものが脳にいいという説は間違い


脳のエネルギー源は糖質だけではない

低血糖症を防ぐためには、血糖値を上げる砂糖、白米、精製小麦といった食べ物を控えることがいちばんだ。

ごく簡単にいえば、主食を控えめにし、肉、魚、卵、野菜をまんべんなく使ったおかずをたくさん食べさせるということ。

食事はすべて手作りのものが理想ですが、忙しいお母さんなら、ある程度市販品に頼ることも仕方ありません。

タレやドレッシングを買うときは、パッケージの成分表示を確認してください。

糖質あるいは炭水化物と書かれた項目があります。

この数値ができれば1食あたり10g以下、多くても20g以下のものを選んでください。

また、清涼飲料水には砂糖がたっぷり入っています。

飲み物は無糖・ノンカフェインの麦茶やハしフティー、お水にしましょう」

脳を動かすエネルギーはブドウ糖だから、せいものを食べさせたほうが勉強がはかどると思っている人は多いのではないか。

しかし、これは間違い。

脳の主要なエネルギー源はブドウ糖だけではなく、「ケトン体」(脂肪の分解産物)という物質も利用している。

甘いものを食べると落ちつくというのは、血糖値が急激に上がったことによる脳の錯覚だ。

高学年になると友だち同士でお菓子を買い食いすることもあるでしょう。

子ども同士の世界は尊重し、それまで禁止することはありません。

ただ、家では市販のお菓子は置かないようにしましょう。

小さいうちから砂糖を食べない生活をしていると、自然と甘いものを欲しがらないようになります。




一度購入された方からのリピート率は97.4%と驚異的
集中力を上げ、記憶力を上げるサプリメントとして、お子さんをお持ちのお母さんから大好評のサプリメントです! もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ