脂肪をためない秘訣ってありますか?

脂肪を落とす秘訣は、食事や運動や筋トレです!

また、脂肪をためないポイントとして、食事を摂る時間に気をつけることも大切です。

このサイトでは、脂肪をためない方法について解説していきます。




脂肪をためない秘訣は午前6~7時の朝食

細胞内の遺伝子と結びついている「ビーマルワン」は、脂肪蓄積の司令塔です。

このたんぱく質は昼間に減少し、夜間に増加。

ビーマルワンの活動が活発な深夜に食べると、太る原因になりやすいのです。

そのビーマルワンの減少は、太陽の光と密接に関係していることがわかっています。

朝日を浴びると、ビーマルワンが減っていくのです。

逆に、朝日の刺激なしに生活していると、ビーマルワンが増えたままになる可能性もあるそうです。

このビーマルワンの増減リズムは、「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンに似ています。

脳の松果体から分泌されるメラトニンは、朝日を浴びると分泌が止まります。

そして、その後15時間前後で再び分泌が増え、深部体温を下げて眠りやすい状態を作ります。

太りやすい夜型の習慣を改めるには、朝が肝心だということです。


できれば午前6~7時ぐらいに起きて、朝食を摂ると、脳にも内臓にも朝を告げる合図になります。

とくに温かいお茶などを摂ると、代謝が活発になるのでお勧めですよ。

メタボの改善には、「メタボメ茶」をオススメします。

朝食の前の珈琲の代わりに「メタボメ茶」を飲むだけで、驚きの効果が期待できます。

もっと詳しく「メタボメ茶」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>中年太りから脱出したいなら!毎朝1杯の「メタボメ茶」で…

 


メタボ茶で健康的な毎日を手に入れる

 

メタボメ茶は、お茶で有名な静岡にて化粧品やダイエット食品、健康食品等を扱うティーライフという会社が味や何十種類もの素材を厳選してとことんこだわって作り出した、謂わばお茶のプロが作ったダイエット茶です。




メタボメ茶
公式サイトでは、WEB限定、500円モニターを募集しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ