髪をつくる細胞や、頭皮の細胞へのダメージ防止には、活性酸素やフリーフジカルの除去に役立つ、抗酸化物質が有効です。

また抗酸化物質は、頭皮の毛根に溜まった皮脂が酸化して過酸化脂質になり、髪の成長に悪影響を与えることも防ぎます。

このサイトでは、頭皮のダメージケアについて解説していきます。


<目次>

・頭皮のダメージケアには抗酸化力を高める野菜が重要だった!

・頭皮のダメージケアの黄金レシピ




頭皮のダメージケアには抗酸化力を高める野菜が重要だった!


抗酸化力を高める野菜

トマト

成分:リコピン
強い抗酸化力をもつ赤の色素です。脂溶性。トマトに多く含まれ、赤く熟したものほど成分を多く含み、水煮缶はさらに成分が凝縮していておすすめです。


にんじん

成分:β‐カロテン
緑黄色野菜に多い、抗酸化力のある根色の色素。脂溶性。摂りすぎによる過剰症の恐れは少ないものです。にんじん、かぼちや、春菊に特に多く含まれます。


赤パプリカ

成分:カプサンチン
赤パプリカや唐辛子などに多く含まれる赤い色素で、リコピンと同程度の強い抗酸化力があるとされます。熱に強い脂溶性です。


野菜以外で抗酸化力を高める食品

イクラ

成分:アスタキサンチン
赤い魚介に多い色素で、とても強い抗酸化力が。熱に強い脂溶性。サプリメントでの補給もおすすめ。イクラ、紅鮭、エビの殼などに多く含圭れます。


抹茶

成分:カテキン
緑茶に多い、抗酸化力の強い成分。抹茶は緑茶の粉末なので、カテキンが一度に効果的に摂れます。抹茶、緑茶のほか、カカオなどにも含まれます。


昆布

成分:フコキサンチン
昆布のような海藻類などの茶色の色素で、強い抗酸化力があります。糖尿病予防にも注目されています。昆布、わかめ、もずくなどに多く含まれます。

頭皮の健康を保つには、抗菌化力の高い野菜や、食材をだべるのが望ましいのですが、食生活に時間がとれない方や、簡単に抗菌化力を高める成分を摂取したい方は、抗菌化力を高めるサプリメントがオススメです。

抗菌化力を高めるサプリメントといえば、、強い抗酸化物質があるコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10配合のサプリメントでオススメなのが「ステラの贅沢CoQ10」。

「ステラの贅沢CoQ10」は、コエンザイムQ10の1日の摂取目安量100mgが配合されており、コエンザイムQ10と相性がいいクリルオイルや、40種類の栄養の宝庫ローヤルゼリーも配合されております。

もっと詳しく「ステラの贅沢CoQ10」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>ステラの贅沢CoQ10で、さあ、頭皮の健康を保ちませんか? >>

頭皮のダメージケアの黄金レシピ

酸化させない赤い食材をぎゅっと凝縮した煮込み料理

アスタキサンチンが豊富な紅鮭を主役に、トマトの水煮、にんじん、赤パルリカなど代表的な抗菌化食材をふんだんにに入れた強力な一品です。

加熱に強い材料だから成分を凝縮した煮込みにいいです。

チリコンカン風の味わいでご飯にもパンにも好相性です


紅鮭と黒豆のトマト煮込み

【材料】
・紅鮭(甘塩)……3切れ
・にんにく…………1片
・玉ねぎ……………1個
・にんじん…………1/2本
・セロリ……………1/2本
・赤パプリカ………1個
・黒豆(水煮)……カップ1と1/2
・オリーブオイル…大さじ1

(A)
トマト水煮…………1缶
固形コンソメの素…1個
しょうゆ……………大さじ2
塩……………………小さじ1/2
ハチミツ……………大さじ1
赤ワイン……………カップ1
チリパウダー………小さじ1
パプリカパウダー…大さじ3
黒こしょう…………小さじ1/2

【作り方】
①紅鮭は皮と骨を除き角切りにする。
②にんにく、玉ねぎはみじん切り、にんじん、セロリ、赤パプリカは粗みじんに切る。
③鍋にオリーブオイルを熱し、②を加えて炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、①、黒豆を加えてさらに炒め、鮭の色が変わったら(A)を加えて、焦げないように途中でかき混ぜながら、汁気がなくなるまで中火で約20分~30分煮込む。冷めたら保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。

 


頭皮の健康を保るなら「コエンザイムQ10」

 

年齢が進むにつれて、コエンザイムQ10が減少するため、しっかり補給することが大切です。頭皮の状態、抜け毛が気になりだした方に。ステラの贅沢CoQ10は、吸収しやすい還元型コエンザイムQ10を100mg高配合したサプリメントです。




ステラの贅沢CoQ10
公式サイトでは、約63%OFFの「まずは一袋コース」を用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ