男性の尿もれ対策は、「ミルキング」と「骨盤底筋体操」大まかにふたつある。

尿もれに悩む男性49人(36~83歳)に3ヵ月間ミルキングか骨盤底筋体操を続けてもらったところ、どちら も症状が改善したことが確認されてい。

このサイトでは、男性の尿漏れ対策について解説していきます。


<目次>

・医者がやっている!男性の尿もれ対策とは?

・みんなひそかに悩んでいる、40代から増える「男性の尿もれ」




医者がやっている!男性の尿もれ対策とは?

尿もれ対策は、大まかにふたつある。

「ミルキング」と「骨盤底筋体操」だ。

それぞれ、詳しく説明しよう。

ミルキングとは、「牛の乳をしぼる」ように尿をしぼり出すこと。

用を足した後、ほとんどの男性諸氏はペニスを振って水気を切る。

指でペニスをしごく人も多いが、これらはミルキングとは違うので注意してほしい。

尿が残っているのは奥の球部尿造なので、ペニスを振ったり、しごいても出てこない。

しごくのは本体ではなく、もっと奥の部分だ。

具体的には「陰のうより後ろの会陰部(図1)」に指を当て、陰のうからペニス根元までを大きくこする。

トイレから出た後、むぞうさにイスに座ると尿もれが起きやすいのは、この会陰部が押されるため。

言われてみれば「なるほど」だ。

ミルキングは立ったままでも可能だが、人目が気になる場合は個室に人って行えばいい。

次に骨盤底筋体操だ。これは女性の尿漏れ対策にもよく使われるトレーニング。

筋肉の衰えが原因なら、鍛えればいいというシンプルな理屈だ。骨盤の底、会陰部の周囲には多くの筋肉があるが、肛門に力を入れると全体が収縮する。問題の球海綿棒筋も例外ではない。

3秒間、肛門を閉める。20回続けて1セット。これを毎日3~4セット続ける。

一見どうってことなさそうだが、実際やってみると意外とキツく、長く続けるには意志力がいる。

あと、尿漏れ対策として、サプリメントの服用も有効。

尿漏れ対策としてオススメなのが、ノコギリヤシが配合された「やわたのノコギリヤシ」です。

「やわたのノコギリヤシ」は、酸化による劣化がおこりにくく、また低温のため、熱に弱い成分の抽出も可能にした「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用。

これによってノコギリヤシ果実の持つ力を存分に引き出し、より良い状態でカプセルに入れることができるのです。

もっと詳しく「やわたのノコギリヤシ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>テレビCMでおなじみの『やわたノコギリヤシ』 >>

みんなひそかに悩んでいる、40代から増える「男性の尿もれ」

駅のトイレであわてて用を足し、ホッとしてジッパーを上げた直後。

居酒屋のトイレで用をすませ、ドスンと席に戻った瞬間。

ジワッと股間に来るイヤ~な感触。

いや、量はたいしたことない。

放っておけばすぐに乾く程度だ。

しかし、不快感もさることながら、誰かに気付かれたらどうしよう。

覚えがあるでしょう、ご同輩? ないとは言わせない。

頻度はともかく、「オシッコ後のちょい漏れ」は男であれば年齢を問わず起こることだ。

若者でもピチピチのズボンをはいていると起こしやすいが、40代後半から増えてくる。

2013年に152人の男性を対象に花王が行った調査によると、「ちょい漏れ」が気になる人は30代で18%、40代で21%、50代で32%、60代で34%、70代で36%となっていた。

50歳を超えれば3割以上! みんな、口に出さないだけなのだ。

年を取ると増える原因は「球海綿体筋」の衰え

これは膀胱にたまった尿が出てくる失禁とは異なる。

排尿後、尿道の奥に残っていた尿が出てくる現象。

女性の尿道は3センチメートルくらいしかないので起こらない。

病気ではないが、男性特有のわずらわしい症状る。

医学的には「排尿後屈滴下」、英語ではPMDと呼ぶらしい。

尿道の中でも尿がたまりやすいのは、ちょうど陰のう(袋)の真上に当たる「球部尿道」という部分。

海綿棒(ペニス)との境目で、ほかの部分に比べて太くなっている。

ズボンがきついと、放尿時にペニスの根元が持ち上がりやすい。

そのため球部尿道に尿が残り、若者でも「ちょい漏れ」を起こしてしまうわけだ。

まずはペニスを圧迫せず、のびのびと放尿することを心がけよう。

では、なぜ40代後半から増えるのか?

大方の予想通り、答えは老化現象らしい。

球部尿道の周りには球海綿棒筋という筋肉があり、ここが収縮することで球部尿道にたまった尿がしぼり出され、勢いよく射精もできる。

尿もれの最大の原因は、年を取って、この球海綿棒筋の力が弱くなることだ。

 

テレビCMでおなじみの『やわたノコギリヤシ』

 
やわたが採用しているのが「超臨界二酸化炭素抽出法」。酸化による劣化がおこりにくく、また低温のため、熱に弱い成分の抽出も可能にしました。これによってノコギリヤシ果実の持つ力を存分に引き出し、より良い状態でカプセルに入れることができるのです。




やわたの「ノコギリヤシ」
公式サイトでは、お得ならくらく定期便を用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ