粉末のオリゴ糖で便秘が解消

甘いシロップ状のものにはオリゴ糖が30%くらいしか入ってないことがあるらしいです。

なので、粉末のほぼ100%オリゴ糖を毎日とるようにしたら、3週間くらいで連日バナナ状のウンチが出るようになりました。


早い人は2~3日で効果があるそうです。

急いで出したいときに、センナ便秘薬などの刺激を与えて排便するのは腸によくないので、「カイテキオリゴ」をおすすめします。

これはクセにならずに腹痛もほとんどなく出すことができるので、とにかく出したい!というときにおすすめです。

 


日本一売れているオリゴ糖を試してみませんか?

 

白い粉末状で味にくせがなく、ほんのりと甘い感じがします。そのまま食べることもできますし、飲み物に混ぜたり、 お料理に混ぜたりなど、手軽に日常習慣の中で高純度・高品質のオリゴ糖を摂取することができるのが特徴です。




カイテキオリゴ
公式サイトでは、お得な定期便を用意しております。
 詳しくはこちら>>

オリゴ糖は、食べ物からの健康効果は期待できない

オリゴ糖というのは、糖質のもっとも小さい単位である単糖類が、2~20個結びついたものの総称で、「オリゴ」というのは、「少ない」という意味です。

オリゴ糖には、ほとんど消化吸収されないまま大腸まで到着するタイプのものがあり、近年、こうした難消化性のオリゴ糖の健康機能が注目されています。


オリゴ糖は、野菜や果物、牛乳に少量含まれていますが、「少ない」という意味を待つ物質だけに、食べものからは健康効果を期待できるほどの量をとることはできません。

オリゴ糖を補給するなら、サプリメントがオススメです。

特に粉末タイプがオススメで、粉末だと砂糖に代わる低エネルギーの甘味料として幅広く利用できます。

砂糖に比べれば甘味は弱いのですが、血糖値や中性脂肪値を上昇させにくくする効果があり、糖尿病患者の治療食としても活用できます。

また、虫歯の発症を抑える作用もあり、いろいろな加工食品への利用が拡がっています。


オリゴ糖の粉末でオススメなのが「カイテキオリゴ」です。

「カイテキオリゴ」は、独自の“EOS理論”に基づいて配合された自然由来のオリゴ糖食品です。

「オリゴ糖」と一言で言ってもたくさんの種類があります。

大抵の場合、「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方もおられると思いますが あれは甘味料としての物であり、それには、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていません。

『カイテキオリゴ』は、独自のEOS理論に基づき、北海道産のてん菜、牛乳といった全て自然由来の素材から抽出した高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖食品です。

もっと詳しく「カイテキオリゴについて知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>白い粉末状で味にくせがなく、ほんのりと甘いオリゴ糖サプリです。

オリゴ糖は、ビフィズス菌のエサになる

オリゴ糖は、善玉の腸内細菌であるビフィズス菌を増殖させる働きがあります。

善玉菌が増える過程で酢酸などの有機酸がつくられ、腸内が酸性に傾きます。

酸性の環境は、ウェルシュ菌などの悪玉菌にとってはセイソクしにくい環境です。

オリゴ糖は、自らを善玉菌のエサにすることで腸内環境を改善していきます。

腸内環境が改善されると、ぜん動運動も活発になり、便秘の改善や予防にも有効です。

便とともに老廃物が排出され、血液がきれいになるので美肌効果もあります。

ただし、多量に摂取すると腹痛や下痢を引き起こすため、注意が必要です。

また、オリゴ糖と黒酢を組み合わせると、とても優れた健康飲料になります。

黒酢はクエン酸を豊富に含んでいて疲労回復の効果がありますし、オリゴ糖はまろやかな甘みをプラスしながら腸内の環境を整えてくれます。

ただし、先程も多量に摂取は良くないと言いましたが、飲みすぎは禁物です。

難消化性のオリゴ糖を多量に飲むと、腹痛や下痢が起こりやすくなります。




日本一売れているオリゴ糖を試してみませんか?
白い粉末状で味にくせがなく、ほんのりと甘い感じがします。そのまま食べることもできますし、飲み物に混ぜたり、 お料理に混ぜたりなど、手軽に日常習慣の中で高純度・高品質のオリゴ糖を摂取することができるのが特徴です。 もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ