ファイトケミカルの主な食材と効能

【リコピン】
トマト、すいかなど
・抗酸化作用があり、心臓病やがんを予防する。

【アントシアニン】
いちご、ぶどうなど
・抗酸化作用があり、動脈硬化を予防する。

【カロテン】
にんじん、かぼちやなど
・抗酸化作用があり、がんを予防する。

【ルテイン】
ほうれん草、とうもろこしなど
・抗酸化作用がある。眼病予防に効果がある。

【スルフォラファン】
ブロッコリー、キャベツなど
・抗酸化作用、解毒作用がある。

【アリシン】
にんにく、玉ねぎなど
・血管の健康を保つ働きがある。

【カプサイシン】
唐辛子
・辛みの成分で、代謝を高め脂肪の分解を早める。

【ジンゲロール】
しようが
・抗アレルギー作用、抗炎症作用がある。

 


ファイトケミカルが簡単に摂れる野菜ジュース

 

16種類もの国産野菜を100%の野菜ジュース。伊藤園がこだわりにこだわって50年探し求めたにんじん「朱衣」はなんと、一般のにんじんの約1.5倍!砂糖・食塩・香料はもちろん使用していません。




野菜ジュース「純国産野菜」
公式サイトでは、お得な!毎月お届けコースを用意しています。
 詳しくはこちら>>

ファイトケミカルを上手に摂るためには

ファイトケミカルを野菜や果物から効率良く摂るために、知っておきたいポイントが3つあります。

第一に、句の野菜や果物を積極的に食べるということ。

ファイトケミカルに限らず、野菜や果物の栄養は句の時期がもっとも高くなっています。

第二に、農薬が少ない有機栽培の野菜を選び、できるだけまるごといただくこと。

ファイトケミカルは皮の近くや菜などに多く含まれています。

第二に、野値は生食よりも加熱してたくさん食べること。

加熱するとビタミンCなどは減少してしまいますが、ありかたいことにファイトケミカルは壊れません。

スープなどの汁物なら、ビタミンなど溶け出したほかの栄養分も一緒に摂れるので、特におすすめです。

そして、ファイトケミカルも、ほかの栄養素と同様、いろいろな種類を幅広く摂ることで相乗効果を発揮して免疫力をアップします。

その点からも、幅広い野菜を毎日たくさん食べることが何より大切です。

しかし、幅広い野菜を毎日摂るのは大変です。

そこでオススメなのが「野菜ジュース 純国産野菜」です。

「野菜ジュース 純国産野菜」は、16種類もの国産野菜を100%の野菜ジュースにしたものです。

伊藤園が10年の歳月をかけ、約50種類の中から選んだのは「朱衣」というにんじんは、通常のにんじんよりも色が濃く、また、美容と健康に良いβ-カロテンも通常の1.5倍、糖度は通常の1.1~1.3倍なんです。

本当に美味しくて栄養価があって、安心して飲んでいただける野菜飲料です。

もっと詳しく「野菜ジュース 純国産野菜」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>本当に美味しくて栄養価があって、安心して飲んでいただける野菜飲料です。

野菜ジュース「純国産野菜」購入者の喜びの声


野菜ジュース「純国産野菜」の公式サイトより

(東京都 70代 男性)
・日本の野菜ということで安心して飲んでいる。孫にも自信を持って勧められる。

(埼玉県 60代 女性)
・以前飲んでいたものとは比較にならないほどの昧の濃さ。これは効くなって思いました!その上、野菜ジュースでよくある野菜くささも抑えられていておいしくいただいております。毎日の健康づくりには欠かせないです。

(40代 女性)
・砂糖や香料が使われていないので、にんじん本来の甘みが楽しめて本当に美昧しいと思います。




ファイトケミカルが簡単に摂れる野菜ジュース
16種類もの国産野菜を100%の野菜ジュース。伊藤園がこだわりにこだわって50年探し求めたにんじん「朱衣」はなんと、一般のにんじんの約1.5倍!砂糖・食塩・香料はもちろん使用していません。 もっと詳しく知りたい方は…


野菜ジュース「純国産野菜」!よくある質問Q&A

Q.純国産野菜ではどのようなにんじんを使用していますか?

A.伊藤園専用にんじん「朱衣」を100%使用しております。純国産野菜は「朱衣」の甘み・コクが特徴で、いままでの野菜飲料とは違ったおいしさが楽しめます。

Q.原材料の濃縮にんじんとにんじんとの違いは何ですか?

A.濃縮にんじんはにんじん汁、にんじんはピューレ(すりつぶしたもの)です。
ヘタや皮を取り除くことによりにんじん特有の青臭みを取り除き、細かく砕くことで栄養成分が多く溶出するよう手間をかけてお客様に喜んでいただける製品づくりをしております。

Q.店頭で販売している野菜飲料との違いは何ですか?

A.純国産野菜は伊藤園専用にんじん「朱衣」を贅沢に使用し野菜本来の自然な甘みを出しながら栄養成分の多い野菜飲料をお客様に届けるための通販限定プレミアム野菜飲料です。

さまざまなファイトケミカルとそのはたらき

野菜や果物の色や香り、アクなどを構成する成分のファイトケミカル。

色素成分、辛み成分、芳香成分の大きく3つに分けることができます。

色素成分のうち、私たちになじみがあるものにβ‐カロテンがあります。β‐カロテンはビタミンAにも分類されますが、にんじんに多く含まれている黄色の成分で、ファイトケミカルの一種です。

また、最近よく耳にするポリフェノール類は青紫や黄色などの色素の成分で、なすに含まれているアントシアニンなどがあります。

抗酸化作用をはじめ、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧、アレルギー予防などに効果的です。

辛み成分で有名なのはカプサイシンでしょう。

唐辛子に含まれている成分で、代謝を高め脂肪の分解を早めるなどの効果があることが、よく知られています。

芳香成分にはジンゲロールやショウガオールなどがあります。その名の通りしようがに含まれている成分で、強力な抗アレルギー、抗炎症作用が認められています。

ファイトケミカルはもちろん果物にも含まれています。

たとえば、ぶどうにはポリフェノールに分類される色素成分の一つアントシアニンや最近注目のレスベラトロールなどが含まれていて、こちらも強い抗酸化作用やがん予防効果があります。

また、植物ではありませんが、さけやえびの赤い色素であるアスタキサンチンも強い抗酸化作用が認められているファイトケミカルです。

この通り、ファイトケミカルには実にさまざまな種類があり、一つの野菜や果物にはいくつもの異なるファイトケミカルが含まれています。





このページの先頭へ