メラトニンは、免疫力の働きを高める

不眠症でなくても、仕事が忙しくて徹夜が続くと、終わった後にどっと疲れが出て、風邪などの感染症にもかかりやすくなったりします。


実はこれ、疲れがたまったせいだけではなく、メラトニン不足も大きく関係しているのです。

メラトニンには、免疫系の中枢である胸腺の働きを強化する効果があります。


メラトニンは、トリプトファン→セロトニン→メラトニンという順番で合成されていきます。

 


免疫力を高める!メラトニン成分!!


話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。




マインドガードDX
公式サイトでは、お得な!お試しセットを特別価格にて販売しております。
 詳しくはこちら>>

メラトニンを強化し体を守る

私たちの体には免疫機能があるので、健康であれば風邪のウイルスが体内に人ってきても、たいていの場合は一晩も寝れば風邪ウイルスを撃退することができます。

外部からのウイルスを撃退してくれるのは、リンパ球のNK細胞、T細胞、B細胞です。

NK細胞は、ウイルスやがんの細胞を認識して撃退してくれる、人体における生体防御の隊長的な存在です。

T細胞は胸腺でできる免疫細胞で、ウイルスなどに感染した細胞を見つけて、細胞ごと排除する役割を持っています。

T細胞には3種類あり、それぞれ司令塔(ヘルパーT細胞)、殺し屋(キラーT細胞)、防御役(サプレッサーT細胞)の働きをします。

B細胞は、骨髄でつくられる免疫細胞で、外からの菌(抗原)に応じて抗体を産生し、抗原を攻撃、撃退する抗原抗体反応の役割を担っています。

これらの免疫細胞のおかげで、私たちは簡単に風邪に引いたり、がんになったりしないのです。

T細飽かつくられる胸腺は、思春期には30グラムくらいになりますが、大人では約15グラムと小さな組織です。

そしてさらに加齢と共に縮小していきます。


したがって、胸腺の機能が低下しはじめた50歳以降から、免疫能力が落ちてがんなどが増えはじめるのです。


メラトニンは、この胸腺の働きを強化します。

ですから、睡眠不足などにより、メラトニンの分泌が少なくなると、ウイルスと戦う細胞の攻撃能力が減退してくるのです。

T細胞は、免疫細胞のなかでも外敵に直接立ち向かう、実行部隊のようなものです。

このT細胞の働きが低下すると、私たちの体はさまざまな病気の危険にさらされることになります。


メラトニンを強化する睡眠は、私たちの体を守るためにも、とても大切なものなのです。

では、メラトニンはどうして摂取すればいいのでしょうか?

メラトニンの分泌を促進するためには、セロトニンをたくさん作り出すことが必要です。

セロトニンは、しっかりトリプトファンを摂取することで、体内に入って脳に運ばれたあと、セロトニンに変化します。

そして、夜になるとセロトニンはメラトニンに変わるのです。

トリプトファンは主に、食品のタンパク質に含まれていて、動物性タンパク質(肉類、魚介類)や炭水化物(米、パンなど)を摂ることで補給できます。


また、メラトニンの分泌を促進するセロトニン配合のサプリメントを活用するのもいいでしょう。

セロトニン配合のサプリメントでオススメなのが、「マインドガードDX」です。

「マインドガードDX」は、話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用し休息サポートサプリメントです。

妊娠中の方でも、ゴクゴクおいしく飲めると公式サイトで説明しています。

お風呂上りに飲むと、より効果的に睡眠をサポートしてくれます。

もっと詳しく「マインドガードDX」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースした、安心安全な休眠サポートサプリメントです。 >>





このページの先頭へ