スマホ老眼、若者に増加中

業界誌を発行する眼鏡光学出版が、眼鏡の利用者1万人を対象に実施したアンケート調査によると、老眼のような症状を訴える10代後半から24歳までの若者は2011年に0.2%だったのが、15年には2.6%に増えました。

25~34歳でも0.1から2・5%に増加しました。

スマホやパソコンの作業などで目を酷使することで、一時的にピントの調節機能が衰える老眼に似た症状を訴える「スマホ老眼」が、若者の間でも増えています。


老眼になると、カメラのレンズのような役割を果たす水晶体が硬くなります。

若者の場合は水晶体は柔らかいままで、その周りにある筋肉(毛様体筋)が凝り固まってしまい、水晶体の厚みを変えることでピントを合わせる調節機能が衰えてしますのです。

1990年代にパソコンが普及した時に、中高年層で眼精疲労とともに老眼が早まった人が増えたという症状に『スマホ老眼』はにています。

疲れ目が続くことで、一時的な症状にとどまらず、頭痛や肩こりにも発展しすます。


こじれると治りにくくなります。

不安な場合は、早めに医師の診断を受けることが望ましいですが、日頃の疲れ目に役立つ商品やサービスを利用するのもいいでしょう。

 


「あーもう目が疲れた!」そんな時に。

大切な目がこの先ずっと元気でいるために、デイリーケアとしてお使い頂きたいサプリメントです。




スマホえんきん
公式サイトでは、お試し2週間分を用意しています。
 詳しくはこちら>>


スマホ老眼向けに様々な種類の商品、サービス

スマホ老眼向けに様々な種類の商品、サービス

暮らしの中で目の疲れを和らげるサービスがあります。

ニコンのグループ会社ニコン・エシロールは、スマホを使用する際に使う眼鏡レンズ「シフトオン」を4月に発売されました。

「シフトオン」は、レンズの下部にピントを合わせやすくする特殊加工を施し、下を向いてスマホの小さい画面を見続けても、毛様体筋の負担を軽減するという商品です。

次に、ロート製薬の目薬「Vロートプレミアム」は、ピント調節機能が低下する「ピント疲れ」、「目の乾き」、デジタル機器から出ているブルーライトなどによる「デジタル疲れ」に有効な成分が12種類入っていいます。

また、ファンケルヘルスサイエンスの機能性表示食品「スマホえんきん」は、パソコンやスマホによる目の疲労感を緩和する、45歳以上をターゲットにした「えんきん」に続く、20~40代をターゲットにした商品です。

めがね販売大手「メガネスーパー」は全国の店舗内で目の疲れ具合を調べる検査を行っており、スマホの利用頻度・時間などを聞き取った後の検眼で、文字を見ることが出来る距離などを調べ、目の老化を予防するトレーニングについてのアドバイスを受けられサービスを実施しております。

2015年以降、毎月5000人以上が受けているとのことです。

さらに、松屋銀座マロニ大工通り館には今年3月、目専門のサロン「目の美容院」がオープンしました。

谷アイ・エクセレントコース」は、マッサージで目の疲れをやわらげるサービスです。

スマートフォンの普及による長時間の使用で、老眼のように一時的にピントが合いづらくなったり、目がかすみやすくなったりするケースが増えてきています。

日頃の疲れ目に役立つ商品やサービスも、これから徐々に増えくるでしょう

最近、目の症状が気になる方は、こじれて治りにくくなる前に、簡単にはじめられる、ロート製薬の目薬「Vロートプレミアム」や、ファンケル「スマホえんきん」を使用して、早めのケアをオススメします。

只今、ファンケルでは、「スマホえんきん」のお試し2週間のキャンペーンを実施しています。

もっと詳しく「スマホえんきん」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>スマホ労眼サプリメントが新登場しました。





このページの先頭へ