腰痛の緩和に作用する高麗人参

高麗人参は自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを調節する作用があり、交感神経の異常な興奮を抑える働きがあります。

それにより、筋肉の緊張を和らげ、症状を緩和することが考えられます。


また、高麗人参には血流を改善する作用があり、急性期を過ぎた患部を温めて回復を促進します。

日常生活の中でできうる予防策を講じつつ、毎日高麗人参を服用することで、気持ちまで重くしていた腰痛の辛さを少しでも軽くしましょう。

 


愛用者423万人が実感しています。


世界売り上げ10年連続No.1の高麗人参の販売を行っています。韓国を代表する企業で、世界約40ヵ国、に輸出し、8ヵ国に数十箇所の正官庄ブランドストアを展開。万能薬として知られている高麗人参は様々な体のサポートし、正官庄の高麗人参は健康成分が最も多い6年根を使用しています。




紅参タブレット公式サイトでは、初めての方のために特別プランを用意しています。
 詳しくはこちら>>

腰痛の原因は筋肉が緊張して血流が悪くなる

わが国で、腰痛に悩む人は約1200万人とも言われ、年代別では50~80歳で58%以上を占めています。

しかし、腰痛を予防することは、たとえば糖尿病などの生活習慣病やカゼなどを予防するのとは異なった難しさがあるのです。

腰痛には筋肉由来の緊張性腰痛と鈍い痛みを伴う慢性の腰痛とかあります。

緊張性腰痛とは長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられると、常に交感神経が優勢になり、筋肉が緊張します。

すると、壊れたバランスを調整しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生するのです。


ぎっくり腰は腰の筋肉が急激に緊張した時に起こる急性の痛みです。

腰痛の主な病名として、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、椎間関節症候群などがありますが、筋肉の緊張以外の原因としては、椎間板ヘルニアなど椎間板に由来するものや、変形性腰椎症のような骨の変形等により、神経を剌激して痛みが発生するものがあります。


腰痛の予防のために、日常的に心がけたいのは次のことです。

①重いものを持ち上げる時は、膝を析って腰を低くして背筋を伸ばし、体(脊椎)に近づけて持ち上げる
②お尻が沈み込む柔らかいベッドを避け、膝の下に座布団などを人れて下肢を曲げて眠る
③長時間のあぐらや下肢を伸ばして座る姿勢を避ける
④立ち仕事の時は片方の足を半歩前に出して、10~20cmの台に乗せる
⑤適度な運動

また、高麗人参の服用もオススメです。

高麗人参は自律神経のバランスを調整し、筋肉の緊張を和らげて、腰痛を緩和します

副作用の心配もなく、安心して摂政できます。

しかし、高麗人参といっても、いろんなメーカーから販売されています。

どれを買ったらいいのか、迷われる方がほとんどでしょう。

そこで、高品質の高麗人参のサプリメントを紹介しましょう。
<b
世界売り上げ10年連続No.1の高麗人参サプリメントの「紅参タブレット」がオススメです。

「紅参タブレット」は、韓国を代表する企業で、世界約40ヵ国、に輸出し、8ヵ国に数十箇所の正官庄ブランドストアを展開しています。

万能薬として知られている高麗人参は様々な体のサポートし、正官庄の高麗人参は健康成分が最も多い6年根を使用しています。

有効成分で特にサポニンは血流アップをはじめ、疲労回復、基礎代謝アップなどの体内のバランスを整えてくれます。

もっと詳しく「紅参タブレット」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

最近腰痛が悪化してきてと感じたら…お試しください。 >>





このページの先頭へ