片頭痛が起きたらコレをすればすぐに治る!

頭痛の中でも天気と関係するのは片頭痛。


内耳の気圧センサーが作勤し自律神経が乱れることが一因です。

片頭痛では、交感神経の興奮で収縮した血管がその反動で拡張します。

血管を取り巻く頭部の感覚神経である三叉神経が刺激を受けて痛み物質が放出され、血管の周りに炎症が発生します。

ヒスタミンなどの炎症物質により、さらに血管が拡張し、三叉神経への刺激が強まり片頭痛が悪化するのです。


低気圧で頭蓋に圧力がかかるのも一因です。

気圧が下がると血管が収縮しますが、血流量は変わらないため血管壁には圧力がかかり、頭蓋が圧迫されるのです。

痛みはできるだけ予防したいなら、まず、自分の頭痛が天気の影響を受けるタイプを確認することです。

頭痛があった日と天気を書き込む天気日記を書くのがお薦めです。

天気痛の頭痛なら予兆を感じたタイミングで酔い止め薬や頭痛薬を服用すると、痛みを抑えられます。

医者が低気圧で片頭痛が起きたら、ガムをかむと良いと言います。

「あごを動かしたり、つばを飲み込むことで頭蓋にかかっていた圧力が下がり、耳閉感が解消されます。

三叉神経の興奮も錆まり、ガムをかんでいる間は痛みが引きます。

また、額や首の後ろを冷やしても痛みが和らぎます。

やってはいけないのは、マッサージです。

マッサージは血管を広げるので逆効果なんです。

また、片頭痛になりにくい体作りも大切です。

片頭痛を改善する栄養素としてビタミンB類が挙げられます。

実は、片頭痛はどちらかと言うと肥満体質の人に多いと言われています。

これは体内の脂肪が酸化して過酸化脂質となり、それが頭部の血管の細胞を傷つけ炎症を起こすことによって片頭痛が発生するためです。

これに対しビタミンB2は、過酸化脂質の生成を抑制し、結果として片頭痛を予防する効果があります。

また、ビタミンB2やB6は自律神経の過剰な働きを抑える作用もあるため、自律神経の乱れによる偏頭痛を予防することも期待できます。

ビタミンB類を多く含む食材としては、レバーなどの内臓肉やマグロ、カツオなどの赤身魚、その他に豚肉、納豆、アボカド、牛乳などがあります。


また、サプリメントの活用もいいでしょう。

片頭痛を改善するサプリメントとしてオススメなのが「ズキラック」です。

「ズキラック」は、3種類の優良成分に3種類の漢方成分、さらに2種類の美容成分を配合した至高のサプリメントです。粒状だから飲みやすく、口に入れた瞬間のシナモンの香りでリラックス効果も実感できます。

突然やってくるあのガンガンズキズキ対策はもちろんのこと、女性に嬉しい美容成分も配合されています。

さらに今話題の大豆イソフラボンも配合!8種の成分で、対処法ではない薬に頼らない体作りをしっかりサポートします。

もっと詳しく「ズキラック」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

4種類のオリゴ糖が腸内環境をサポートしてくれます。 >>





このページの先頭へ