おナラの臭い原因は、ほとんどが食べ物だった

おナラに悩んでいる方は、思いのほか、多いようです。

困ったおナラには大きく分けて3つのタイプがあります。


まず1つ目が、音は大きいけれど、臭いはそこまでくさくないおナラ。

心当たりがある人も多いのではないのでしょうか。

これは、単純に「食物繊維のとりすぎ」と考えられます。

よく「焼き芋を食べるとおナラが出る」なんて言われることがありますが、このおナラは、音が大きいわりに、くさくないタイプなんです。


続いては、便秘ではないし、いつもスッキリ出ているのに臭いおナラが出る場合。

これはその理由の大半が食べ物にあります。

例えば、紋子を食べた翌日に、紋子に似た臭いのおナラが出るというのはこれに該当します。

このような、おナラに困っている人は、タマネギや、ニンニク、ニラなどの。臭い〃系の食べ物を避ければ、臭いは消えます。


そして、3つ目のケースが、腐敗臭に近い、耐えがたい臭いを放つおナラです。

便秘がちな人に多いのですが、この原因もまた、食生活にあります。

ある女性が、自分のおナラがあまりに臭いので、おナラが出そうになるたびに、トイレに駆け込んでいたそうです。

しかしその頻度が高いので、我慢をしていたら、おなかが痛くなって緊急搬送されたそうです。

お話を聞いてみると、ともかく彼女はお肉が好き。

でも、ダイエットをしているからと、炭水化物を抜いているということでした。

消化後の老廃物である「便」を排出するためには、食物繊維豊富な野菜だけでなく、食物繊維に近い役割を持つご飯も必要です。

そこで、常日頃の食事バランスを整えてもらいつつ、ビフィズス菌のサプリをとるようにアドバイスをしました。

すると、腐敗臭のような臭いが消え、おナラの心配がなくなったということでした。


また、食べる時間も重要なポイントです。

夜遅くに食事をすると、おなかの中で未消化の食べ物を常に抱えているため、下水のような腐った臭いになることもあります。

できることなら、常日頃の食事バランスを考えた食生活をするのが一番いいのですが、つい肉系を多く食べ過ぎているのなら、食後に、ビフィズス菌のサプリを摂るようにしましょう。

ビフィズス菌のサプリでオススメなのが、「おとなのオリゴ」です。

「おとなのオリゴ」は、1日1本でガラクトオリゴ糖が2.5g摂取できることをベースに、悪玉菌と戦うチカラを引き出すキチンオリゴ糖を含めて4種類のオリゴ糖を組み合わせています。

また、携帯にも便利なスティックタイプでいつでもどこでも手軽に続けられます。

もっと詳しく「おとなのオリゴ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

4種類のオリゴ糖が腸内環境をサポートしてくれます。 >>





このページの先頭へ