塩分の多い食材はどうすればいいか?

「塩分を減らしましょう」と言われたために、好きな濃い味付けの食べ物を我慢して、ストレスになっていませんか?

たしかに血圧を下げるには塩分を減らす必要がありますが、慣れない薄味のものを我慢して食べることで、ストレスを溜めるのはいけません。


ストレスも高血圧の原因だからです。

ストレスを溜めないためには、好きな食べ物を我慢するのではなく、食べる方法を工夫しましょう。

塩分の多い食品を食べる上手な方法は、いろいろあります。


ひとつは、量を減らすことです。

たとえ塩分が多い食材でも、少量なら塩分摂取は控えられるからです。

また、塩分の多い好物は、単品で食べるのではなく、調味料の代わりに使ってみましょう。

例えばベーコン、ソーセージ、ちくわ、はんぺん、明太子などを、サラダ、和え物、炒め物、チャーハン、スープなどに加えてみましょう。

塩や醤油を使わなくてもしっかりした味に仕上がり、それと同時に好きな食べ物を味わうことができます。

塩分はナトリウム量によって決まりますが、困ったことに、塩味を感じないのにナトリウムを含んでいる食品があります。

特に、海で獲れた魚介類は、体内に高濃度のナトリウムを含んでいます。

そうでないと生きていけない構造になっているため、塩辛い海水よりも海の魚のほうがナトリウムの割合が多いのです。


ですから、海の魚には食塩や醤油を使い過ぎないように注意してください。

特に、その加工品の表示には注意しましょう。

同じ魚介類でも、川の魚は海のものほどにはナトリウムを含みません。

肉や卵などもナトリウムを含んでいますが、海の魚ほどには警戒しなくても大丈夫でしょう。

また、塩分を摂りすぎている方には、血圧を安定させる「わかめペプチド」を摂取することをオススメします。

「わかめペプチド」は、血圧を上げる成分の抑制と、血圧を下げる成分の分解を防ぎ、血圧上昇を抑えてくれるの作用があります。

「わかめペプチド」は、理研ビタミン株式会社から、「わかめペプチド粒タイプ」として販売されています。

「わかめペプチド粒タイプ」は機能性表示食品ですから、血圧が高い方の血圧を下げる機能があることが報告されている商品です。


また、血圧を安定させる成分の「わかめペプチド」を摂ることも有効です。

「わかめペプチド」は、血圧を上げる成分の抑制と、血圧を下げる成分の分解を防ぎ、血圧上昇を抑えてくれるの作用があります。

「わかめペプチド」は、理研ビタミン株式会社から、「わかめペプチド粒タイプ」として販売されています。

「わかめペプチド粒タイプ」は機能性表示食品ですから、血圧が高い方の血圧を下げる機能があることが報告されている商品です。

もっと詳しく「わかめペプチド粒タイプ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>血圧が高めの方に適した機能性表示食品





このページの先頭へ