ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす食べ物

腸内環境を良好に保つためには、ヨーグルトが一番オススメの食べ物ですが、中には、ヨーグルトが苦手な方もおられます。

そんな方に、ヨーグルト以外で、ビフィズス菌を増やす食べ物を紹介しましょう。

コクモツ・イモ類・海藻などの食物繊維が豊富な食べ物と、だいず・バナナなどのオリゴ糖が豊富な食べ物が、腸内環境を整え、美容と健康に役立てます。

食物繊維は、善玉菌の栄養源になり、善玉菌を増やしてくれる優れものです。

また、オリゴ糖は腸内の乳酸菌やビフィズス菌のエサとなるのです。


ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす食べ物でオススメは、「ゴボウ」と「バナナ」です。

「ゴボウ」は、多糖類のイヌリンや食物繊維のセルロース、リグニンなどをたくさん含んでいます。

これらは消化吸収されないかわりに、胃や腸をきれいに掃除し、あわせて腸内細菌のうち、「悪玉」の繁殖を防ぎます。

ゴボウの食物繊維には、場内の好気性細菌の発育を促し、ビタミンの合成を活発にする働きがあります。

食物繊維は便秘解消などの効果は広く知られていますが、特にゴボウの食物繊維は、ほかの野菜の食物繊維とは比較にならないほど、きわめて高い水分吸収率を示します。

「バナナ」は、たんぱく質の代謝に欠かせないカリウムが豊富で、カロリーが高く、消化吸収も抜群。食物繊維の働きで整腸作用も期待でき、便秘の予防にも役立ちます。

乾燥した腸を潤し、便秘を治す働きがあります。

解毒作用もあり、痔もよくなるとされています。

善玉菌を増やしたい人は、直接「酵素を増やす」ことで、より腸内環境改善へ近づくでしょう。

現代人の食生活は加工食品が多く、ただでさえ酵素が不足しがちです。

サプリメントなどを用いて効率よく酵素を摂取しましょう。


ビフィズス菌・乳酸菌のサプリメントでオススメなのが「乳酸菌革命」です。

「乳酸菌革命」は、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など主役級の乳酸菌が16種類も配合されています。

しかも1日に摂れる乳酸菌は1,000億個あるのです。

また、耐酸性カプセルなので、胃酸や胆汁から、乳酸菌を守ります。

添加物を一切使っていませんから、お子さんや妊婦さんにも安心して飲んでいただけます。

もっと詳しく「乳酸菌革命」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

16種類もの乳酸菌をサポート!毎日スッキリ実感しませんか? >>





このページの先頭へ