肝炎を食べ物で改善し、肝硬変になるのを防ぎたい

肝臓は、よく巨大な生化学工場にたとえられます。

肝臓と同じような働きをする工場を建設しようとすると、どれくらいの広さが必要になるでしょうか?


肝臓と同じような工場をつくるには、東京23区とほぼ同じスペースが必要です。

なんと、これはどのスペースが必要なのです。

この話だけでも、肝臓がどれほど大切な作業をしているかが分かります。

たとえば、私たちが食事をすると炭水化物はブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸に、脂質(脂肪)は脂肪酸に分解されて腸から吸収されます。

それらのほとんどは、腸から門脈という血管を通って肝臓に運ばれてきます。

このとき、肝臓は余ったブドウ糖をグリコーゲンに変えて蓄えます。

そして、必要に応じてブドウ糖に変え、全身に供給します。

また、アミノ酸や脂肪酸は、必要な形のタンパク質や脂質につくり変えられます。

肝臓では、薬物や毒物、食品添加物といった有害な物質の解毒もおこなわれます。

肝臓の特別な酵素が働き、有害な物質が無害な物質に変えられるのです。

肝臓は、文句も言わずに働く働き者です。

異常があってもなかなか症状があらわれないため、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われます。

しかし、それほど働き者であるだけに、私たちの健康にとって、肝臓の働きの低下や肝臓病は一大事です。

アロエは肝臓の働きを正常にし、肝臓病にも効果を発揮します。


アロエがそうした効果を発揮する理由として、次のようなことが考えられます。

①血液の循環をよくするすぐれた作用が、門脈の流れをよくする。そのことが肝臓の働きを助け、肝臓を正常な状態にする

②多糖体の強力な解毒作用が、衰えた肝臓の解毒作用をサポートする。そのことによって肝臓の働きが正常になる

和歌山県立医科大学の湯川進教授は、肝硬変の患者さんにアロエエキスを目から与える臨床研究をおこなっています。

研究では肝硬変の患者さん8人が対象で、平均年齢は56歳でした。

この患者さんたちに、アロエエキスを1日5~10ミリリットル、1~3年間投与しています。

その結果、全身の倦怠感、食欲不振、腹部の膨満感といった肝硬変に特徴的な症状が改善されたのです。

湯川教授の臨床研究では、肝硬変から肝臓ガンに進んだ患者さんは1人もいませんでした。

アロエエキスによるAFP減少が、その効果の一端を担っていると考えることができるでしょう。

この結果から、アロエを摂れば、肝硬変の症状の改善と安定化がはかれることが分かります。

さらに、肝臓ガンヘの移行を防ぐ期待が持てることになります。


では、どうしてアロエを摂ればいいのか?

アロエの食べ方として、生のアロエをすりおろしてから、ガーゼでこすことでアロエ葉エキスを作ることができます。

そのエキスで、お酒で割ったり、ハチミツ漬けなどで食べるのがいいでしょう。

アロエ酒にすればアルコールの効果によって成分が吸収されやすくなりますし、ハチミツ漬けにすれば苦味をやわらげて効き目を穏やかにしてくれる効果があります。


また、健康食品として販売されているアロエドリンクもオススメです。

オススメのアロエドリンクは「完熟アロエまるごと純しぼり」です。

「完熟アロエまるごと純しぼり」は、シリーズ累計販売数 1,660,000個突破の安心安全の自社農場からお届けする国内売上No.1のアロエ健康食品です。

良質のキダチアロエを独自製法にて皮ごと圧搾しています。

水や添加物、着色・保存料などは一切使用していません。

もっと詳しく「完熟アロエまるごと純しぼり」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 最近、おいしくご飯が食べられるようになりました。 >>





このページの先頭へ