老化を促進する食べ物はこれだ

多くの人は、食べ物の栄養価やカロリーしか気にしませんが、それでは老化を食い止めることはできません。

いつまでも若々しくありたいと望むなら、腸が若々しくいられるような食事を心がけることが必要です。

では、どのような食べ物が老化を促進させ、どのような食べ物が老化を防ぐのでしょうか。

まず老化を進める食べ物から見ていきましょう。


第一にあげられるのは、「酸化した食べ物」です。

酸化した食べ物は、体内で活性酸素を大量に生み出し、細胞を傷つけるうえ、その解毒のために大量のエンザイムを消耗させてしまいます。

リンゴやジャガイモの皮をむいて放置しておくと、表面が茶色くなります。

これは、表面が空気中の酸素に触れて酸化したことを示しています。

食べ物は空気に触れている時間が長ければ長いほど酸化が進みます。

古くなった食べ物や、作ってから時間のたった料理は酸化が進んでいるのでなるべく避けるようにしましょう。

調理するときは、野菜やお肉もできるだけカットしていないものを購入し、食べる直前にカットするようにすると酸化を最小限に抑えることができます。


そして、気をつけてほしいのが、最初から酸化してしまっている食材です。

しぼった油はその代表といえます。

製造される段階で、すでに酸化してしまっているので、使用を最小限にとどめてほしい食材です。


次にあげられるのは、「動物食」です。

動物食のなかでもとくに「肉」は、老化を早める食べ物といえるでしょう。

日本では長いあいだ、肉を食べないとスタミナがつかない、肉を食べなければ体が大きくならないといわれてきましたが、はたして本当でしょうか。

肉食が多くなって日本人の体格が立派になったのは事実です。

しかし、これには別の理由が関わっています。

それは、動物性タンパク質を多く摂ると成長スピードが速くなるということです。

つまり、肉を食べたこと自体で体が大きくなったのではなく、たまたま成長期に動物性タンパク質を多く摂るようになったので、成長期に成長するスピードが速くなり、結果的に体が大きくなったということなのです。

結果は同じに見えますが、体の中で生じていることは、まったく違う意味をもっています。

成長スピードが速いというのは、必ずしもいいことではありません。

なぜなら、「成長スピードが遠い」ということは、ある一定の年齢を過ぎれば、「老化スピードが速い」ということになるからです。

また、肉に含まれる脂肪は、人間の体温ではうまく溶けることができないため、血液をドロドロにしてしまうというデメリットもあります。

私たちが普段食べている牛や豚、鶏の体温は、人間より高い38.5~40度です。

彼らの脂肪は、そうした温度でもっとも安定するようになっているため、37度というそれより体温の低い人間の体内では、ベタッと固まってしまうのです。

この脂のベタつきが血液をドロドロにしてしまうのです。

血液の流れが悪いと、栄養が細胞の隅々にまで充分に行き渡らないため、細胞の新陳代謝を阻害することになり、老化を促進させてしまいます。


で、どうすれば…?

抗菌作用のある成分を摂取することをオススメします。

抗酸化作用とは、酸化を抑える作用のことです。

酸化は、活性酸素が過剰に発生し、体に悪影響を及ぼしている状態です。

この活性酸素の発生を抑える作用、つまり抗酸化作用が大切になるというわけです。

抗酸化作用のある食べ物として、色素が豊富な緑黄色野菜、豆類や果物、乳製品、醗酵食品等があり、バランス良く食べることがもっとも重要です。

食事以外では、抗酸化作用の成分配合のサプリメントがいいでしょう。

抗酸化作用でおすすめサプリメントは「太陽の恵み」です。

「太陽の恵み」は、アスタキサンチンを高配合したサプリメントで、アスタキサンチンはビタミンEの500倍~1000倍の抗酸化力を持つと言われています。

また、「太陽の恵み」は、赤ワインの100倍~300倍ものポリフェノールを含む赤ブドウ葉や、オレウロペインを豊富に含むオリーブ葉が、抗酸化力をサポートします。

もっと詳しく「太陽の恵み」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

活性酸素を抑えるアスタキサンチン配合サプリ! >>





このページの先頭へ