不動産会社を変えるタイミングは、いつがいいの?

「周辺の売出状況と比べても、自分の物件は決して高い価格設定ではないのに、なかなか売れなくて困っている……」という声をよく耳にします。


そうこうしているうちに、不動産会社から「価格を下げましょう」と提案されて驚くというパターンです。

このとき、営業担当者から、どんな販売戦賂のもと、これまでどのような対策を実施し、結果がどうだったかなど、販売活動の詳細が細かく報告されていれば、売主さんも納得できるはずです。

専属専任媒介契約は1週間に1回以上、専任媒介契約は2週間に1回以上、売り手に対して報告する義務かあります。

しかし、報告する「内容」に問しては法律で訣められていないため、報告内容は不動産会社や担当者によって異なるのが事実です。

売主さんと担当者のコミュニケーション不足から、売主さんが販売活動に不透明感を感じ始め、「値下げしましょう」という提案に納得できないケースが多いのです。

売主さんが担当者とのコミュニケーションで気をつけておくことは、広告をはじめとした情報発信とその内容です。

購入検討者は、インターネットで物件を検索するというのが現在の主流です。

そこで、まずはポータルサイトや不動産会社のサイトなど、ネット媒休への掲載をどのくらい網羅しているか、その結果、どのくらい問い合わせがあったかを問いてみることです。

また、不動産会社が作成したチラシのセールスポイントや利用した写真についても目を通し、自分が買い手だったら興味を引く内容になっているかどうかを考え、コミュニケーションをとることが犬事です。

「なかなか売れないから価格を下げましょう」という提案を鵜呑みにする前に、改善できる販売活動があるかもしれません。

売り手と担当者との対話や質問を通じて、販売活動をよりよいものにできるよう、今までの報告書を見直し、コミュニケーションを取るようにしましょう。

それでも「どうも広告を積極的に行わない不動産会社らしい」「報告を見ても何もやってくれていない」など、「もう、不動産会社を変えたい」と思う場合もあるかもしれません。


不動産会社とのあいだで交わした媒介契約は、3ヵ月で切れます。

更新の意思を表さなければ自動的に切れますから、そのときに違う会社に乗り換えることができます

「どうしても今すぐ会社を変えたいけど、3ヵ月経っていない」という場合でも、契約ですから、当然、双方が合意すれば途中で解約できます。

その場合、しっかり解約の意思表示をし、向こうからも合意したという形の、できれば書面を交わしましょう。

書面をもらえない場合は、メールでしっかり意思表示をし、返事をもらいましょう。

「解約は口頭ではなく記録に残しておく」というのが原則です。

また、不動産会社を変えるといっても、どこの会社がいいかわからない方も多いでしょう。

そんな時、一度ネットの一括査定でどんな業者がいるかチェックするものいいでしょう。

数社に絞り込んで、話を聞いてみれば、ある程度、業者の違いや、業者の意向がわかってくると思います。

もし、気に入れば、そこと契約すればいいでしょう。

不動産一括査定なら、業界最大手の「イエイ不動産売却査定」がオススメです。

「イエイ不動産売却査定」は、業界最多!1000社以上の厳選会社から一括査定してくれます。

悪徳企業の徹底排除にも、積極的取り組んでおり、トラブルを未然に防ぎます。

さらに、なんと最短60秒で一括査定依頼ができるんです。

もっと詳しく「イエイ不動産売却査定」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

大手から中小企業まで、まんべんなく、不動産の売却査定額を比較できます。 >>

不動産会社を見極めるチェック項目

●売却活動の報告について
□2週間に1回(専任媒介)、もしくは1週間に1回(専属専任媒介)は活動報告を受けているか?

□レインズの資料ダウンロード数やポスティンなどの販促状況の報告を受けているか?

□どんな広告をしたのか、広告内容の報告は受けているか?

□数字に基づいた説明を受けているか?

□競合となる物件との比較・動向についての報告を受けているか?

●内覧について
□内覧が十分に入っているか?

□内覧件数の報告は受けているか?

□内覧が入った際、当該買い手候補が「なぜ、購入に至らなかったのか?」の説明を受けているか?

●広告活動について
□インターネット、チラシポスティンなどの広告活動は十分か?

□マイソク(物件広告)は写真を多く使い、十分に物件の魅力を伝えているか?

□レインズには「広告可」で掲載されているか?

□レインズにも写真が掲載されているか? 他の不動産会社が物件のことを知りやすくなっているか?

□レインズヘ登録した図面を提示してもらったか?

□他の不動産会社が買主候補を内覧に連れてきているか?
(他の不動産会社にもしっかり情報を流していれば、他社による内覧が入る)

●その他
□窓口となる担当者がころころと代わっていないか?

上記内容項目チェックして、不動産業業者を変えるかの判断基準を作りましょう。




ネームバリューがある業界最大手の仲介会社です
イエイはマスコミでも注目されている日本最大級の不動産売却専門マッチングサイトです。業界最多!1000社以上の厳選会社から選んで一括査定!悪徳企業は徹底排除!イエイがトラブルを防ぎます。不動産 を売るなら日本最大級の業者比較サイトイエイで! もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ