3種類ある媒介契約のなかでオススメは?

あなたのマンションを売却するために仲介してくれる不動産会社を決める際に、「媒介契約」という契約書を締結します。

契約を交わさないまま売却がスタートすることはありません。

媒介契約には、次の3種類があります。

①専属専任媒介契約
②専任媒介契約
③一般媒介契約

①専属専任媒介契約とは
1社の不動産会社にしか依頼できない契約。

また、自己発見取引といって、売主さんの知り合いに売却する際なども仲介手数料などが発生する。

売主さんに対して1週間にー回の売卸活動の報告義務かおる。

②専任媒介契約とは
専属専任媒介契約と同様、1社の不動産会社にしか依頼できない。

専属専任と違い、友人や知人に売るような自己発見取引の場合は、仲介会社を入れなくても契約することが可能。

その場合は仲介手数料の支払いをする必要がない。

売主さんに対して2週間に1回の売卸活動の報告義務かおる。

③一般媒介契約とは
複数の不動産会社に同特に依頼できる契約。

不動産のプロが売却する際には、この形態を好む。

売主さんに対する報告義務なし。

ひと言で言えば、「不動産売買の経験かあり、比較的時間かある人は一般媒介契約、初めて、あるいは2回目の売却であれば専任媒介契約」ということでしょう。

●一般媒介契約のメリット
複数の会社に依頼できるため、広告の数が増える。

●一般媒介契約のデメリット
複数に依頼することにより、内覧の調整が大変。

どのような販売活動をしてくれているのかわかりにくくなる。

一般媒介契約を考えた場合、デメリットのほうを多く感じます。

たとえば、依頼される不動産会社は売主さんに売却活動の報告をしなくてもすむため、面倒くさがる会社は報告をしてくれない可能性があります。

また、他社にも依頼されているため、不動産会社のモチベーションが低くなる場合が多く、「他社に先駆けて早く申し込みをもらおう」「申し込みをとったら、売主さんを早く説得して売らせよう」「価格は安かろうが申し込みを取るようにしよう」という傾向になりがちです。

不動産会社のやる気がなくなることは、売主さんにとって一番大きな損失です。

不動産会社の担当の人は「この売主さんのために一生懸命仕事をしよう!」と思われないと、よい活動ができません。

ですから、一般媒介契約は、普通の売主さんには適していないと思います。


だから、媒介契約でおすすめしているのが、専任媒介契約です。

売主さんにとっても不動産会社にとっても一番よい結果が出せる契約形態だからです。

●専任媒介契約のメリット
窓口が一元化できて、内覧の調整などはすべて任せておける。

不動産会社が売主さんのための専属エージェントになり、一生懸命頑張る。

申し込み受領後も焦らずじっくり交渉することができる。

●専任媒介契約のデメリット
自社で両手仲介を目指すと、広告量が減ってしまう。

悪意がある会社だと売却情報を隠すことがある。


信頼できる会社と担当に任せておけば、一番ラクに売却できるのが専任媒介契約といえます。

デメリットとして挙げているポイントは、依頼する不動産会社のスタンスに影響される部分です。

やはり、専任媒介契約の場合は、大手の不動産会社に依頼することをオススメします。

大手の不動産会社は資金力があるため、店舗も駅前や商業地など便利な場所に構え、売り手や、買い手を集めるための広告もたくさん打てます。

やはり、中小の不動産業者と比べれば、集客力や販売力は大手不動産会社の方が有利なのです。

現在、大手不動産会社では、無料査定、無料相談を実施してい会社が増えてきました。

その中でオススメなのが「住友不動産販売」です。

「住友不動産販売」は、インターネットで簡単に入力するだけで、物件の査定額を提出してくれたり、売却相談まで対応してくれます。

不動産売却にお悩みの方は、ぜひ一度ご利用してみてはどうでしょうか?

もっと詳しく「住友不動産販売 売却問合」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

大手不動産業企業としての売買仲介件数No.1。だから安心です! >>





このページの先頭へ