健康にいい水は、老化をなだらかにする

目の前で生まれたマウスを、2つのグループに分けます。

エサは固形物でまったく同じにし、1つは水道水で飼育、もう一方は電解アルカリ水で飼育し、死ぬまで観察を続けました。

水道水で飼育したグループは630日間で全部死亡しましたが、電解アルカリ水のグループは730日間生きました。

その差は何と100日間になりました。

水道水中の塩素の弊害は歴然としています。

塩素が体内酵素の力を低下させているのです。

つまり、体内に発生して老化や発がんなど、万病の引き全になる活性酸素を消去する酵素SODの力を低下させた結果、長生きができなかったと解釈できます。


あなたは、それでも水道水をそのままで飲み続けますか。

飲み水の違いだけで100日間です。

この結果は驚きです。

人間の寿命は約80年なので、マウスの40倍になります。これを人間の寿命に換算すると、「100日×40=4000日(約10年)」になります。

大変な差です。

人間の場合はマウスと違って、食事の内容が個人によって異なるため、話は半分くらいになるでしょう。


それでも飲み水の差だけで5年になります。

たとえば、日本の男性で一番長生きする人が多い都道府県は水質のいい長野県ですが、最も短命なのは水質の悪い大阪府です。

その差は約4年です。

このことからも、つしつまが合うとは思いませんか。

長野県は川の上流域です。

水はきれいだし、アルプス山系の水も利用できる環境にあります。

一方の大阪府は、滋賀県の琵琶湖に端を発した水を、中間地域の京都市民によって使用され、その水を最下流である淀川から保水して水道水にしています。

この差は明らかでしょう。

健康にいい水を利用していれば、体内で発生し、老化や発がんなど万病の引き金になる「活性酸素」を消去する酵素SODの力と、食事を分解1消化-吸収する酵素などの力も高まります。

これは細胞の酸化、つまり老化を防ぎ体力・免疫力もつくことを意味します。

こうした水を常用している人は、戸籍年齢に関係なく肉体的にも若く、老化がなだらかになっているものです。

世界の長寿材の水は、どこでもアルカリ性でクラスターも小さく、酵素活性も高くなっていました。

老化をなだらかにするには、健康にいい水を常用することです。


では、健康にいい水って…?

オススメする健康にいい水は、ナチュラルミネラルウォーターです。

ナチュラルミネラルウォーターは、特定水源から採水された地下水に鉱物等のミネラルが溶け込んだお水です。

味や栄養分を調整するためにミネラル分を人工的に足したり、成分に手を加えていない。

自然本来のおいしさを生かしているお水なのです。

ナチュラルミネラルウォーターでオススメなのが、浅田真央さんがブランドパートナーを務めている「ウォーターサーバーKirala」です。

「ウォーターサーバーKirala」は、SIXPADやReFaでおなじみの株式会社MTGから、新たにデビューしたウォーターサーバーブランドで、人々の美容と健康に欠かせない「お水」にフォーカスした、今までにない新しいウォーターサーバーブランドです。

もっと詳しく「ウォーターサーバーKirala」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

浅田真央さんがこだわりで選んだ、ひとつ上の新ウォーターサーバーブランドです。 >>





このページの先頭へ