ジュースの飲み過ぎが、子供の低血糖症を引き起こす

悪水とは、「ブドウ糖・ショ糖で甘く味つけられたジュース」ことです。

子どもたちの健康を守るためにタバコと同じ発想で、「飲みすぎに注意」と表示すべきです。


成長期・思春期にある子どもたちの低血糖症には、次のような症状が起こります。

①忘れっぽい。
②集中力がなくなる。
③感情を制御できなくなる結果、暴力的になる。
④いらだつ結果、暴力的になる。
⑤気分がふさいで沈み込む。
⑥カロリー過多による肥満症になる。
⑦高血圧症になる。

日本の子どもたちの学力低下と凶悪犯罪の増加が懸念されていますが、その原因の一部が低血糖症にあると、私は考えているのです。

③と④は、大量にブドウ糖を摂取することで精神安定剤の役割を果たすカルシウムを消費した結果、起こる症状です。

糖分をたくさん含んだジュース類を毎日毎日、大量に飲んでいると、いったいどういうことになるのでしょうか。

糖分を含んでいるため、カロリーの高い飲み物になります。

それらを大量に飲めば、カロリー過多になるのは当然の結果です。

したがって肥満、糖尿病、高血圧症が子どもから若い世代にまで広がっています。

心配なのは、それらの病気だけではありません。

体内に摂り込んだ過剰な糖分は、その代謝の過程で「カルシウムを大量に消費」してしまいます。

体の中のカルシウムが不足すると、どうなるでしょうか。

骨が脆くなり、歯も弱くなります。


しかし、それだけにとどまらないのです。

カルシウムには、骨や歯に関わること以外に重要な働きがあります。

実は神経組織を保っていくうえで、極めて重要な役割を果たしているのです。

カルシウムが不足した体では、神経の伝達が悪くなり、ひどくなれば筋肉が痙學して、手足も自由に動かせなくなったりします。

また、「精神安定剤の役割」も果たしているので、不足するといつもイライラしたり、精神的に不安定になったり、感情も制御できなくなったりするのです。

厚生労働省が推奨する一日あたりのカルシウム摂取量は600~800mgとなっていますが、国民健康・栄養調査による平均摂取量は499mgと推奨量を下回っているようです。


できるだけ、カルシウムが豊富な乳製品を食べるように心がけましょう。

乳製品が苦手な方、忙しい方は、簡単にカルシウムが摂れるサプリメントで補うといいでしょう。

子どもにオススメなカルシウム配合のサプリメントは「アスミール」です。

「アスミール」は、偏食や子供の成長期の栄養補給に悩むお母さんのために開発された栄養飲料です。

2人のお子さんを持つ小倉優子さん絶賛のサプリメントで、成長期の子供にオススメの商品として、テレビ・新聞・WEBでも大絶賛。

320の媒体から取り上げられています。

また、成長期飲料ランキング 満足度1位を獲得。

もっと詳しく「アスミール」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

偏食や成長期のお子様に、体への吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合! >>





このページの先頭へ