マンションを高く売るには、まず情報武装

インターネットで売り物件を調べることができなかったころは、「同じマンションの他の階で200万円安い物件がある」などということはわかりませんでしたが、今は簡単に調べられます。

あなたと同じマンション内で、部屋Aが3800万円、部屋Bが4000万円で出ているとしましょう。

この場合、たいていの買い手は片方だけ見て決めないはずです。

両方を見て、じっくり比べて考えるわけです。

こんな状況で、あなたの部屋Cの査定額がいくらであっても、あまり意味がないと思いませんか?

3800万円から4000万円の間か、そのちょっと上が下が、査定額が高い低いよりも、実際にいくらで売りに出すべきかのほうが、よほど重要です。


そして、やや極端な言い方になりますが、売る側は自分で値段を決めるしかありません。

不動産会社に査定価格を高くできないか相談するより、いくらで売りに出すかの意見を聞きましょう。

そして自ら判断するのです。

 

査定はあくまでも参考数値です。

早く決めたい(早くお金が欲しい)という場合なら、4000万円という査定額でも3800万円で売りに出すでしょう。

早く決めなくてもいいのであれば「2ヵ月経っても売れなかったら3800万円に下げるなどと決めて、ある程度心の余裕をもって売りに出せばいいのです。

最初はチャレンジして高めの価格で提案します。

たとえば、売主さんが「査定価格より高く売りに出したい」というのであれば、当然、受けます。


実は大事なのは、売出価格の決定よりも、価格を下げるときなのです。

そして、やれることをやり尽くしていないのに値段を下げようとする不動産会社も、たくさんあります。

「チラシもまきました、ウェブサイトにも小さいサイトまで網羅して載せました。でも、どうしても売れません。だから下げませんか」と、やることをやって初めて値段を下げるべきなのです。

専属専任媒介をした場合は1週間に1回、専任媒介契約は2週間に1回、不動産会社からレポートが来ることになります。

それを見れば、やることをやっているのかいないのかわかります。


やるべきことを全然やっていないのに、「ダメです。そろそろ価格をこのくらいに下げませんか」と、とにかく下げることばかり言ってくるところとは媒介(仲介)契約を解消すべきです。

媒介契約後の売るプロセスで、やるべきことをやっている不動産会社を選びましょう。

もし、今の媒介契約業者に不信をいだいているのであれば、一度、大手の仲介業者に物件の相談をしてみては如何でしょうか。

当然ですが、大手の不動産会社は、顧客情報がたくさん登録されています。
これまでの広告や営業活動でストックした顧客リストが豊富にありますから、そのリストを便って見込み客を発掘することができます。

物件情報がもらえる「友の会」の会員数や、自社のホームページが充実しているため、今、物件を探している人も、これから探そうという人も含め、たくさんの人にあなたの物件情報を見てもらえます。

また、大手不動産会社は資金力があるため、店舗も駅前平面某地など便利な場所に構え、売り手や買い手を集めるための広告もたくさん打てます。

現在、大手不動産会社では、無料査定、無料相談を実施してい会社が増えてきました。

その中でオススメなのが「住友不動産販売」です。

「住友不動産販売」は、インターネットで簡単に入力するだけで、物件の査定額を提出してくれたり、売却相談まで対応してくれます。

不動産売却にお悩みの方は、ぜひ一度ご利用してみてはどうでしょうか?

もっと詳しく「住友不動産販売 売却問合」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

大手不動産業企業としての売買仲介件数No.1。だから安心です! >>

とりあず、不動産一括査定もやっておきたいなら、大手の不動産一括査定の 「イエイ」がオススメです。





このページの先頭へ