両手仲介のどこが売り手のデメリットになるのか?

売り手であるあなたと、買い手との間を繋ぐ不動産会社が1社だけ(両手仲介)であったら、どんな良い点かおるでしょうか?

1社で取り引きをすべてまとめているのですから、話が早くスピーディに行きそうです。

また、買い手も、売り手のあなたと同じ仲介会社を頼っているわけで、まさに2人をつないでくれた「仲人さん」のような感じがします。

仲介会社や担当者も、売り手と買い手双方に目を配りながら取り引きをすることになります。

このスタイルに、安心感を感じる人も少なくないでしょう。

しかし、「経済的な観点」から、この両手仲介は弊害が多いという指摘しましょう。


具体的には、次のことが挙げられます。

①売却価格が下がる傾向がある
②情報操作をすることがある
③不動産会社が売り手に対して真実を隠すことがある

不動産会社が自分の報酬を両手(2倍)にしようとすると、このようなことが起きる可能性があるのです。

以前、中古マンションの売買仲介会社にいたとき、ほとんどが売り手側の仲介のポジションに入っていたため、売却についてこのジレンマを抱えながら仕事をしていました。

仲介手数料が2倍になるのですから、不動産会社としては、営業マンに極力、両手仲介を行うように奨励します。

経済的観点から見れば、これはいたし方々いでしょう。


両手仲介をするために営業マンが考えてしまうことは、次のようなことです。

●早く売るに越したことはない
●早く売るためには価格は安いほうがいい(すぐ決まるから)
●他社に決められては困る(なるべく他社に紹介しない)
●自社が見つけた買い手の申込書を優先する(他社の買い手がもっと高い提示をしていても、売主さんに伝えない)

すべての会社とは申しませんが、このようなことが起きている不動産会社は少なくおりません。

ですから、売り手にできることは、この現実を理解し、しっかりとした売却を実現してくれる仲介会社を探すことです。それが「高く売る」ことにつながるのです。


不動産を「高く売る」第一歩は、次の2つなのです。

①机上査定でおおよその価格感を認識する
②正しいプロセスに則った売却活動をしてくれる会社を探す

まずは、「机上査定」からはじめましょう。

よく聞くのが、「机上査定」した後で、電話やメールなどで「売りませんか?」「訪問させてくれませんか?」など、営業マンに付きまとわれるのが嫌だから…。

そういった悩みを解消してくれるのが、ネットでできる不動産価格査定です。

ネットでできる不動産価格査定は、住所と簡単な物件内容を記入するだけで、数日後にメールで「机上査定価格」をメールで知らせてくれます。

こちらが興味をもてば、連絡するというシステムですから、営業マンに付きまとわれる心配はありません。

安心して「机上査定」の依頼ができます。

ネットで「机上査定」をご希望なら「スマイスター不動産」がオススメです。

「スマイスター不動産」は、約1,000社の中から不動産の査定額を、見積もり比較できます。

また、最短45秒で査定依頼ができます。

もっと詳しく「スマイスター不動産」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

利用者の96%が「満足した!」と回答した、不動産一括査定サービス!! >>

両手仲介を狙い、情報をクローズにしたため、売れなかった物件の事例

【エリア情報】
東京からも近く、非常に利便性が高く人気もあった千葉県のエリア。しかし震災後、放射能の影響で人の流入が少なくなってしまった。

【物件情報】
電車よりバスの使がよいが、非常に洗練された外観が魅力のきれいなマンション。部屋の状態もよく、しっかりした売却活動ができればすぐに売れる物件。

【売主さんとの売却理由】
40代夫婦。転勤により売却したい。

≪相談内容≫
私だちと他の不動産会社Y社に査定を依頼。当初は、ネームバリューに勝るY社で売却活動を開始したものの、売主さんが望む売却活動ができていなかったらしく、1カ月でY社との媒介契約を解約して私たちに依頼。

「Y社の広告展開の少なさに納得していなかった」と聞かされる。

≪売却までの流れ≫
人気もニーズもある物件のため、成約に至らなかったのはY社の売却方法が原因と判断。

すぐに広告展開を強化して露出を増やす。

するとある地元の不動産会社から、実は、以前に売却をしていたY社に内見の申し込みをしたところ、「契約予定です」と言われて見せてもらえなかった。

内見がしたい」という連絡が入る。

Y社は買い手も自分で見つける両手仲介にこだわっていたため、他の不動産会社からの内見申し込みを「契約の予定があるから」と嘘をついて断っていたのだ。

内見してもらったところ、すぐに申し込みが入る。

地元の不動産会社も、「この買主様はずっとこのマンションを探していた。しかし見せてもらえないから買えなかった」と、買主以上に喜んでいる。

「両手」を狙うあまり物件をクローズにして、他の不動産会社に情報を流さない会社がある、という事例です。

 


利用者の96%が「満足した!」と回答した、不動産一括査定サービス

 スマイスターは、不動産売却の一括査定では中堅といえるサイトです。業界最大手「イエウール」の登録不動産会社数が1400社、業界2番手「イエイ不動産売却査定」が1000社の不動産会社が登録しています。そして「スマイスター」は登録不動産会社数800社で、業界3番手の位置にあります。



スマイスター不動産
公式サイトでは、最短45秒!簡単入力の一括査定を用意しています。詳しくはこちら>>





このページの先頭へ