こんな生活習慣が、内臓を疲れさせてしまう!

日々忙しく休む暇もない人の中には、内臓を労る余裕がまったくないという人も少なくないと思います。

ですから、生活習慣を見直し、内臓が疲労しにくい日常を送れば、わざわざ内臓を気にする必要がなくなります。

その要点を書いていきますので、できることから始めてみましょう。

内臓疲労を起こしやすい生活習慣は暴飲暴食が代表的ですが、具体的にどういうことが悪いのかを説明してみます。

また、内臓といっても食生活だけではなく、その他の生活習慣も大切です。


まずは、以下のチェック項目を見て、当てはまるものをチェックしてみてください。

□夕飯を食べるのが遅い
□最近、食欲が落ちている
□甘いものにとにかく目がない
□コンビニ食品やファストフードの食事が多い
□寝不足が続いている
□お風呂はぬるめの長湯が好き
□冷たい飲み物をよく飲む
□温度差が激しい場所を出入りする
□足が冷えることが多い
□1日3食食べなければいけないと思っている

以上10項目のうち三つ以上当てはまる人は、内臓疲労気味です。

また、五っ以上当てはまる場合は確実に内臓疲労を起こしているので、生活習慣の改善をしましょう。


この項目は、いずれも健康的な生活習慣をするために、とても犬切なことを合んでいますが、特に気をつけたほうがいいものを解説していきます。

まず、3番目の「甘いものにとにかく目がない」にチェックの人った人は知っておいてほしいのですが、甘いものは急激に血糖値を上げ、正常な血糖値に戻すためにはたらく、すい臓に負担をかけます。

毎日すい臓に負担をかけ続けると、行き着くところは糖尿病です。また、糖分は脳に作用して味覚を狂わせます。

アレルギーの原因にもなってくるので、まずは1週間に1回は完全に砂糖を抜く日をつくりましょう。

今まで何気なく食べていたものが、ものすごく甘く感じるはずです。


次に6番目の「お風呂はぬるめの長湯が好き」という方が注意してほしいのは、夏場の入浴です。

夏は日中暑いせいで体の循環はよくなっているのに、お風呂でさらに無理やり循環のよい状態に体が持っていかれるので、腎臓が疲労してしまいます。

昔から沖縄など暑い地域は家庭のお風呂に湯船がありません。暑い夏に湯船に長く入っていると夏パテを起こすので、注意が必要です。


9番目の「足が冷えることが多い」入は、冷えた血液が内臓を冷やしながら心臓に帰っていくので、内臓自体の血行が悪くなり機能が低下してしまいます。

足元が冷えないようにすることが大切です。


10番目の「1日3食を食べなければいけない(健康によくない)と思っている」入は、義務感に駆られて食べるのは、やめましょう。

1日3食食べる動物は人間だけです。

たまには食事を抜いて内臓に休息を与えてあげることも大切です。

そこでオススメなのがプチ断食です。

プチ断食は、週末を使って行います。

固形物は一切口にしなで、野菜ジュースやしょうが紅茶などを口にします。

基本的には内臓を休ませることが目的ですので、いくら固形物ではないといっても、あまり消化のよくないものを口にするのは控えましょう。


プチ断食の飲みものとして「優光泉」がオススメです。

「優光泉」は、断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、完全無添加の酵素ドリンクです。

酵素ドリンクを飲むことで、腸内環境が改善され、免疫機能も正常に機能するようになり、疲労が残りにくくなったり、風邪やだるさといったちょっとしたトラブルも跳ね返せるようになるのです。

地元九州の野菜を中心に、厳選した60種類の原料を使用し、楽天市場でも総合ランキング1位に何度もなった実績のある、実力派の健康酵素飲料です。

酵素のプロが造る100%元気酵素で、モンドセレクション2年連続優秀品質銀賞を受賞、25年間以上、約146,000人以上を元気にしてきた酵素飲料です。

もっと詳しく「優光泉」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

20年におよぶ断食道場のノウハウがギッシリ詰まっています >>





このページの先頭へ