海洋深層水が、中性脂肪の救世主に!

「私の専門は予防医学なのですが、最近は、魚や海藻などをきちんと摂れず、ビタミンやミネラルが不足してしまう『現代型の栄養失調』とよばれる人たちが増えています。

ミネラルというとカルシウム不足は、みなさんよくご存知ですが、マグネシウム不足は動脈硬化や肝臓病などを引き起こします。

このように、ミネラルは生命維持のために重要な働きをしていますが、すべてのミネラルはバランスよく摂らないと意味がありません」

そういった観点から森谷敏夫先生は、ミネラルバランスのよい海洋深層水に着目しました。

「現代の日本では、糖尿病患者が700万人、予備軍が600万人、50代は7人に1人が糖尿病という結果が出ています。

私は、何とか生活習慣病予防に役立てたいと思い、いくつか実験を試みました」

先生は、まず平均年齢42歳の男性21名に、市販の海洋深層水1.5リットルを5週間飲み続けてもらいました。

その際、飲用前に血圧・心電図測定、採血を行い、運動を20分行います。

そして、5週間後に測定したところ、なんと中性脂肪、血糖値の数値が有意に下がったのです。

もともとの数値が高かった人ほど下がりました。

また、肝機能も正常値にほぼ近くなりました。

運動後に出る疲労物質も減り、筋肉疲労を減らすこともわかりました。

臨床実験の一部の測定数値、血中中性脂肪低下作用で、飲用前に190mg/dl以上あった被験者の血中中性脂肪(平均)は、飲用後150mg/dl台に低下しました。

つまり、海洋深層水には中性脂肪や血糖値を下げる作用があるといえます。

海洋深層水の飲料水でオススメなのが、室戸海洋深層水で取水したものを、100%原料としてつくられた飲料水「AECスッキリウォーター」です。

「AECスッキリウォーター」は、中性脂肪や血糖値を下げる成分、マグネシウムを500mlあたり120mg含んでいます。

マグネシウム含有量トップクラスの海洋深層水の飲料水です。

健康診断などで、中性脂肪や血糖値が高い方は、「AECスッキリウォーター」を一度試してみたは如何でしょうか?

もっと詳しく「AECスッキリウォーター」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

マグネシウムが補える海洋深層水! 妊娠中でも安心して飲めます。 >>

AECスッキリウォーターを飲んだ人の喜びの声


AECスッキリウォーター公式サイトより

(千葉県T.K様 女性40歳)
・他の硬水より目的がはっきりしていて安心感があります。水を飲むことが習慣になりました

(岡山県 K.I様 女性50代)
・頻度が少し減った気がします

(愛知都 M.M様 50代女性)
・マグネシウムパワーに期待して飲みました。今では、ほとんど気になることがなくなりました。

(東京都 H.I様 60代)
・以前のような重さがなくなり、毎日気持ちよく過ごしています。これからも飲み続けたいと思います。

 


生活習慣病の救世主

 

秋葉原駅クリニックの頭痛専門医大和田潔医師と研究を行い、マグネシウム含有飲料を摂っていただくことで、片頭痛を予防・緩和することを目的にした画期的な健康飲料を開発しました。





AECスッキリウォーター
公式サイトでは期間限定で、今だけ!お試しセットを、最大55%OFFで販売しています。詳しくはこちら>>

中性脂肪を下げるための、バランスのとれた食事


「1日3食」「栄養八ランスのとれた食事」か基本

中性脂肪を減らすうえで最も大切なことは、過食や過飲をしないで、摂取エネルギーを抑えぎみにすることです。

毎日好きなものを好きなだけ食べていれば、栄養が偏り、エネルギーも過剰になります。

といっても、単に食べる量を減らせばいいというものではありません。

1日3食をきちんととり、毎日、できるだけいろいろな食品をバランスよくとることが大切です。

その目安となるのが「1日30食品」です。

いろいろな種類の食品を1日に30品目ほどとれば、結果的に、栄養バランスのとれた食生活が実現できるというわけです。


「6つの基礎食品群」の中からバランスよく食品を選ぶ

厚生省では、食品を「6つの基礎食品群」に分類して、その中からバランスよく食品を選んで食べるよう推奨しています。

1群はおもにたんぱく質を多く含む食品、2群はおもにミネラル(無機質)を多く含む食品、3群はおもにカロチンを多く含む食品、4群はおもにビタミンCを多く含む食品、5群はおもに炭水化物を多く含む食品、6群はおもに脂肪を多く含む食品です。

それぞれの食品群から過不足なく食品を選ぶことによって、自然に栄養バランスのとれた食事内容になるわけです。


外食ではメニュー選びに注意し、家庭でビタミン・ミネラルを補う

1日30食品をとるには、一汁三菜のように食事をセットでとるのが理想的です。

しかし、会社勤めの人の多くは、昼食が外食、夕食も外食になってしまうことが少なくありません。

外食の場合、どうしても糖質、脂質、たんぱく質などエネルギー源になる食事をとることが多くなるうえ、食品数も少なくなりがちです。

外食では、できるだけ食品数が多い定食ものを選び、家では不足しがちなビタミンやミネラルを野菜や海藻類を中心にした食事で補い、栄養バランスをとるようにしましょう。


手間をかけすに朝食で野菜をとる

昼食と夕食が外食になってしまう人にとって、朝食は大切な食事です。

ところが、実際は、パンとコーヒー、目玉焼きといったエネルギー源中心の食事内容になっている場合が多く、これでは外食と同じようなものです。

あわただしい朝でも、トマトやきゅうりをスライスして食べる、前日の残りものの煮ものを食べるというようにすれば、手間をかけることなく、野菜をとることができます。

このように、できるだけ野菜類を意識してとり、30食品目に近づけるようにします。


脂質は制限しすぎても問題。必要な量はきちんととる

中性脂肪を減らす食事を実践する場合、油脂類を制限する必要はありますが、摂取不足も問題です。たとえば脂質には脂溶性ビタミンの吸収をよくする働きがあるので、摂取不足だと、これらのビタミンを吸収できなくなってしまいます。

脂質の割合は、1日の総エネルギー量の20~25パーセントがよいとされているので、その量はとらなければいけません。

なお、脂質には動物性と植物性がありますが、できるだけ植物性脂肪をとるようにします。




海洋深層水のマグネシウムでスッキリ!
原材料には、高知県室戸沖の清浄な海洋深層水を100%使用し、慢性疲労の回復に良いとされるマグネシウムを1本に120mg含んだ健康飲料です。 もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ