<目次>

・朝血糖値を上げない食べ物&食べ方はコレ!

・血糖値が上がりにくい!栗渋から採れたポリフェノール配合サプリ!!

・朝血糖値を上げないための夕食の食べ方。

・朝血糖値を上げない食べ物に関連するYouTube動画紹介。

朝血糖値を上げない食べ物&食べ方はコレ!

朝、血糖値を上げない食べ方としてベストなのは、起きたらすぐに何か胃に人れることです。

モタモタと朝食を作っていると、時間がたってしまうので、すぐ食べられる物を前夜から準備しておくといいでしょう。

それもなかなか難しいという人は、野菜ジュースやバナナがおすすめです。

できるだけ早く朝食を食べれば、血糖値の高めスタートを防げます。


ではなぜ、起きてすぐに食べるといいのでしょうか?

朝起きたばかりのときは、通常、血糖値は低いのですが、起床後ずっと、何も食べずに時間がたつと、体は血糖値を上げようとします。

これは、エネルギーが補給されないなかでもエネルギーを確保しようとするためで、体に備わっている自衛手段的な仕組みです。

こうして、徐々に血糖値が上がってきたところで朝食をとると、食後、さらに血糖値が上がってしまいます。

つまり、その日の血糖値は高めスタートになるわけです。

すると、1日高めで推移することとなります。

だから、これを防ぐには、起きたらすぐに何か胃に人れることなのです。


また、血糖値を下げる食材を食べるのも効果的です。

代表的な食べ物は、玉ねぎです。

キノコ、アボカド、ブロッコリー、納豆、豆腐、オクラ、こんにゃく、キャベツ、青魚なども血糖値を下げる効果があります。

手軽に血糖値を下げたい方なら、糖の吸収をブロックするサプリメントの活用をオススメします。

詳しくは次の項で。

血糖値が上がりにくい!栗渋から採れたポリフェノール配合サプリ!!

朝の血糖値が上がりにくくするには、すぐに食事をとることが重要だと説明しましたが、しかし、食べ過ぎるとあまり効果が…。

そこでオススメなのが、糖の吸収をブロックする成分が配合されている「トリプルメタクリーンMHS」です。

「トリプルメタクリーンMHS」は、栗渋から採れたポリフェノールが、糖の吸収をブロックし、血糖値を下げる作用があります。

和栗から採れた渋皮に含まれるポリフェノールは、マロンポリフェノールといい、大学・大手製薬会社との共同研究により、糖の吸収を抑える作用があると発表されています。

マロンポリフェノールは、糖の吸収をブロックする作用があるので、ごはんやパン、麺類などの炭水化物がやめられない方に特にオススメです。

「トリプルメタクリーンMHS」は、マロンポリフェノール以外に、インド伝承医学において、王侯貴族のダイエット秘薬として重宝された「サラシア」や、中国やインドでは昔から、体の冷えを改善する目的で用いられてきた「ヒハツ」の3つの健康食材が配合されています。

「トリプルメタクリーンMHS」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

トリプルメタクリーンMHSを飲んでも効果がでない人は…? >>

朝血糖値を上げないための夕食の食べ方。

遅い時間に夕食を食べると、食後の血糖値が上昇したままの状態で眠りにつくことになります。

通常、食後に上がった血糖値はインスリンの働きによって正常に戻されるのですが、深夜は内臓も休む時問帯なので、インスリン分泌も活発ではないからです。

また、夕食が遅くなると、翌朝の朝食が食べられないものです。

しかし、できるだけ早く朝食を摂ることが血糖値コントロールには重要なので、夕食も早めに食べましょう。




トリプルメタクリーンMHSを飲んでも効果がでない人は…?
トリプルメタクリーンMHSの製造販売業者に「「トリプルメタクリーンMHSを飲んでも効果が期待できない人はどんな人?」「トリプルメタクリーンMHSの使用を避けた方がいい人はいないのか?」「どんな人がトリプルメタクリーンMHSを飲むとより効果が期待できるのか?」聞いてみた! もっと詳しく知りたい方は…


朝血糖値を上げない食べ物に関連するYouTube動画紹介。

食べても血糖値を下げられる1ー3

食べても血糖値を下げられる2ー3

食べても血糖値を下げられる3ー3





このページの先頭へ