<目次>

・一般的な不妊治療の流れと期間!

・不妊治療を受診前に試してほしいサプリメント!

・女性の不妊治療の基本検査の流れと期間!

・不妊治療のタイミング療法の流れと期間!

・不妊治療の流れと期間に関するるYouTube動画紹介!

一般的な不妊治療の流れと期間

女性の不妊検査は、ひと通り終わるまで早くて1か月、平均すると1~3か月程度かかります。

これは、月経周期を通じて測定する検査や、特定の期間にしか行えない検査かあるからです(→女性の不妊治療の基本検査の流れと期間)

不妊の原因は複雑ため、治療を始めてから原因の究明が続けられ、より適切な治療法を模索していくことになります。
【1~3か月】

治療と検査が平行して行われることは、不妊治療の特徴です。

通常、不妊検査の開始と同時に、タイミング療法(→不妊治療のタイミング療法の流れと期間)が指導されます。

その後、検査で明らかになった不妊原因に対する治療が行われ、さらに、排卵誘発剤を使ったタイミング療法や人工授精を行うこともあります。
【3~6か月】

不妊治療には、卵子の取り扱いによって一般不妊治療と高度医療のふたつに分けられます。

一般不妊治療とは、妊娠しやすい状態をつくリ出すための治療のことで、タイミング療法や人工授精を行ったり、排卵誘発剤を用いたりして、女性の体内で自然妊娠が起こるように後押しをします。
【3~6か月】

一方の高度医療では、卵子と精子を体外に取り出し、受精させてから女性の子宮に戻す体外受精などが行われます。

文字通り、高度な医療技術が必要になる不妊治療法です。
【6か月~2年】

一方の男性の検査は、ほぼ精液検査のみで、基本的には随時行え、精子の状態に問題がないことがわかれば、1回で終了します。

不妊治療を受診前に試してほしいサプリメント

人間のセックス1回での妊娠率は10~25%ほどで、これは排卵日に合わせてセックスして、4回~10回に1回、妊娠できる確率です。

妊娠のチャンスは月に一度の排卵のタイミングでやってくるので、1年~2年のうちに妊娠する計算となります。

しかし、排卵日のタイミングがずれていたり、セックスの回数が少なかったりすれば、1年~2年という計算は成り立ちません。

2年間、子どもが出来ないからといって、不妊と決めつけることはないでしょう。

子どもを授かるためには、最低限の準備と排卵日に合わせたタイミングでセックスを試みることが重要です。

最低限の準備とは、子宮と卵巣が良い状態を保つことです。

そのためには、子宮と卵巣を元気にする栄養を摂ることが必要です。




女性の不妊治療の基本検査の流れと期間

基本検査では、初診の結果を受けて、さらに不妊の原因を探っていきます。

検査は女性のからだの変化により、特定の期開にしか行えない検査かおるため、月経周期ごとにタイミングを合わせて実施されます。

具的には卵胞期、排卵期、黄体期、月経期それぞれの時期に適した検査を受けます。

このため、検査がひと通り終わるまでに1~3か月ほどかかります。

ひとつ検査を逃すとその検査を受けるために1か月待つことになるので、早めに治療を開始するためにも、検査スケジュールがずれないように気をつけましょう。




不妊治療のタイミング療法の流れと期間

タイミング療法とは、排卵が起きる日を予測して、当日や前日を目安にセックスをする方法です。

基礎体温をつけることで自分で予測することもできますが、病院で検査を受ければ、さらに正確な排即日がわかります。

排即日を予測する検査では、まず超音波検査で卵胞の大きさを測定します。

そして、卵胞の直径が16mm以上に成長したら、黄体化ホルモンの濃度を調べる尿ホルモン検査と、粘液の結晶の形を調べる頚骨粘液検査を行います。

そして、これらの検査と基礎体温表などから医師が排即日を割り出し、セックスのタイミングを指導します。

この方法だけで妊娠できる人も多くいます。

タイミング療法を1~3か月ほど行っても効果がない場合には、排卵誘発剤を用いることもあります。

これは排卵をうながすほか、質のよい卵子を育てるのが目的です。

不妊治療の流れと期間に関するるYouTube動画紹介

不妊治療検査の一連の流れ

不妊症治療の費用と治療の期間

不妊治療にかかる期間





このページの先頭へ