裏ワザ!保険の掛け金が払えない場合

わわわ、お金がナイ!


今月分の保険料が払えなーい、というときも、すぐに保険が失効してしまうわけではないから安心してください。

払い込みには一定の猶予期間があり、月払いの場合は、翌月中に払い込めば、何の問題もないです。

だけど、2ヵ月続けて払えないとなると、保険は失効してしまう恐れがあります。

せっかくアレコレ悩んで入った保険が解約になってしまうのは、なんとももったいないですね。


しかし、そんな場合でも、急場をしのぐ手はあります。

保険が積み立てタイプのものなら、保険料の自動振替貸付制度というのがあります。

これは、解約したときに戻ってくるお金で、掛け金を立て替えてもらうというものです。

そうしてお金ができたときに、立て替え分を支払えば元に戻ります。

ただし、立て替えは貸し付けという形になるので、約6%ほどの利息がつきます。

また、解約したときに戻ってくるお金がない、掛け捨て保険や、戻ってくるお金が、滞納している保険料より少ない場合は、この制度を利用できません。

そして、家庭状況の変化などで、これまでの保険料を払い続けられなくなった、というときには…まず、保険金を減額し、負担を軽くするという方法があります。

もちろん、減額によって、死んだときにもらえるお金や、特約の保障などの入院したときにもらえるお金なども少なくなってしまいます。

あるいは、保険の払い込みをその時点でやめ、保険料の払い込み完了という形にしてもらうこともできるのです。

この場合、それ以上払い込まなくても、保障は初めに決めた期間中は続きます。

当然保障額は少なくなりますが、少なくなっても保障がなくなるよりましです。

 

保険料が払えないからといって、そのまま放置したり、無理に支払って、生活に影響がでるようなら、一度、専門家に相談するといいでしょう。

今月保険料が払えない、払うのが苦しいという方は、保険が無効にならないうちに、専門家にチェックし直してもらいましょう。

知り合いの紹介などで入った保険の場合、直接、紹介してもらった営業の人には聞くのはずかしい。

そんな方は、ネットの無料相談を利用すれば如何でしょうか。

公式サイトから、保険の内容と今の支払い状況を、短い文章でもいいですから打ち込んで送信すれば、メール等で適切なアドバイスが返送されてきます。

また、直接会って相談することもできます、

対面相談も無料で対応してくれます。

相談すると、しつこく勧誘してくるんじゃないかと心配される方もおられますが、「保険相談Navi」なら、そんな心配はいりません。

「保険相談Navi」は、特定の保険会社の営業マンではなく、FPの中でも特に優秀なFPが、無料で相談してくれます。

ご来店の際にも、多くの保険からユーザーの状況にあった最適な保険の見直しをアドバイスしてくれます。

もちろん強引な営業は一切ありませんので、安心して相談できます。

「保険相談Navi」は、相談者満足度98%を誇っています!

もっと詳しく「保険相談Navi」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

保険のことは、ファイナンシャル・プランナーに相談する時代です >>

 


しつこい勧誘はイヤだ!その方にオススメです

 

特定の保険会社の営業マンではないので、多くの保険からユーザーの状況にあった最適な保険を提案してくれます。もちろん強引な営業は一切ありませんので、ご安心下さい。相談者満足度98%を誇っています!



 

保険相談Navi
公式サイトから、1分で無料相談のお申し込みができます。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ