<目次>
・食前のコップ一杯の低脂肪乳で、お腹の脂肪が落とせる!

・お腹の脂肪を落とす!手軽においしく飲めるダイエット茶

・お腹の脂肪の減少と疲労解消には1日に25mlの酢をとる

・お腹の脂肪を落とす方法に関連するYouTube動画紹介

食前のコップ一杯の低脂肪乳で、お腹の脂肪が落とせる!

牛乳は栄養が豊富なので、「飲むと大る」と思っている人が多いのかもしれません。

ところが、牛乳を飲めば大るどころか、やせることがわかったのです。

ある専門学校が女子学生を対象に実験をしました。女子学生を2つのグループに分けて、片方は1日1回低脂肪乳を200ml飲み、片方は乳製品の決まりを設けませんでした。

そして両方のグループに4ヵ月間ダイエット生活を心がけてもらったのです。

その結果、低脂肪乳を飲んだグループは平均1.0kg減、対照群は1.1kg減と、体重には大きな差が出ませんでした。

ところが、体脂肪量は、低脂肪乳群が1.7kg減、対照群が0.4kg減と、大きな差が出たのです。

また、筋肉量はそれぞれ、0.7kg増と、0.7kg減、ウエストは、低脂肪乳群は3,6cmも細くなっていましたが、一方の対照群は1.1cm減でした。


つまり、牛乳を飲むだけで、体脂肪が減り、くびれができたのです。

そのカギを握るのはカルシウム。

牛乳に含まれるカルシウムが、カルシウム調節ホルモンに働き、脂肪細胞内のカルシウム濃度が下がって、脂肪が分解されたと考えられます。

ダイエットのために牛乳をとるときのコツは、必ず食前に飲むこと。

カルシウムの吸収効率がよくなるだけでなく、適度な満腹感で食べすぎを抑えることができます。

また、肥満を防ぐためなら、できれば低脂肪乳を選んでください。

また、お腹の脂肪を落とすには、黒豆がオススメです。

お腹の脂肪を落とす!手軽においしく飲めるダイエット茶

先程も言いましたが、お腹の脂肪を落とすには、黒豆がオススメです。

黒豆には、アントシアニンという成分が含まれており、アントシアニンは、お腹の脂肪、言わゆるメタボリックシンドローム予防に非常に効果があるのです。

アントシアニンは、脂肪の吸収を抑制し、内臓脂肪を溜まりにくくし、余分な脂肪を排出してくれる作用があるのです。

メタボが気になる方は、アントシアニンを豊富に含んだ黒豆茶をお試しください。

黒豆配合のダイエット茶でオススメなのが「メタボメ茶」です。

「メタボメ茶」は、静岡の老舗お茶屋が厳選した4種のスッキリ素材を配合しています。

また、独自の醗酵技術で飲みやすくまろやかな味わいに仕上げています。

「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「脂質ゼロ」に加え、スッキリ、メラメラを応援する成分が入っていますので
まさに中年太り専用茶なのです!

「メタボメ茶」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>メタボメ茶を飲んでも効果がでない人はどんな人

お腹の脂肪の減少と疲労解消には1日に25mlの酢をとる

クエン酸は、体内のエネルギー生産をつかさどるクエン酸回路を動かし、脂肪を燃えやすくします。

また、酢にはアミノ酸も豊富です。

アミノ酸は体内に人ると脂肪の合成を抑える働きをするのですが、最近では、酢のアミノ酸がコレステロールを下げる働きも明らかになっています。

酢の、体のペーハーバランスを整える働きについても見逃せません。

現代人の体は、肉食の増加や運動不足などで酸性に傾いています。

酢をとると、体液をアルカリ性に傾けることになり、その結果腎臓の働きが活発になって体内の老廃物を排出することになります。

そして、むくみがとれて、体全体がすっきりするのです。

このようにダイエットには万能ともいえる酢ですが、ただガブ飲みすればいいというものでなく、とり方にはコツがあります。

酢は、1日に体重1㎏あたり0.5mlとれば十分です。

体重が50㎏なら、25mlが目安になります。

飲むタイミングは食後がおすすめ。

食前に飲むと、酸味で食欲が刺激されるだけでなく、消化管を傷めることもあります。




メタボメ茶を飲んでも効果がでない人はどんな人
ダイエットプーアールを製造販売しているゲンナイ製薬株式会社に、「メタボメ茶」を実際飲んでみてどうなのか? 問い合わせてみました。…  もっと詳しく知りたい方は…


お腹の脂肪を落とす方法に関連するYouTube動画紹介

お腹の脂肪を落とすにはどうしたら良いですか?

お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット!

お腹の脂肪を落とす☆簡単エクササイズ





このページの先頭へ