<目次>

・200人の臨床で明らかになった、海洋深層水の血液サラサラ効果

・海洋深層水を摂取すれば生活習慣病予防で血液サラサラに!

200人の臨床で明らかになった、海洋深層水の血液サラサラ効果

高知市で脳外科を開業する青木道夫先生は、ご自分で海洋深層水を飲んで体調がよくなり、「これはいい!」と実感してから、外来患者さんの協力を得て、海洋深層水の研究を始めました。

3年前から始め、200人以上のデータを集めました。体を温めて血流をよくしたり、血液をサラサラにしたりと、思った以上の効果に驚いています。

まず、患者さんたちに、コップー杯の深層水を飲んでもらい、30分後に体温を測ったところ、10人中9人の割合で体温が上がりました。

これは、血流が改善して、体温が上がったということです。

さらに長期飲用を続けた方たちは、肩こりゃ腰痛、冷え症、生理痛などの改善も見られました。


血液をサラサラにする効果も認められました。

脳外科には、脳梗塞の恐れがある患者さんが大勢訪れ、薬品で血栓を溶かす治療なども続けられています。

そして実験の結果、海洋深層水によっても医薬品に負けない効果があることがわかったといいます。

海洋深層水を飲用後、『血小板凝集能』という、血液サラサラ度を調べる血液検査を行ったところ、かなりはっきりとした効果が現れました。

私は、海洋深層水を活用すれば、血栓を溶かす薬の減量にもつながると考えています。


この臨床結果でわかるように、海洋深層水は、血液をサラサラにする作用があることがわかります。

では、海洋深層水のどの成分の働きが、血液をサラサラにするのでしょうか?

海洋深層水には、多くのマグネシウムが含まれています。

このマグネシウムが、血液をサラサラにする働きをするのです。

マグネシウムは血管が正常に機能するように働きます。

血管を拡張することによって血圧を下げたり、血管が詰まるのを防いだりする働きもあります。

そのため、高血圧や動脈硬化、偏頭痛が予防できるのです。

しかし、マグネシウムが不足すると血液が凝固しやすくなり、血栓の危険が高まります。

また、マグネシウムが不足すると、細胞内に取り込まれる水分が多くなり、むくみさらには高血圧の元になりやすくなります。

海洋深層水の飲料水でオススメなのが、室戸海洋深層水で取水したものを、100%原料としてつくられた飲料水「AECスッキリウォーター」です。

 

「AECスッキリウォーター」は、血液をサラサラにする成分、マグネシウムを500mlあたり120mg含んでいます。

マグネシウム含有量トップクラスの海洋深層水の飲料水です。

健康診断などで、中性脂肪や血糖値が高い方は、「AECスッキリウォーター」を一度試してみたは如何でしょうか?

もっと詳しく「AECスッキリウォーター」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

マグネシウムが補える海洋深層水! 妊娠中でも安心して飲めます。 >>

海洋深層水を摂取すれば生活習慣病予防で血液サラサラに!

やみなせクリニックなどで生活習慣病予防に取り組む青野治朗先生は、人体の約60%は水分でできていて、細胞の中にある水が45%、残りの15%が血液など、細胞の外にある水で、これらを体液の構造は、海水とそっくりとおっしゃっています。

先生は水が持つ力に着目し、生活習慣病予防に活かすために研究を続けています。

現代人はカロリー過多、カロリーが体内に溢れると、当然血液も影響を受けます。

ですから、体は自然と血液の成分を一定の状態に保とうとします。

このときに水がとても役に立つんです。

口から入った水は食道や胃を通って、ほとんどが小腸で吸収されます。

小腸で吸収されなかった水は大腸で吸収され、血液中に入ります。

ですから、水分を補給することは「血液の基」を体内に摂り入れていることになるのです。

水分を補給すれば、糖が多量に入ってドロドロになった血液の成分が一定に保たれ、血液はサラサラになるのです。

では水分補給をせずに力口リー過多のままだと、血液中でどんなことが起こるのでしようか。

カロリーが過多になると、血液中に糖があふれ、すい臓からインスリンが分泌され、細胞までブドウ糖を送り届けます。

しかし現代人のようにカロリー過多の状態が長く続くと、インスリンの働きが鈍化したり変異したりして正常に働かなくなってしまい、その結果、高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などが起きてしまうのです。

このような状況を防ぐ効果的で簡単な方法は、海洋深層水などノンカロリーの水を補給すること。

「カロリーの摂取はできるだけ食事だけにして、あとはノンカロリーの水を補給すると、血液がサラサラになり、先はどの高血圧や糖尿病などを防げるのです。

その際、ミネラルバランスがすぐれ、体に吸収されやすい海洋深層水などの水を選ぶとさらに効果的です。

次に水を飲む回数についてですが、青野先生は1回につきコップー杯、200ミリリットルを1日に7~8回、最低でも合計約1.6リットル飲むことをすすめています。

まず朝起床してから、10時ごろ、15時ごろ、就寝前、あとは各食事の前、入浴の前後は欠かさずに水を飲んだ方がよいでしょう。

特に入浴は汗をかくので血液がドロドロになって血管障害の危険が高まりますから水分補給が有効です。

体に吸収されやすいノンカロリーの水分を補給して生活習慣病を予防。

まずはこまめに水分を補給する習慣を身につけましょう。

 


生活習慣病の救世主

 

秋葉原駅クリニックの頭痛専門医大和田潔医師と研究を行い、マグネシウム含有飲料を摂っていただくことで、片頭痛を予防・緩和することを目的にした画期的な健康飲料を開発しました。



 

AECスッキリウォーター
公式サイトでは期間限定で、今だけ!お試しセットを、最大55%OFFで販売しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ