<目次>
・産後や閉経後に性器がかゆくなるのは?

・産後や閉経後の膣のケアはどうすれば…?

・かゆい、ブツブツがある、ムズムズする…「性器がかゆい」ってどういうこと

産後や閉経後に性器がかゆくなるのは?

産後や閉経後は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ることによって、膣の分泌物が減って乾きやすくなり、性器周辺の皮膚や粘膜がデリケートな状態になってかゆみが出やすくなります。

またエストロゲンには、膣の自浄作用を保つ働きがあり、自浄作用が落ちて感染も起きやすくなります。

産後や閉経後の膣のケアはどうすれば…?

産後や閉経後の性器のかゆみは、一般的な携帯ビデや、その他のケア商品では、なかなか解決できません。

その理由は、閉経前や閉経後は、ホルモンバランスの乱れから起きているからです。

ホルモンバランスの乱れが引き起こす膣内トラブルは、洗浄や一時的な対策では解決しません。

ではどうすれば…?

それは、乳酸を適切に摂取することが必要です。

そこでオススメなのが「ウェットトラスト」。

pHバランスを整える乳酸を配合し、保湿天然成分もたっぷり配合しています

もっと詳しく「ウェットトラスト」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。




デリケートゾーン用ケアゼリー
ウェットトラストは、注射器タイプの容器に入っているので、潤滑ゼリーを直接手に取ることなく、衛生的かつ簡単にお使いいただけます。 もっと詳しく知りたい方は…



かゆい、ブツブツがある、ムズムズする…「性器がかゆい」ってどういうこと

そもそも「かゆみ」は、外界の刺激に対して起きる反応の一種。刺激によって、体内の「肥満細胞」というところから「ヒスタミン」という物質が出て、それが神経の受容体にくっつくことでかゆみが起こりま烹ヒスタミンが放出される原因として、左の「かぶれ」と「菌などの感染」の2つの要因があります。

菌などの感染を起こしている

アクセサリー(金属)かぶれや、おむつかぶれなど、かぶれは、皮膚が刺激物に触れることで起こるもの。

性器のかぶれは、おりものシートやナプキン、ごわごわした下着などに触れることで、皮膚が刺激を受けて起こります。つまり接触性の皮膚炎が起きているため、かゆくなります。

 

菌などの感染を起こしている

性器の中(控)や周辺の皮膚および粘膜に、小さな傷などがあったり、乾燥やかぶれでデリケートな状態になっていると、そこから細菌や真菌(カビ)などに感染し、皮膚や粘膜に炎症が起こります。

これがかゆみの原因。ふだん皮膚に存在している菌(常在菌)に、抵抗力が弱くなったときに感染することもあれば、セックスによって相手から菌をうつされて感染することもあります。

 


デリケートゾーンのデイリーケアを始めませんか

 

ベビ待ち、産後、更年期、閉経後の女性にご好評頂いてます。植物性コラーゲンをはじめとする6つの天然成分を配合し、潤いが長続き!婦人科・産婦人科でも使用されています。




ウェットトラスト
公式サイトでは、お得なまとめ買いを用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ