脳卒中は、偏った食事や運動不足、ストレス、喫煙、過度の飲酒といった生活習慣の乱れと、その延長線上にある高血圧や糖尿病、脂質異常症、心臓病などの病気が大きな原因になっています。

このサイトでは、脳卒中を予防する食べ物・飲み物について解説していきます。


<目次>

・脳卒中予防!脳の血管のしなやかさを高める飲み物

・脳卒中予防!脳の血管トラブルを未然に防ぐ食べ物

・脳卒中の予防に関連するYouTube動画紹介

脳卒中予防!脳の血管のしなやかさを高める飲み物

赤ワインが注目されるようになったのは、フランスでの心臓病による死亡率が、ほかのヨーロッパ諸国とくらべて低いと疫学調査で明らかにされてからです。

また、別の調査では、赤ワインを常飲する人は飲まない人にくらべて、アルツハイマー病の発症が4分の1、そのほかの認知症が5分の1と少ないとわかりました。

しかし、その理由はわからないようです。

ある説では、赤ワインのポリフェノールに、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑制する作用があるのではないかと言われています。

これらを科学的に確かめる実験を行ったのは日本の研究者のグループです。

実験の結果、450~500mlの赤ワインを2週間、毎日飲んだ人のLDLは、平均10%も酸化が抑制されていることがわかりました。

その5年後、赤ワインの血管拡張作用を調べたところ、超音波を用いて上腕の動脈の大さを測定しておき、赤ワイン約500mlを飲んで30分後と120分後に血管の大さの増減を測りました。

すると、飲酒して120分後には約9%の血管拡張が見られたのです。

ただし、赤ワインを健康に役立てるには、あくまで肝臓の負担にならない程度の量(200ml)を心得て飲んでください。

また、アルコールの苦手な方は、ポリフェノール配合のサプリメントがいいでしょう。

脳卒中予防!脳の血管トラブルを未然に防ぐ食べ物

血圧は、高くても症状はないため、高血圧はサイレントキラーと言われています。

血圧を高いまま放っておくと、細い脳の血管に圧がかかったままの状態となり、脳の細い動脈がつまったり、破れたりして脳卒中の原因となります。

高血圧には、体内の血圧調節機構が関係しています。

血圧調節機構とは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡというペプチドと、血圧を下げるブラジキニンというペプチドがそれぞれ働き、血圧を調節するというものです。

高血圧予防する食品には、そば、お茶、豆類など、古くから体によいといわれてきた伝統食です。

特にそばは血圧を下げるほか、毛細血管の壁を強化する作用があるルチンも豊富に含まれています。

ルチンの効果が期待できるそばの量は1日に約50g、つまり軽く1食分。

ねぎや大根おろしなどの薬味に含まれるビタミンCもまた、そばの血管強化作用を強めてくれます。

毎日そばを食べるという訳にはいきません。

そこでオススメなのが、プチド配合のサプリメントです。

プチド配合のサプリメントで一押しなのが、「わかめペプチド粒タイプ」です。

「わかめペプチド粒タイプ」は、わかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできた「わかめペプチド」の働きで、血圧を上げる物質の生産を低下させ、血圧を下げる物質の分解を減少。

ダブルの作用で血圧を安定させます!

 


高めの血圧が気になる方に!血圧の安定を…

 「わかめペプチド」をさらに手軽に、どこでもお召し上がりいただけるようにと、わかめペプチドを錠剤状にしたもです。




わかめペプチド粒タイプ
公式サイトでは、お得な!定期コースを用意しています。
 詳しくはこちら>>

脳卒中の予防に関連するYouTube動画紹介

脳卒中の予防 その1

脳卒中の予防 その2

脳卒中予防講演会





このページの先頭へ