痩せ体質を作るために脂肪の代謝を上げる必要があります。

脂肪の代謝量が大きいと脂肪が燃燃焼されやすくなり、結果的に「太りにくい」体質になります。

このサイトでは、脂肪の代謝を上げる食べ物について解説していきます。


<目次>

・脂肪の代謝を上げるには、大豆を丸ごと食べるとよい!?

・脂肪の代謝を上げるサプリメントはコレです。

・大豆の食物繊維が肥満を防止!

・脂肪の代謝を上げる方法に関連するYouTube動画紹介

脂肪の代謝を上げるには、大豆を丸ごと食べるとよい!?

肥満防止に役立っている主役級の栄養素をご存じでしょうか。

それは、大豆に含まれているタンパク質です。

私たちは肉や魚なども含めたさまざな食品からタンパク質を摂取していますが、大豆タンパクの摂取比率が高まると、体内に脂肪が蓄積しにくくなります。

大豆タンパクに含まれるペプチドという物質には、この細胞の中でのベータ酸化を活発化させる、つまり脂肪を蓄積させない働きがあるのです。


肥満防止効果を期待して大豆をとるには、大豆を丸ごと食べることが最適です。

大豆を丸ごと食べる方法としては、煮豆、納豆、枝豆などがあります。

また、大豆に含まれている成分イソフラボンは、肝臓に働きかけて脂肪の代謝をコントロールす作用があります。

イソフラボンは、年代特有の新陳代謝の低下を抑えたりして、体脂肪の蓄積を防いでくれるのです。

40歳を過ぎて、ダイエットに挑戦しようとお考えの方は、イソフラボンの成分を摂取すると、効率的にダイエット効果を発揮します。

イソフラボンは大豆以外のいろいろな植物にも含まれていますが、そのほとんどが非常に含有量が少ないため、十分な効果を得るにはなかなかむずかしいものがあります。

また、大豆でイソフラボンを摂取しようと思うと、摂取カロリーが気になり、なかなか思った量の大豆イソフラボンを摂取しにくいものです。

大豆イソフラボンでダイエットを考えている方には、サプリメントがオススメです。

脂肪の代謝を上げるイソフラボン配合のサプリメントはコレです。

年齢を重ねると新陳代謝の低下がおこります。

年齢に伴う体脂肪の蓄積を防いで、脂肪の代謝を上げるイソフラボン成分配合のオススメのサプリメントを紹介します。

まず1つは、「マルチポリフェノール」です。

「マルチポリフェノール」は、わかめスープでおなじみの理研ビタミンは、長年にわたる海藻の健康効果の研究から、海藻ポリフェノールには「脂肪分の多い食生活を強力にサポートする」チカラがあることを発見しました。

「マルチポリフェノール」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

ぽっちゃり・中年体型が気になる方へ! >>

次にオススメなのが「シボヘール」です。

「シボヘール」は、お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)、ウエスト、体重(BMI)を減らすのを助ける機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」を配合しています。

「シボヘール」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品 >>

大豆の食物繊維が肥満を防止!

大豆には食物繊維がたくさん含まれています。

食物繊維には、中性脂肪を排泄し、皮下にためにくくする作用があるのです。

また、食物繊維は便秘の解消にも役立ちます。

便秘はダイエットの大敵ですから、食物繊維を十分にとって防ぎたいものです。

 

そして、大豆に含まれるタンパク質も、強力なダイエ。トの味方です。

この大豆タンパクには、基礎代謝を高める働きがあります。

基礎代謝とは、新陳代謝に費やすエネルギーのことです。

基礎代謝が高まれば、脂肪も燃えやすくなり、そのぶん皮下などにたまりにくくなります。

以上のように、大豆は肥満防止に効果を発揮してくれる食品ですから、おなかの脂肪が気になる人は積極的にとるように心がけましょう。

大豆そのものはもちろん、納豆、高野豆腐や厚揚げなどの大豆製品でも同様の効果を得られます。

また、大豆を粉末にして料理の仕上げに振りかけて使う大豆ふりかけも、簡単に作れて利用範囲が広いのでおすすめです。

脂肪の代謝を上げる方法に関連するYouTube動画紹介

【脂肪燃焼】たったの20回で代謝を上げるやり方とは?

お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット!

基礎代謝を上げる簡単な方法





このページの先頭へ