メタボを予防するには、やはり食べ物の摂り方が重要です。

脂肪を効率よく燃焼させる食べ物を摂ることで、メタボ改善に繋がります。

このサイトでは、メタボを予防する食べ物ランキングについて解説していきます。

<目次>

・メタボを予防する食品・食べ物はなに?

・メタボを予防する食べ物ランキング=ベスト3

・メタボ改善に代謝を上げる運動「塩もみマッサージ」

メタボを予防する食品・食べ物はなに?

メタボを予防に効果のある食品といっても、代謝をあげる、燃焼に効果がある、脂肪を分解する、と様々です。

それぞれの効果を踏まえて、上手なタイミングで食べるようにしましょう。

運動を効率的に脂肪燃焼につなげるためにも、有効な食品を積極的にとりましょう。

では、メタボを予防する食品を紹介します。

メタボを予防する食べ物
・レバー(豚・牛)…脂肪代謝促進&脂肪の蓄積予防
・とうがらし…脂肪分解促進
・赤身の牛肉…脂肪燃焼促進
・ゴーヤ…脂肪分解・燃焼を促進して、脂肪の蓄積予防
・しょうが…脂肪の分解の促進&脂肪の蓄積予防
・えのきだけ…脂肪吸収の抑制
・コーヒー…脂肪燃焼を促進
・椎茸…糖質や脂肪の代謝を促進

 


ダメだとわかったいても、炭水化物をやめられないなら…

血糖値の乱高下、炭水化物の吸収を抑え、糖尿病などを気にされている方やダイエットをしないといけない方にオススメのサプリメントです。




トリプルメタクリーンMHS
公式サイトでは、お得な定期購入を用意しています。
 詳しくはこちら>>

メタボを予防する食べ物ランキング=ベスト3

<メタボを予防する食べ物ベスト3>

1.大豆とクエン酸を合わせればメタボ予防は倍増する

2.ココア豆乳は空腹感を抑えてストレスなく減量できる

3.寒天とニンジンの組み合わせでメタボ予防と美容効果



1.大豆とクエン酸を合わせればメタボ予防は倍増する

酢のすっぱい味のもとのひとつである「クエン酸」には、体内脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

胃腸の働きを活発化させたり、疲労物質である乳酸を分解する作用などもあり、食欲不振やイライラ・倦怠感の回復、肩こり・腰痛などの改善にも役立ちます。

さらには、そのほかの有機酸との相乗効果で血液を浄化し、血行を促進します。

こうしたさまざまな効果効能を持つ酢とあわせてとりたいのが、大豆です。大豆は体内でつくることのできない9種類の必須アミノ酸をすべて含み、細胞の新陳代謝に大かせません。

タンパク質が不足するとやせにくくなりますから、良質のタンパク質を含む大豆は、毎日食べたい食品のひとつでもあります。

血行を促進する酢といっしょにとれば、大豆の成分が体全体にスムーズに行き渡り、健康効果はいっそう高まるはずです。

密閉容器に吉見とレモンを入れ、酢に漬ければ「レモン酢大豆」ができます。

レモンにもクエン酸が含まれていますから、風味も効果もアップします。

暑さで疲れたり、胃腸が弱りやすい夏場に、1日に15粒程度とれば効果を発揮してくれるでしょう。

【レモン酢大豆の作り方】

■材料
・大豆100g
・レモン1個
・酢500ml

■作り方

1.レモンはよく洗って輪切りにする


2.密閉容器に洗ってよく水けをふいた大豆を入れて、上からレモンをかぶせるように入れて、酢を注ぐ


3.ふたを閉めて、1日おけばでき上がり

※1日大豆15粒を食べる。残った酢も15・を目安に飲むとよい。
※冷暗所で上手に保管すれば半永久的に保存できる。材料のつぎ足しはできない。
※少量のしょうゆや大根おろし、めんつゆなどで味つけするとおいしく食べられる。



2.ココア豆乳は空腹感を抑えてストレスなく減量できる

脂肪を確実に落とすには、体に必要な栄養素をきちんと摂取しながら余分なカロリーを抑えなくてはなりません。

そこでおすすめしたいのが、「ココア豆乳」ダイエットです。低カロリーでありながら、体に不可欠なタンパク質の補給源として最適なココア豆乳を飲めば、だれでも健康的に減量することができます。

豆乳に含まれる良質なタンパク質は、筋肉や内臓をつくり、同時にその働きを高めます。

そのため、基礎代謝量がふえ、体脂肪が自然と燃焼していくのです。

また、豆乳のサポニンには、腸の内側にあるじゅう毛を小さくし、体内に消化・吸収されるエネルギーの絶対量を減らすという作用もありますから、たいへん効率よくダイエットができます。

たとえば、毎日の夕食をココア豆乳に置きかえれば、1カ月で3~4㎏やせる計算になります。

「お腹が減ってつらいのでは」と心配されるかもしれませんが、大丈夫。

必要な栄養素はきちんととれますから、案外空腹感はありません。

ココア豆乳を飲むと、脳内の満腹中枢を刺激する物質が血液中に増えるということもわかっています。

大食漢の中年男性もぜひ試してみてください。

【ココア豆乳の作り方】

■材料
・豆乳200ml
・無糖ココア大さじ1
・はちみつ小さじ1

■作り方

1.豆乳を鍋に入れて弱火にかけ、ココアを少量ずつ加える。だまにならないよう、まぜながら加える


2.はちみつを加え、沸騰直前まであたためる。沸騰させると、ココアの香りが消えて苦味が出やすい


3.でき上がり。1杯のカロリーは約180・(無調整豆乳を使った場合は約152・)。作りおきはできない



3.寒天とニンジンの組み合わせでメタボ予防と美容効果

寒天でダイエットをしながら、もっと効率よく栄養素をとりたい!・という人もいるはず。

そんな人におすすめしたいのが、すりおろしたニンジンと粉寒天で作る「ニンジン寒天」です。

寒天にすりおろしたニンジンを加えて食べることで、歯ごたえがアップして味もよくなり、ニンジンの健康効果の恩恵にもあずかることができます。

ニンジンに含まれるβ‐カロチンには、老化や病気のもととなる活性酸素を撃退する作用があります。

β-カロチンは体内で目の健康を守るビタミンAに変化します。

値段も手ごろで、1年中いつでも買えますし、すりおろして寒天で固めることで、ニンジン特有の風味も抑えられますから、ニンジン嫌いの子供も抵抗なく食べられるのではないでしょうか。

【ニンジン寒天の作り方】

■材料
・ニンジン1本(約150g)
・粉寒天小さじ1と1/2
・水400ml

■作り方

1.ニンジンの皮を薄くむいてすりおろす


2.水を入れた鍋に粉寒天を入れて、弱火で1~2分煮立たせてよく溶かしたあと、火からおろして1.を加えてかきまぜる


3.2.を型に注ぎ入れて、あら熱がとれたら冷蔵庫へ。固まったらでき上がり

 

※ニンジンジュース、トマトジュースまたは豆乳(各250ml)と粉寒天(4g)で作ってもおいしい。ジュースは、そのまま火にかけ粉寒天を入れて溶かす。豆乳は、先に煮溶かした寒天の冷ましぎわに豆乳をさっとまぜ合わせる。

また、サプリメントの活用もオススメします。

メタボを予防するサプリメントでオススメなのが「トリプルメタクリーンMHS」です。

「トリプルメタクリーンMHS」は栗渋から採れたポリフェノールで糖の吸収をブロックします。

アーユルヴェーダで古くから糖尿病の予防改善に重宝されてきた天然ハーブのサラシアさらに、吸収できなかった糖を、ヒハツの力で善玉菌のエサにしてしまい、糖の吸収をメインの3つの成分でブロックしてくれます。

もっと詳しく「トリプルメタクリーンMHS」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>糖尿病や血糖値が気になる方やダイエットを目指す方に愛用されている

メタボ改善に代謝を上げる運動「塩もみマッサージ」

用意するものはあら塩だけ。マッサージを行う場所は、風呂の洗い場が最適です。毎日の入浴のときの習慣にもしやすいでしょう。

塩マッサージを行う前に、腹式呼吸(またはラジオ体操)と入浴をすませておきます。

この2つで体があたたまり、気の通りがよくなり、塩マッサージの効果がアップします。

ぽかぽかになった体で正座かあぐらを組み、背中を伸ばします。そして、あら塩を手につけて、体の外から内へ塩をもみ込みます。次に時計回りでぐるりと一周。これを2セット行います。

手のひらに塩が余っていたら、鎖骨やわきの下ももみほぐしましょう。

二の腕やふくらはぎ、大ももなども行えば、部分やせも実現します。

この塩マッサージは、あら塩を使うことがポイントです。

大きな塩の粒が、リンパやツボを刺激し、余分な脂肪や毒素を排出してくれるのです。

やり始めた当初は、塩の刺激で肌が赤くなったり、ぴりぴりすることがありますが、その場合は塩の量を加減し、少しずつふやしていきます。

また、マッサージの力も慣れに応じて徐々に強くしてもいいでしょう。





このページの先頭へ