最近では、スマホの見過ぎで、若い方も目のぼやけで困っているようです。

目のぼやけは、眼鏡疲労が最大の要因ですが、眼鏡疲労が続くと慢性的な症状になってしまいます。

このサイトでは、目のぼやけの治し方について解説していきます。


<目次>

・目のぼやけは慢性化させない!

・目のぼやけを解消する「耳つまみマッサージ」

・PCやスマホの後の目のぼやけの労眼に!

目のぼやけは慢性化させない!

目のぼやけはパソコンを長時間使ったあとや、手元の細かい作業をし続けたあとにあらわれやすく、原因の多くは近くを見続けているために起る「疲れ目」です。

疲れ目というと、つい軽くみて放置してしまいがちですが、目を十分に休養させて、疲れを解消する習慣をつかねいと「眼精疲労」が慢性的な症状になってしまいます。

疲れ目が慢性になってしまうと、首、肩のこりや、頭痛や嘔き気など、全身のさまざまな症状を伴うほか、「網膜症」など重い病気を引き起こすことにもあります。

 

また、かすみやぼやけが起る目の病気として、「白内障」があります。

また、視野の中心部だけがぼやけたり、うす暗く見えたりする場合は「黄斑変性症」「中心性脈絡網膜症」などの可能性もあります。

いずれも網膜の中心部に起る病気で、ぼやけや、かすむといった自覚症状が片側の目から始まることが多いようです。


目の疲れを感じたら、顔や目の血行が促進される耳つまみマッサージで、眼鏡疲労を改善しましょう。

目のぼやけを解消する「耳つまみマッサージ」

全身の各器官に働きかけるツボが配置されている「耳」。

東洋医学では耳をその人の分身と考えています。

耳を刺激することは、全身をくまなくマッサージするのと同様の効果があるのです。

体じゅうの血液のめぐりが改善され、代謝を活発にすることができます。

また、耳の周辺には顔の筋肉につながる動脈や静脈が流れています。

「耳つまみ」は耳をつまむだけの簡単な方法ですが、その刺激によって耳のまわりの筋肉がほぐれて、圧迫されていた血管が開き、顔や目への血流が促進されるという効果があります。

「耳つまみ」では耳の縁をつまみますが、耳たぶや耳先を折り曲げる、耳の後ろや下をさするなどの動作を加えると刺激がアップし、血行促進効果が高まります。

【耳つまみのやり方】

下→上に向かってつまむ場所を移しながら1周する。

1日3周、耳の縁をぐるっとつまむだけ

耳たぶから耳先へ向かって耳をつまむ。

つまむ強さは「気持ちいい」と感じるくらいがベスト。

あまり強くつまみすぎないこと。

「痛い!」という刺激は血管を収縮させてしまい、ますます血液の流れが悪くなる。

 


「あーもう目が疲れた!」そんな時に。

大切な目がこの先ずっと元気でいるために、デイリーケアとしてお使い頂きたいサプリメントです。




スマホえんきん
式サイトでは、お試し2週間分を用意しています。 詳しくはこちら>>

PCやスマホの後の目のぼやけの労眼に!

スマートフォンの普及による長時間の使用で、老眼のように一時的にピントが合いづらくなったり、目がかすみやすくなったりするケースが増えてきています。

日頃の疲れ目に役立つ商品やサービスも、これから徐々に増えくるでしょう

最近、目の症状が気になる方は、こじれて治りにくくなる前に、簡単にはじめられる、ファンケル「スマホえんきん」を使用して、早めのケアをオススメします。


「スマホえんきん」利用した人の喜びの声

(50代 男性)
・以前はブルーベリーの別の商品を購入してましたが、商品が変わったということで、購入してみました。目の疲れには同じように効いているようです。

(40代 女性)
・スマホばかり見ている私には、とっても頼もしい商品です。これからの変化が楽しみです。

(30代 女性)
・PCを使う仕事をしているので、目の疲れやかすみは毎日感じていました。とくに夕方。ブルーベリーからスマホえんきんに変えてからは、目のかすみが良くなり助かってます。おかげで作業の捗り具合が全然違います。

もっと詳しく「スマホえんきん」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>PC・スマホの労眼サプリメントが新登場しました。





このページの先頭へ