肌の潤いを保つには、保湿成分が配合された化粧品でケアしますよね。

しかし、いくら頑張ってケアしても、なかなか改善されなと悩んでおられる方もいるでしょう。

そこで、このサイトでは、内側から、すなわち食べ物から肌の潤いを保つ方法を紹介します。

<目次>

・肌の潤いを保つには、食べ物から補給するのがベスト

・肌の潤いを保つヒアルロン酸を超えた?話題の保水力成分とは?

肌の潤いを保つには、食べ物から補給するのがベスト

肌の乾燥が気になるときに、積極的に補給したい栄養素はビタミン類です。

とくに、肌にうるおいをもたらすビタミンAは必須。

ビタミンAはターンオーバーを調整し、本来のみずみずしくすこやかな状態で新しい肌が生まれるのをサポートします。

ビタミンAは、レバーや緑黄色野菜に豊富に含まれます。

また乾燥肌は、血行不良によって代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れた結果起こることもしばしばあります。

血行を促す働きのある鉄分をとると効果的です。


では、どんな食材を食べればいいのか?

100gあたりの食材にたいして、鉄分・ビタミンAの含有量ベスト5を上げてみると、

【鉄分】
1.乾燥のレンズ豆:9.4mg
2.鶏レバー:9.0mg
3.高野豆腐:6.8mg
4.ひじきの戻し:6.5mg
5.しじみ:5.3mg

【ビタミンA】
1.鶏レバー:14000μgRE
2.うなぎ:1500μgRE
3.モロヘイヤ:840μgRE
4.にんじん:680μgRE
5.とうみょう:390μgRE

何と、鉄分では2番、ビタミンAでは、ダントツの1番の「鶏のレバー」が肌の潤いに摂りたい食材なのです。

潤いが足りないと感じたら、鶏のレバーを食べるように心がけましょう。

【乾燥肌に効果がある究極のレシピ】

大豆とひじきのきんぴら

■材料(2人前)
ゆで大豆…100g
ひじき…大さじ4(戻して120g)
にんじん…1/2本(80g)
ごま油…大さじ1
七味唐辛子…少々

(A)
砂糖…大さじ1
しょうゆ…大さじ2
酒…大さじ1

■作り方
①ひじきはさっと洗ってからたっぷりの水につけて20分おき、水気をきる。にんじんは太めのせん切りにする。
②直径24~26cmのフライパンに大さじ1のごま油を熟し、大豆・ひじき・にんじんを加え、さっとまぜる。
③(A)を回し入れ、2~3分炒めて水分がなくなるまで炒め、七味唐辛子をふる。

 


目もと口もとのハリ不足に、肌環境の革命が…

加齢とともに気になる、保水力の低下・肌バリアの乱れ・コラーゲン量の低下をフロテオグリカン・レシチンの配合により補い、ピンっとふっくらむ、はすむようなハリと透明感をもたらしてくれます。




エミーノボーテ

公式サイトでは、お得な!初回特別価格キャンペーンを用意しております。
 詳しくはこちら>>

肌の潤いを保つヒアルロン酸を超えた?話題の保水力成分とは?

多くの方が保水成分といえば、まず思い浮かべるのが、コラーゲンやヒアルロン酸ではないでしょうか?

しかしここに来て、それらの成分をしのぐパワーが期待される美容成分が、『プロテオグリカン』です。

「プロテオグリカン」の特徴で一番注目したいのが、ヒアルロン酸を超えた保水力です。

その威力はわずか1gで60リットルもの水を抱え込むといわれています。

プロテオとはたんぱく質、グリカンとは多糖類のことを指し、糖たんぱく質のひとつです。

プロテオグリカンは「コラーゲンやヒアルロン酸に代表される美容成分に続く注目の成分」「美容成分の大本命」との呼び声も高い期待の新美容成分です。

加齢や運動不足、肥満などによって減少したプロテオグリカンは、サプリメントや食事などで摂取することで、再生を促すとする報告があり、その効果が期待されています。

「プロテオグリカン」配合のスキンケアでオススメなのが「エミーノボーテ」です。

「エミーノボーテ」は、プロテオグリカンに加え、ホホバオイルなど全30種類の美容成分配合で、安心の無添加処方です。

また、1つで7役のオールインワンなので、洗顔後これだけでケアが完結!忙しい女性でも簡単にお手入れができてとても便利です。

美容雑誌やマスメディアなどで大注目で、美容スキンケア部門、美容フェイスクリーム部門、美容コスメ・アイケア部門、楽天3部門トリプル受賞をした実績があります。

もっと詳しく「エミーノボーテ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

新体験オールインワン美容クリーム >>



目もと口もとのハリ不足に、肌環境の革命が…

加齢とともに気になる、保水力の低下・肌バリアの乱れ・コラーゲン量の低下をフロテオグリカン・レシチンの配合により補い、ピンっとふっくらむ、はすむようなハリと透明感をもたらしてくれます。 もっと詳しく知りたい方は…







このページの先頭へ