<目次>

・男性ホルモンを増やすには、あの食材が効果的です。

・男性ホルモンが回復する運動

男性ホルモンを増やすには、あの食材が効果的です。

テストステロン=男性ホルモンを増加させる食べものは、玉ねぎやニンニクなど抗酸化作用の強い食材です。


その中でも、段違いのパワーをもっているのが玉ねぎです。

玉ねぎには、ケルセチンという成分が含まれております。

ケルセチン成分は、男性生殖毒性に対し良い影響を与えることが報告されています。

カゴメ株式会社が、玉ねぎの摂取で、男性生殖毒性が抑制するかどうかの確認をした結果、精子の形成に関与するセルトリ細胞が、玉ねぎを摂取することで、その減少が抑制されたそうです。


玉ねぎ=ケルセチン成分は、テストステロンの排出も抑えてくれる働きがあります。

玉ねぎを「毎日2分の1個」を目標に、積極的に食べれば、勃起力とテストステロン値を高めてくれる作用が期待できます。

玉ねぎは、男性ホルモンを増加させる精力アップの食材ですが、どうしても食後のニオイが気になります。

そんなときに便利なのは、やっぱりサプリメント。

いくら玉ねぎが好きでも毎日食べるとなると難しいですが、手軽にとれるサプリならそれが可能です。

オススメのサプリメントは、ケルセチン成分配合「恵葉プレミアム」です。

「恵葉プレミアム」は、数少ないケルセチン成分配合のサプリメントで、本来は、国内トップクラスのアンセリン高配合のサプリメントとして宣伝しており、ビール好き・プリン体が気になる方にオススメの商品として販売されています。

「恵葉プレミアム」は、しっかり、ケルセチン成分が配合されていますので、男性ホルモンを高めたい方は、ぜひ一度、試してみては如何でしょうか?

もっと詳しく「恵葉プレミアム」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

ケルセチン成分配合のサプリメントで男性ホルモンを高めましょう。 >>

男性ホルモンが回復する運動

テストステロンが「運動で消費される」証拠として、前立腺がんの経験者が運動すると、再発や転移が少なくなることが確認されています。

実際、前立腺がんになった人が長距離を走ると、前立腺がんの指標となるたんぱく質PSA(前立腺特異抗原)とテストステロンが、どちらも走る前の半分に減っていたそうです。

運動でテストステロンが消費されるなら、「運動のやりすぎ」だってマイナスになるでしょう。

いくら運動が体にいいと言っても、やりすぎはテストステロンとの関係から見ても良くないです。

40代の市民ランナーが一念発起してマラソン大会に出ると、大会に向けてテストステロンの分倍量は増えていき、完走直後にその分泌量はガックリ落ちます。

元のレベルに戻るまでには、なんと「2~3ヵ月」の時間がかかるようです。

1カ月後に再びマラソン大会に出ると、大幅にテストステロンが下がり、なかなか元に戻りません。

ひどい場合はそのままLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)になってしまうこともあようです。

LOH症候群とはテストステロンの低下によって、頭痛、不眠、筋肉が減り、骨がもろくなるなどの身体症状のほか、精神面にも影響する病気です。

放っておけば命にもかかわります。

それを防ぐため、二度フルマラソンを走ったら、次のマラソン大会まで3ヵ月はリカバリー(休息)期間が必要となります。

ランナーズ・ハイという言葉もあるように、長距離走には独特の快感があるらしいです。

がんばればがんばるだけ、どんどん長い距離を走れるようになっていき、やがて念願のフルマラソンを完走も夢ではなく現実味がまし、そのため、ついがんばりすぎてしまう人も多いといいいます。

統計上、1カ月に200キロメートル以上走るとケガの発生率がグッと高まります。

それはテストステロンが低い状態で運動を続けいるせいではないかと専門家はいいます。

1カ月の走行距離は200キロメートル以内に抑えることを守りましょう。

 


ケルセチン成分配合のサプリメントで男性ホルモンを高めましょう。

痛風に抜群の効果を発揮するアンセリンや抗炎症作用を持つキャッツクロー、サラサラ健康パワーのケルセチンなど、希少な成分を贅沢に配合しています。




恵葉プレミアム
公式サイトでは、お得なセット販売を用意しております。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ