お酒を飲んだ翌朝の顔のむくみを防ぐには?

アルコールを飲んだ翌朝に顔のむくみを経験した人も多いでしょう。

飲酒時にはおつまみなどの塩分摂取、アルコールによる利尿効果が相まって喉が渇き水分の過剰摂取状態となります。

そしてそのあと眠ると、睡眠中には「抗利尿ホルモン」が自然と増え体内に水が溜まってしまいます。

この「抗利尿ホルモン」のおかけで、就寝中にあまリトイレに行かずにすみますが、顔を中心とした全身のむくみが生じるのです。


起床後に抗利尿ホルモンの分泌が減少し、尿の量も自然に増加、顔のむくみはやがて解消していきます。

もし、いつもとは違って顔のむくみが消えていかない場合は、病的なものを考えていくことになります。

全身のむくみに息切れや血尿などの症状を伴ったり、むくみが何日も続く場合は、腎戮や心臓、肝臓などの病気の可能性があります。

感冒後、数日でまぶたの周りを中心に顔がむくんで尿量が減り、血尿もある場合は急性腎炎の疑いがあります。

顔から全身にむくみが広がる場合はネフローゼ症候群、足首から全身がむくみ、息切れが伴うなら、うっ血性心不全の疑いがありますので、必ず医師の診断を受けるようにしてください


むくみを取るには、まず余分な塩分と水分を排出することが重要です。

そのためには利尿作用があり、余分な塩分も出してくれるカリウムを多く含む食品、昆布、キュウリ、スイカ、リンゴ、海苔などを摂るとよいでしょう。

サプリメントでも同様の効果があります。

むくみ改善のサプリメントで、カリウム配合の商品でオススメなのが「メグリスリコピンプラス」です。

「メグリスリコピンプラス」は、4種の「巡る」ハーブエキスを配合しており、配合量も全公開しています。ハーブエキス以外にも利尿作用のあるカリウムとリコピンが配合されており、余計なものを入れず低価格を実現した、安心・安全のの国産サプリメントです。

もっと詳しく「メグリスリコピンプラス」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

パンパンになる前に飲んでキュキュッ!助かっています!! >>





このページの先頭へ