子供の夜更かしは、肥満になる

夜更かしが肥満につながることは、昔から経験的に多くの人が知っていることですが、そのメカニズムについては、はっきリしたことがわかっていませんでした。

しかし最近の研究により、睡眠不足が食欲に関わるホルモンに影響を及ぼすことがわかってきました。

1999年、日本の寒川賢治博士らは、胃から分泌されるペプチドホルモンのひとつ、グレリンを発見しました。

グレリンは脳の下垂体という部分に作用して成長ホルモンの分泌を促す働吉がありますが、それだけでなく、脳の視床下部にも作用して食欲を増進させる働きもあります。

食欲をコントロールする脳内ホルモンには、グレリンのほかに、レプチンというものもあります。

レプチンは、グレリンとは反対に、食欲を抑える働きがあります。

アメリカのスタンフォード大学の研究グループでは、睡眠不足が摂食に関わる脳内ホルモンのバランスを乱すことを発見しました。睡眠不足におちいると、脳内のレプチンが減リ、グレリンが増えます。

また、その他のホルモンにも変調をきたします。その結果、空腹感が強くなり、食べ特に対する嗜好性が変化するといいます。

夜中にやたらとおなかがすいて、少量でもこってりした食べ特を食べたくなる、という経験は多くの人にあると思いますが、それは夜更かしのせいで脳内のホルモンが乱れているからなのです。

つまり夜更かしすると、単に小腹がすくだけでなく、太リやすいものを食べたくなってしまうのです。


夜更かしは、肥満の敵です。

子供を本気で本気でダイエットさせたいなら、早く寝させること。朝、すっきり目覚めて朝食を食べれば、間食やドカ食いなども抑えられるはずです。

しかし、最近の子供たちは、塾や習い事で帰宅するのが遅く、曜日によっては、0時を過ぎての就寝ってこともよくあるでしょう。

そういった子供たちや親御さんに、塾や習い事を辞めなさいなんて言えません。

できるだけ早く寝るようにと、忠告するしかないのが現状です。


どうすれば肥満を解消できるのか?

先程もいいましたが、夜遅くまで起きていると、脳内のホルモンが乱れて、ドカ食いをしたり、こってりとしたものを食べたくなります。

それを抑えるためことができれば、少しは肥満の改善につながります。


どんなものを食べればいいのでしょう。

オススメなのがダイエット食品です。

ダイエット食品といっても、いろいろありますが、一番いいのがスムージーです。

スムージーは、野菜や果物をメインにつくられていますので、食物繊維が豊富で、ダイエット食品ですから、満腹感も得られます。

子供が飲める、人気のスムージーといえば「ミネラル酵素グリーンスムージー」です。

「ミネラル酵素グリーンスムージー」は、日本、シンガポール、アメリカ、フランスの4カ国でランキング1位を獲得しているスーパーグリーンスムージーです。

また、ミネラル酵素グリーンスムージーには約200種類の野菜・フルーツ、ミネラル、酵素が含まれています。

お味も、アセロラやマンゴー、ピーチ、ラ・フランス、アマゾンフルーツ、はちみつレモン、豆乳抹茶、など数種類のテイストから選ぶことができるのです。

学校帰りの間食や、塾から帰宅後の夜食前、朝食がわりにも最適です。

もっと詳しく「ミネラル酵素グリーンスムージー」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 肥満が改善!子どもが飲めるミネラル酵素グリーンスムージー >>





このページの先頭へ