<目次>
・コンビニ弁当で血糖値を上げない食べ方はコレです。

・血糖値が昇を抑える!ポリフェノール配合サプリ!!

・血糖値の上昇を抑えるには、20回以上噛んで食べる。

・血糖値の上昇を抑える食品に関連するYouTube動画紹介。



血糖値の上昇を抑えるには、ヌルヌル食品と乳酸菌。

ヌルヌル食品、ヤマイモ、オクラ、なめこ、海藻などは、ご飯にかけると、ムチンがご飯のデンプンを包んで、ゆっくり消化されます。

このため糖の吸収に時間がかかり、血糖値が上がりにくくなるのです

また、意外かもしれませんが、乳製品も食後の血糖値の上昇を緩やかにします。

タンパク質と脂肪が主成分だからです。

カロリーを滅らさずに血糖値がセーブできるので、痩せている人にはおすすめの方法です。

スープや味噌汁に牛乳を少量入れれば、手軽に血糖値の上昇を緩やかにすることがてきます。

他にも、血糖値を下げる代表的な食べ物は、玉ねぎです。キノコ、アボカド、ブロッコリー、納豆、豆腐、オクラ、こんにゃく、キャベツ、青魚なども血糖値を下げる効果があります。

忙しくて料理などに時間が費やせない方には、糖の吸収をブロックするサプリメントの活用をオススメします。

詳しくは次の項で。

血糖値が昇を抑える!ポリフェノール配合サプリ!!

血糖値は気になるが、仕事が忙しく、つい外食がちな方には、糖の吸収をブロックする成分が配合されている「トリプルメタクリーンMHS」をオススメします。

「トリプルメタクリーンMHS」は、栗渋から採れたポリフェノールが、糖の吸収をブロックし、血糖値を上がりんにくくする作用があります。

和栗から採れた渋皮に含まれるポリフェノールは、マロンポリフェノールといい、大学・大手製薬会社との共同研究により、糖の吸収を抑える作用があると発表されています。

マロンポリフェノールは、糖の吸収をブロックする作用があるので、ごはんやパン、麺類などの炭水化物がやめられない方に特にオススメです。

「トリプルメタクリーンMHS」は、マロンポリフェノール以外に、インド伝承医学において、王侯貴族のダイエット秘薬として重宝された「サラシア」や、中国やインドでは昔から、体の冷えを改善する目的で用いられてきた「ヒハツ」の3つの健康食材が配合されています。

「トリプルメタクリーンMHS」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

トリプルメタクリーンMHSを飲んでも効果がでない人は…? >>

血糖値の上昇を抑えるには、20回以上噛んで食べる。

自分ではよく噛んで食べているつもりでも、いざ数えてみると数回で飲み込んでしまっていることに気づきます。

これではほとんど丸飲み状態です。

噛んでいるつもりでも10回程度が多く、20回噛むのは案外大変です。

でも、よく噛むだけで血糖値の上昇を緩やかに抑えることができるのです。

また、食事の量を制限していると、どうしても物足りなさを感じていまいがちですが、ゆっくりとよく噛んで時間をかけて食事をすると、脳の満腹中枢が刺激され、少ない食事量でも満足感が得られます。

一気に食べるような早食いは、血糖値を急激に上昇させ、危険です。




トリプルメタクリーンMHSを飲んでも効果がでない人は…?
トリプルメタクリーンMHSの製造販売業者に「「トリプルメタクリーンMHSを飲んでも効果が期待できない人はどんな人?」「トリプルメタクリーンMHSの使用を避けた方がいい人はいないのか?」「どんな人がトリプルメタクリーンMHSを飲むとより効果が期待できるのか?」聞いてみた! もっと詳しく知りたい方は…

血糖値の上昇を抑える食品に関連するYouTube動画紹介。

血糖値を測定している方への注意点

【もう糖尿病は怖くない】食事だけで血糖値を下げる

【健康 食事】血糖値上昇を防ぐ!?冷やご飯の力





このページの先頭へ