<目次>

・妊娠初期の頭痛の対処法の成分はコレだった!

・天然のリラックス剤が妊娠初期の頭痛の対処法です。

妊娠初期の頭痛の対処法の成分はコレだった!

食生活を少し変えて、毎日、マグネシウムのサプリメントをとるようにすれば、PMSの不快な症状をなくすることができる。

これを知れば、多くの女性はよろこぶだろう。

頭痛や激しい腹痛、疲労感に悩む女性は、赤血球中のマグネシウム・レベルが極端に低いことがわかっている。

このような痛みの治療には、ふつうはアスピリンやタイレノールが使われるが、多くの優れた研究者は、マグネシウムの不足に原因の可能性があると結論づけている。

最近の研究では、複数の女性に、生理の2週間前から1日3回のマグネシウムを服用させたところ、PMSの症状が軽くなり、PMSによる偏頭痛の期間と程度も減少した。

頭痛誌に掲載された1991年の研究では、月経周期に関係する偏頭痛に悩む女性は、マグネシウム・レベルが低いと報告されている。

また妊娠初期にも、マグネシウムの必要量は多くなる。

推定では、妊娠中の女性は食事から、マグネシウムを摂取勧告量の50~60%しかとっていないという。


マグネシウムには偏頭痛を防ぐ働きがあり、とくに妊娠中の女性に効果があるという研究もある。

月経周期とは関係のない偏頭痛にも、マグネシウムが効くことがある。

前述の頭痛詰に発表された1996年の研究では、18歳から65歳までの81人の患者を対象にした調査がおこなわれている。

患者をふたつのグループにわけ、一方のグループには1日600mgのマグネシウムを投与し、もう一方のグループには有効成分のない偽薬を服用した。

そして1週間後に、マグネシウムを服用したグループでは、頭痛が41%減少しだのにたいして、偽薬のグループでは15%しか減少がみられなかった。

マグネシウムは豆類や藻類、種実類や魚介類などに多く含まれており、特に豆類、中でも大豆製品は、食事としてもっとも摂りやすいので、ぜひ妊娠初中、頭痛に悩ませられている方は、食事に大豆製品を一品追加してください。


ご存知ですか?海洋深層水にマグネシウムが多く含まれている事を!

海洋深層水とは、太陽の光がほとんど届かず、水温が年間を通してほとんど変化しない水深200mより深いところにある海水のことをいいます。

このため、水質を悪化させる有機物や細菌類、環境ホルモンをほとんど含まず、海水として無機化が進んでいるため水質は安定し、カルシウムやマグネシウムなどの豊富なミネラル分をバランス良くく含んでいるのです。

海洋深層水は、マグネシウムを多く含んでいるため、妊娠中の頭痛の緩和にも有効です。

マグネシウムの1日の摂取量は、女性の方で約270mgとされています。

海洋深層水は、飲み水ですから、副作用もなく妊娠中でも飲んでも問題ありません。

妊娠中の頭痛でお悩みなら、食品で補えないマグネシウムを、海洋深層水で補っては如何でしょうか?

海洋深層水で、オススメなのが「AECスッキリウォーター」です。

「AECスッキリウォーター」は、室戸沖2kmの海中に水深が急に深くなる傾斜が急な壁があり、ここの海流がぶつかって湧き上げる、室戸の大自然がつくりだす「マグネシウム豊富な海洋深層水100%」を使用しています。

マグネシウムの含有は、1本(500ml)あたり120mgあり、他のミネラルウォーターの約3倍近くの含有量があります。

公式サイトでは、期間限定で、今だけ!お試しセットを、最大55%OFFにて販売しています。

もっと詳しく「AECスッキリウォーター」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

マグネシウムが補える海洋深層水! 妊娠中でも安心して飲めます。 >>

天然のリラックス剤が妊娠初期の頭痛の対処法です。

現在のもっとも高い死因である心臓病を予防できる物質は、マグネシウムである。

この天然のミネラルは、魚貝類、オオムギ、ホウレンソウなどにふくまれている。マグネシウムは治樹力のある、もっとも重要なミネラルだ。

マグネシウムは健康の維持に欠くことのできない栄誉素のひとつである。

細胞に作用して代謝にかかわり、微細なレベルでからだを安定させる。

心臓、肺、筋肉、血管などの細胞に過剰に反応する傾向がある人には、マグネシウムはからだを安定させ、リラックスさせる効果を発揮する。

昨今、1930年代前半に始まったマグネシウムの効果に関する研究が、ふたたび盛んになってきた。

いまのところ、アメリカ人のマグネシウムの1日あたり栄誉最低摂取量は、約400mgとされている。

しかし、その量さえとっていない人もいて、この重要なミネラルの必要量を満たすだけの全校粉、果物、野菜を十分にとっていない。

最近の調査では、アメリカの成人の72%が最低摂取屁のマグネシウムを満たしていないことがわかっている。

また驚くべきことに、成人の55%は必要量の75%%以下しかとっていないし、30%の人は50%以下しかとっていない。

マグネシウム不足の原因のひとつに、化学農法や加工食品がある。

さらに悪いことに、食品にふくまれるマグネシウムは、加熱すると40%が失われてしまう。

現代では、汚染された空気や水のために、体内のマグネシウムの働きが阻害される恐れもある。

だから、わたしたちのからだは、これまで以上にマグネシウムを必要としている。

年配者は若い人よりさらにリスクが高い。

最近の調査では、年齢が高いほどマグネシウムをとる量が少ないことが示されている。

55歳以上の人の79%は、最低摂取尉よりはるかに少ない量しかとっていないし、66%は食事でとるマグネシウムの量が、最低摂敬呈の4分の2しか満たしていない。

食事からとるマグネシウムの不足は、心臓病、糖尿病、慢性疲労症候群、喘息、筋肉のけいれん、偏頭痛などの大きな原因になる。

また、骨相しよう症にも関係するといわれている。数々の研究によって、マグネシウムはこれらの病気を治す力をもつことが明らかになった。

 


海洋深層水のマグネシウムでスッキリ!

 

秋葉原駅クリニックの頭痛専門医大和田潔医師と研究を行い、マグネシウム含有飲料を摂っていただくことで、片頭痛を予防・緩和することを目的にした画期的な健康飲料を開発しました。



 

AECスッキリウォーター
公式サイトでは期間限定で、今だけ!お試しセットを、最大55%OFFで販売しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ